懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

私の昭和鉄道遺産 その30 糸崎機関区のC59型

2017年05月15日 | 私の昭和鉄道遺産
蒸気機関車が華やかだったのは昭和40年位まてだった。
その頃は全く蒸気機関車には興味が無かった。

私より若い人でも中学、高校生で廃止される蒸気機関車を熱中して追っている。
東京に住む子供はしっかりしている。田舎の人間とは違う。
十代、二十代で自分の目標を見つけられた人は凄いと思う。
若い頃から止めずにやっている人は一生涯楽しめる。

若い頃は自分の目標が見つけられずフラフラしていた。人生の目標ももてないし結婚する目標ももてない。
今では高齢になり傍目には落伍もせず人生を頑張ってきたように見えるが自信のない人生だった。
一生懸命がんばって生きた人は自信に溢れているのだろうね。

昨日はOB会の総会があった。自分の功績を何度もいう人がいて行かなかった。

糸崎機関区で最後の活躍をしたC59型C62型蒸気機関車
近代化で淘汰された蒸気機関車この機関車に会えただけでも自分の人生に◯をつけたい。





『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壊れかかった屋根 | トップ | 日本茅葺紀行 NO,366 水... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。