懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

私の昭和鉄道遺産 その9 直方機関区

2016年10月18日 | 私の昭和鉄道遺産
直方機関区のターンテーブルと機関車を撮影。
機関庫も撮ったがここの機関車は頭から入れて集合煙突から拡散して煙害を防いでいた。
機関庫に入っている機関車はすべて尻を向けていた。
機関車が多いので他の場所より煙害の苦情が多かったのであろう。

黒煙防止の大きな看板も黒くくすんでいた。
直方は駅を降りた途端に石炭の煙の匂いが漂っていた。
町も石炭産業が消えようとしていた。
街の風景もくすんでいた。看板も建物も活気が消えていた。
町の片隅では若者がシンナーを綿にしみ込ませたビニールを吸っていた。
町も人も荒廃していた。

こんな時代に生きた者としては蒸気機関車だけに目を向けるのではなく駅前の風景や乗客、町並みや住む人にも目を向けるべきだった。
今思えば変革の一番大きい貴重な時代を生きたのに残念だ。


『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年茅葺写真展 道ある風... | トップ | 親父ギャグ  その25 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。