懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

2016年 茅葺写真展 各地の形 大和棟

2017年01月30日 | 2016茅葺写真展
大和棟は旧国名の大和や河内・山城に存在する。
この地域は畿内の中心地で文化の交流の強かった中国の民家の影響を受けているといわれている。
切妻造りで屋根の袖は瓦で中が茅葺となっている。
妻側か漆喰の壁になっている。
柱を見せないように漆喰の大壁造りになっている。

茅葺民家を撮っている人は是非撮っておきたい民家形式である。
大和棟にトタンを掛けた民家は沢山見かけるが茅葺の民家は少なくなっている。
撮るなら今がチャンスです。
奈良の古い集落にポツと残っていることがあり地域の人に聞いて撮るしかない。



『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茅葺民家 新潟県旧安塚町上山 | トップ | 蒸気機関車 伯備線豪渓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2016茅葺写真展」カテゴリの最新記事