懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

懐かしい風景  旧玉島駅

2017年06月14日 | 懐かしい物
撮影場所 岡山県倉敷市玉島

玉島駅は山陽新幹線開業で新倉敷駅となった。
新幹線開業で特急列車、急行列車は廃止された。駅名も変わるので写真を撮りに行った。
485系のボンネット特急はと 電気機関車EF60は今ものこるのかな
鉄道の写真をやっている時は各駅の硬券の入場券や乗車券を買って集めていた。
玉島駅も駅名が改称されるので行く都度10枚20枚と買った。100枚も買うと駅員にいやな顔をされる。

整理してアルバムに貼っておけば見るのも楽しみだが買ったものは段ボール箱に放り込んでいた。
30年ほど前に鉄道趣味で雑誌時刻表や硬券の入場券に人気があると鉄道趣味新聞が送られてきた。私が鉄道の趣味をやっているのをどこで調べたのかどこかに住所氏名がのこっていたのであろう。鉄道写真のネガも買い取ると書いてあった。
鉄道ネガは売らなくてよかったとおもう。パソコンとスキャナーで電子化できるとは思わなかった。ネガの買い取りは500円くらいのものでフィルム代と現像代くらいのものだった。ネガまで売ると老後の楽しみも無かったと思う。

その頃は鉄道への興味がなく押入れを私の趣味が占領していたので家内から捨てていわれていた。
捨てられるのなら段ボール一箱の入場券を30万円で売った。

ネットオークションの時代になり30円の入場券が高値で取引されている。
段ボール一箱が100万円以上になっている。
私は株式相場にしても先が読めないというか辛抱が出来ないというか反省ばかりだ。
儲けてもすぐにその金で別の株を買い下落するパターンである。
入場券にしても10万円分買って30万で売れたので損はしていないのだが

写真もコレクションも老後の楽しみのために残しておくものだ
旅に行けばパンフレットの蒐集やスタンプを押していく。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 茅葺写真展 山間民家 | トップ | 私の昭和鉄道遺産 その33 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。