懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

茅葺き民家 縁側 モノクロ

2017年05月12日 | 茅葺き民家
撮影場所 島根県旧吉田村 (現在は雲南市)

吉田村には茅葺きが残っていると役場で教えてもらった。
南は中国山地が迫る初めて行ったときは時代が昭和で停まっていた。
それが何とも懐かしかった。
茅葺き撮影冥利に尽きる風景が残っていた。

一般道を走って五時間はかかる。撮影時間は限られている。
もう夕暮れになった。
おとずれた家の御主人が縁側で休んでいるところを撮影させてもらう。

普段着のまま普通の生活が撮りたい。
家の中まで入り顔まで撮影する。厚かましい趣味である。
こんな趣味をしていると随分恥を重ねてきた。

縁側のある家も少なくなった。

吉田村は高速道路が出来て2時間半で行けるだろう。
さて茅葺民家がいくら残っているであろうか
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本茅葺紀行 NO,365 水... | トップ | 限界集落  2016年 茅葺写... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。