懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

蒸気機関車 姫路駅発車

2017年06月10日 | 蒸気機関車
姫路駅発車の播但線の下り列車
C57型蒸気機関車の牽引してしいる貨物列車
ドレンを吹かせながら進行してくる。

車輪が蒸気で見えない。早くドレンを切ってほしいと思ったに違いない。
蒸気機関車は停車中はシリンダーには蒸気が入らないので冷えてしまう。
発車してそこに蒸気を通すと冷えて熱水になる水がシリンダ゛―に入ると蒸気が膨張出来ないので力を発揮できない。シリンダーを痛める。発車と共にドレン(熱水)を排水する作業が必要になる。

写真を撮る場合、蒸気に覆われる事もあり邪魔に感じる事もある。
蒸気が出ている事で石炭を燃やし蒸気を発生している生きた機関車であることもわかる。

こんなのを撮った事も全く忘れている。
スキャンをしながら45年前の映像に再会できるのも楽しいものだ。
若い頃はいろいろな事に挑戦する。その種が芽をだし成長して老後に楽しみを残してくれる。

若い頃に各地に旅行したり撮影したり物をコレクションしたり友達を作り株式投資もやってみたら老後に行かされる時がくるとおもう。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏の昼下がり | トップ | 行列のできないラーメン屋&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

蒸気機関車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。