懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

日本茅葺紀行 NO,382 鉄道のある風景

2017年08月05日 | 日本茅葺紀行
写真展をしたときに島根県の雲南市に茅葺民家があるとおしえてくれた。

その時は地図もなく聞いたのを頼りに航空地図とストリートビューでやっと探す。
鉄道沿線とは聞いていなかったがここしか茅葺はない。
カーナビを頼りに現地を訪れる。

車で入れる道はなく草は刈られていたが蛇が横たわっていそうな道をあるく。線路を跨いで家に向かう。゛
お婆さんが一人で住んでる。買い物などはどうしているのか。
家内に撮影してきてもらう。私なら暮らしについても根ほり葉ほり聞くが家内は余計な事はいわない。自分が好きでやっているわけでもなく用がすんだらさっさと帰る。

鉄道は木次線。列車が走るといいのだが。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の昭和鉄道遺産 その38 ... | トップ | 親爺ギャグ その32 斉藤由貴編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本茅葺紀行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。