懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

蒸気機関車 日田英彦山線のC11型

2017年05月20日 | 蒸気機関車
撮影場所  福岡県田川市 後藤寺駅

日田英彦山線(ひたひこさんせん)は小倉方面と大分県の日田市方面を結ぶ。
日豊線の城野と久大線の夜明を結ぶ68km

石灰岩と石炭を運搬するために敷設されたとかいてある。
石灰岩と石炭が採れる場所は山口などにもある。

北九州は網の目のように鉄道が張り巡らされていたが今は幹線だけになった。
日田英彦山線も一部しか乗っていない。
この時代に支線をすべて乗って撮影している人は凄いと思う。
写真を撮るにしてもしっかりと目標を決めて何のために撮るのかどう活用するのかを決めて最後まで遂行する事が必要だったなあと思う。世の中には鉄道界にはアマチュアでもそんなすごい人がいるんだ

写真は後藤寺駅を発車するC11型の普通列車 門鉄デフだ。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKの好きな番組 | トップ | 日本茅葺紀行 NO,367 東... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。