マラソン日記~あきらめない夢は終わらない~

☆夢を終わらせない女子ランナーのマラソン人生を綴った日記です☆

2010年9月分

2010年09月30日 23時59分59秒 | 練習のまとめ
ランニング 96.10km

トレイル 45.2km

総移動距離 141.3km

9月はこんな感じ

9月21日に事故で負傷してから完全にノックダウン。
足がストップしてしてしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出場したかった

2010年09月29日 20時46分08秒 | ハセツネ
第18回日本山岳耐久レース欠場します。

出場したかった。

そして、完走したかった。

これで苦手なトレイルはやめようと、

これで最後の山岳レースだと決めた大会だった。



振り返れば・・・

膝を故障しながらも出走を決意した第17回大会

制限時間に対してわずか2分オーバーだった第17回大会

ゴールに辿り着いて、頑張ったからもらえたと思った「完走Tシャツ」の返却

第18回大会出場の優先枠を得る為に嫌々(笑)出場した第2回ハセツネ30K

昨年の2分オーバーのリベンジをする為、第18回大会へエントリー

練習中に過呼吸になったり

過呼吸の恐怖や、会社倒産、再就職などのメンタル部分を乗り越えやっと再開した練習

私の応援者であったあの方の訃報、そしてMさんに捧げようと誓った完走


その他練習では、アブや大型蛙、ジャングルのような雑草、顔にはりついてくる蜘蛛の巣との戦い。

ようやく慣れたノコギリのようなアップダウン、危険なヤセ尾根や岩場…。

本当に、嫌な思い出ばかりです(笑)(笑)。


それでも、今年こそ完走して、かけがえのないモノを掴みたかった。

第18回大会は、欠場します。
夢は消えました。


ハセツネを完走するまでの出来事を綴っていくと開設したこのブログ。

さて、どうしましょう。

ハッピーエンドにはなりませんでした。

私は、トレイルをやめるつもりなので、次回はありません…。
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

人身事故・救急車体験記

2010年09月24日 21時13分16秒 | 日記
「もしもし、こちらは救急隊ですが、みほひこさんのお母さんですか。先程、娘さんが事故に遭われまして、これから病院へ搬送します。」

救急隊員が私から聞き出した実家の電話番号へ連絡している声が耳に入ってくる。

電話を受けている母の気持ちを思うと、涙があふれ出てきた。

私は、救急車内のベットで動けない。

今、私は、事故に遭ったんだ…。


・・・・・・・

私は、週に2~3回は母に電話している。
その日も会社を出てから電車に乗るまでの間に電話した。

みほ「この前の土曜日46km走ったけ~、疲れとるんよ。今夜はマラソン練習どうしようかな。」

母「完全に休むよりも少しだけ走ったら?少しはやった方が筋力が衰えんって聞いた事があるよ。」

みほ「そうやね。海響マラソンも控えとるしね。少しだけ走ろうかねぇ。」

20時頃、帰宅。

20時40分頃、マラソン練習スタート。
今日のコースは11kmくらい。

先週の疲れが残っている割には気持ち良く走れていた。
練習休んでもいいかと思っていたのに、今夜は母が走らせてくれたなぁ。

走り始めて10km過ぎた。後500メートルくらいでゴールだ。

その時、数メートル先から自転車が走って来るのが見えた。

その自転車はそのまま真っ直ぐ私に向かって来た。
1~2秒後、衝突。

・・・・・・

9月21日(火)21時55分。

私が事故に遭った時刻。後から警察に聞いた。
場所は見通しが良い一本道、街灯もあり、広めの歩道。

自転車の姿を確認後、あまりの瞬間の出来事に、私はどうする事も出来なかった。

衝突して、後ろに跳ね飛ばされた。
打撲だけなら大騒ぎする事はないと思ったが、頭からポタポタと血が流れてきた。

自分の血を見た瞬間、自ら「救急車を呼んでください」と言った。

目撃者が2~3名いたのだ。
女性が携帯で救急車を呼び、自転車に乗っていた少年に、ここを動かないように言ってくれているのが聞こえてきた。

私はアスファルトに横たえ、救急車を待った。

「いたい」
「頭が い た い ぃ・・・」
女性が「もうすぐ救急車が来るからね」と何度も励ましてくれた。

・・・・・・

救急車到着後、すぐに車内のベットに運ばれた。

名前・年齢・住所・電話番号・親の連絡先などを言わされた。
私は一文字ずつ発するのがやっと。

ぜろ はち さん に  ・・ ・・ ・・・

「0832?親は何処に居るの」

や ま  ぐ   ち


救急車がなかなか出発しない。とても長く感じだ。
脈や熱を計り、命に別状がないと判断されたからか?

(後から聞いた話)
22時には救急車到着。出発までに母に電話連絡。
22時04分発車。
22時1?分、救急病院へ到着。


私は、運悪く車止めの鉄ポールに後頭部を強打していた。


・・・・・・

病院に到着後、すぐに応急処置が施された。
消毒、麻酔、針(ステープラー)。

私はホッチキスどめしなければいけないくらい、切っているのか?

何度も何度もカチカチと押されて痛かった。

「痛い」「やめて」「痛い」と泣きながら何度も叫んだ。

処置が終わり、CT検査へ。
その前に、頭を洗おうと言われた。
血が固まると取れなくなると。

起き上がったら、頭から髪から顔からポタポタと血が。
枕元は血だらけ。
まさに落武者状態。

自分の足で歩いて流し台へ。頭を突っ込んで洗わされた。
流しても流しても血は消えない。

見切りを付け、洗うのをやめ、再びベットへ。
CT検査室へ運ばれた。

検査では仰向けにならなくてはいけない。
私は後頭部を強打しているのだ。

「出来ない出来ない」「痛い」「無理」

抵抗したが、結局は仰向けで寝かされた。

地獄のような検査になった。
仰向けになる事は、ステープラーで頭を刺されるよりも数倍も痛かった。
涙を流しながら「痛い痛い」とつぶやき続けた。
検査が終わってからも大粒の涙が止まらない。

・・・・・・

CT検査後、始めの病室へ戻された。

またここでも長時間待たされたような気がする。
右後頭部が痛い為、左向きで横になっていたが、左肩が疲れてきて起き上がった。
でも、横向きになっていないと吐き気がしてくる。
楽な態勢などない。

従姉妹が駆け付けてくれたようだ。声が聞こえてきた。
私には東京近郊に住んでいる親戚は彼女しかいない。

CT検査の結果を一緒に聞いてくれた。

・動脈を切っていて献血1本分、400ccくらいの出血をしている
・脳内、骨には異常がない

看護師「事故の相手は未成年者の為、保護者の方が会いたいと来ていますが、会いますか?」

みほ「どうしよう、会ってもいいけど、どうしよう。代わりに会ってきてくれる?」

相手の父親と話をしてくれた従姉妹に、自転車を運転していた少年がよそ見をしていた…という事を聞いた。

通りで…!
ハンドルをピクリとも切らないし、スピードも落さなかったように見えた。
そのまま私に向かって来た、「こっちを見ていない」と思った。

先生「CTで異常がありませんし、大量に出血していますから点滴も考えましたが、熱もないし、入院しなくて大丈夫のようです。」

病院「保険証お持ちですか?ない場合、一時金として20,000円お預かりする事になります。」

従姉妹が立て替えてくれた。

私は付き添われて、タクシーで自宅へ帰った。

・・・・・・

0時30分頃、帰宅。

信じられない。

まさか、こんな事になるなんて。

ほんの数時間前は元気に走っていたのに。

一番に母に「生きてるよ。」と電話した。
母が「ごめん、あたしが無理に走らせたね。」と。

・・・!
そんな事はない…!

手の平サイズの剣山が頭に刺さったような重く激しい痛みで眠れなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まさか、こんな事になるなんて…

2010年09月22日 20時04分39秒 | 日記
昨夜、自宅近くをランニング中、事故に遭いました。

脇見運転の自転車と正面衝突し、後ろに跳ね飛ばされ、
車止めの鉄ポールに後頭部を打ち付け、大量に出血しました。

目撃者が近寄ってくれたので、自分の血を見た瞬間、
自ら「救急車を呼んで下さい」と言いました。

病院に搬送され、応急措置、CT検査、
親戚と、加害者の保護者の方が病院へ駆けつけてくれました。

動脈を切っていて、400ccくらいの出血をしたそうです。

「何針縫った」かは分かりません。
「ステープラー」で何度もカチカチととめられました。

入院にはならずに、事故から3時間後には自宅に帰っていました。

長い長い、3時間でした。

入院せずに不安を感じましたが、あまりの痛みに寝るどころではないので、
自宅の方が気が紛れるもの・・・THE ALFEEのDVDや、高見沢俊彦さんのCDがあるので、
すぐに帰されて良かった…!と後で思いました。




今朝、病院と警察署に行って来ました。

警察署に出す診断書の内容
・後頭部挫創
・全治2週間

診察
・昨夜撮影したCTでは、脳内や骨に異常はなし
・抜糸=1週間後
・痛みが完全に取れるまで=約3ヶ月
・運動禁止=痛みがある間

警察署
・人身事故としての処理
・相手を「重過失傷害」で送検
・相手が未成年者の為、保護者の方と示談を進める




まさか、こんな事になるなんて…

さっきまで元気に走っていたのに、もう血を流して倒れて救急車で運ばれているなんて、


  信じられない。



事故から、まだ24時間経過していませんが、
怪我人がもうこうして、ブログにこの事を書いているなんて、信じられない(笑)。


昨夜は、頭に釘が何本刺さっているか分からないような痛みでしたが、
今は、釘が5本くらい刺さっているような痛みです。

携帯やPCを触ったりする方が、少しは痛みが気にならないので、
ブログを書く気になりました。



ハセツネまで、あと18日。



出走出来るかどうか分かりません。

今は何も考えられません。



   まさか、こんな事になるなんて…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

№12 高尾山

2010年09月20日 21時13分19秒 | トレイル練習
今日は高尾山頂まで行って来ました!

って、だんだん練習量が減ってきてるんですけど


実は、9月18日(土)に
『小金井公園5時間走、フルマラソン大会』の5時間走の部に参加してきまして…
46km走りました。

私、42.195km以上走ったの、生れて初めてなんです

それで、、、筋肉痛でして

今日は、山に行っただけよしとします(笑)


コース:高尾山口⇔高尾山頂
距離:6.2km
タイム:2時間

全部、歩きました

本当は、影信山。
最悪でも、城山。

くらいに思っていたのに、
いざやってみると全然運動にならずに、
スッパリ高尾山頂で下山を決めました(笑)

いやぁ、いい有酸素運動してきました(くすっ)


23日に武蔵五日市駅から高尾山口駅までをやりたかったのに…

なんと、仕事になってしまいました

25日(土)か26日(日)もどちらか仕事になるかも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

№11 入山峠往復(2回目)

2010年09月12日 22時32分24秒 | トレイル練習
今日は入山峠往復(短~)練習をしました。

距離…約14km(少な~)

《タイム》
武蔵五日市駅~今熊神社 1:02:35
今熊神社~入山峠 32:54(1:35:30)

入山峠~今熊神社 25:56(2:01:27)
今熊神社~武蔵五日市駅 40:20(2:41:48)
(下り1:06:18)


何故今日は楽な練習にしたかというと、
夜は東京国際フォーラムで高見沢俊彦さんのコンサートがあるので、
あまり時間的余裕がなかったのと、体力温存の為です。

後の予定の為、始発で武蔵五日市駅に向かいました。

4時起床
5時18分の電車へ乗車
6時14分に駅に到着

もう6時半にはスタートしました。

私がコース一番乗りかな?とかなり蜘蛛の巣を覚悟していましたが、大丈夫でした。

入山峠から下山開始したら、練習スタートしたトレイルランナーとたくさんすれ違うだろうなぁ
と予想していたら、的中です。

しかも、
先週…日の出山往復
先々週…上川乗からスタート
した時にすれ違った女性に、またすれ違いました。
(先週まではカップルでお見かけしましたが、今日はお一人様みたい?でした)
3回目ですよ!すごい偶然ですよね。

その女性も、こんなところでブログのネタにされているとは、思ってないでしょう(笑)。

9時過ぎには下山。
思ったより早かったです。
9時26分の電車に乗って帰ったような気がします。

武蔵五日市駅も、拝島駅も、立川駅も、トイレが渋滞(笑)していたので、
トレーニング着のまま帰っちゃいました~。
こんなの初めて。
汗が冷えて、電車の冷房がかなり寒かったです。

11時過ぎにお風呂。
1時間昼寝。

などしていたら、やっぱり時間がギリギリで、
バタバタと東京国際フォーラムに向かいました。



今日は、No.1からの練習では初めてストックを使用しませんでした。
短い距離だし、ロードも結構ありますしね。

久々、自力(?)トレイル。

正直言って、とっても疲れました…。

ある意味、かなりヤバイ。


今後の練習は

「高尾山口⇔陣馬山」

「武蔵五日市駅~高尾山口」

をやりたいな~と思っています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

№10 日の出山往復(2回目)1/3ナイトラン

2010年09月05日 22時41分36秒 | トレイル練習
いや~今日も暑かったですね

あんまり暑いので、
「夕方から練習開始して、半分ナイトランにしよう」と思いました。

ナイトラン、実は一人で練習した事ないんですよ

もうちょっと遅めのスタートにするつもりだったのに、
勢い余って、少し早く武蔵五日市駅をスタートしてしまいました(笑)


【今日のコース:FINISH地点から逆走⇔日の出山往復】


15時に駅をスタート

17時30分日の出山到着

当然、まだまだ明るいです

でも、急に怖くなってきて、もう下山開始する事にしました

下山していると、徐々に暗くなってきて18時10分頃ヘッドライトを点灯しました

19時10分頃のゴールだったので、1時間はナイトラン出来ました~

ナイトラン、やっぱり怖くていつもよりスピードが出てしまいました(笑)

◆タイム
武蔵五日市駅~65km地点 1:43:55
65km地点~日の出山山頂 45:30(2:29:25)

日の出山山頂~65km地点 32:42(3:02:08)
65km地点~FINISH 1:00:14(4:02:22)
FINISH~武蔵五日市駅 7:52(4:10:15)

◇前回のタイム(8月1日)
コース:五日市中学校⇔日の出山
タイム:4時間28分
 上り:2時間34分
 下り:1時間54分

今回は、駅からタイム取っちゃいましたが、
前回より早くゴール出来てますね

まぁ、夕方から夜に向けて涼しくなってくれるので当然と言えば当然ですが
前回は朝から昼にかけて練習してますからね。


■今日挫けそうになった事

それはもう虻が寄ってくる場所があって、困りました。
「ちくっちくっ」という感じがあって足を見たら、3匹は足にくっついてます。
3匹も気持ち悪いけど、それが両足にいっぱいくっついてくると悲鳴モノです
本当に気持ち悪い

これから夜になるのに、もっと虫が増えたらどうしよう
『怖い、気持ち悪い

本気で途中で引き返そうかと思いましたが、、、
走りやすいコースに来ているだけに、頑張って続行しました。
これが浅間峠に向かっているんだったら、途中でやめていたかも



■困った事

昨年、膝を故障した経験から、ダブルストックを使うようになった私ですが、
膝周りにテーピングを必ずするようになりました。

その、テーピングをしたところが、かぶれるんです

多分、今は汗をたくさんかく時期だからですね~

痒くはないのですが、真っ赤になってます。
テーピングをしていない場所もかぶれているので、
これは虫にやられたのでしょうかね

とにかく、足がボロボロです


■偶然

今日は私が変な時間にトレイル開始したので、
練習FINISHなトレイルランナーがどんどん下ってくるのとすれ違うだろうな~と予想していました。

予想通りでしたが、すれ違った方の中で、
7月の高尾陣馬ナイトランでご一緒した女性が

さらに、先週、上川乗バス停まで一緒だったカップルさんも

すごい、偶然
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加