マラソン日記~あきらめない夢は終わらない~

☆夢を終わらせない女子ランナーのマラソン人生を綴った日記です☆

立川シティハーフマラソン2017参加記その2

2017年03月07日 15時29分09秒 | マラソン大会
長文になってしまい、その2まで及んでしまいました。1つ前の記事の続きです。

9時30分にスタート!!

スタートロスはすごく短かったです。
10秒くらいに感じました(ゴール後に確認したら19秒でした)。

5.5km過ぎまでは自衛隊立川駐屯地の敷地内を走ります。2周ちょっとしたら一般道へ飛び出します。

あまり「いいタイムでゴールしてやろう」という欲がなかったので、はじめの5kmは周囲の流れに合わせて走りました。
合わせて、というか、合わせるしかないくらい混雑しています。
人を追い越すのは大変、無駄に体力を消耗しそう・・。

LAP1 5:19
LAP2 5:16
LAP3 5:10
LAP4 5:11
LAP5 5:02 累計 25:58

5km26分は、こんな感じでいいだろう、と思いました。
26分でいけば1時間50分くらいですものね。
ただ、このスピードを維持できるかは心配でしたけど・・。

LAP6 5:03
LAP7 5:07
LAP8 4:58
LAP9 5:04
LAP10 5:07 累計 51:16

立川警察署前から一般道です。
折り返し地点まで、折り返してくるランナーを観察しながら走りました。
この時点でトップランナーは10kmくらいでしょう。
すれ違える訳もありませんでした。
出場している友人の姿を発見できないかな?と思ったけど、私が遅すぎたみたいで見つけられませんでした。

LAP11 5:05
LAP12 4:57
LAP13 4:51
LAP14 5:01
LAP15 5:00 累計 1:16:10

10~12.5kmくらいまで、滑らかな坂じゃなかった?
足が乗って来たので、滑らかな下り坂なのかな?と思った瞬間がありました。

ちなみにガーミンで計測した高低差はこんな感じです。

走った感触では「ほぼフラット」なのに、こんなに波打って(?)ますね(笑)。


13kmちょい手前から昭和記念公園内に入ります。
公園内は多少のアップダウンがあると聞いていました。
橋の前後ですよね。

こどもの国のランニングコースを経験していると、公園内の坂は全然問題ないですね!
坂道があると勢いがつけられるので、坂があるおかげでペースアップ出来ました。

ここまで意外と好調?
一度抜いたランナーに、抜き返されて悔しくてまた抜いたりなど、おかげでスピードが落ちませんでした。

LAP16 4:48
LAP17 4:59
LAP18 4:57
LAP19 5:05
LAP20 4:54 累計 1:40:53

16km過ぎても余力があったので、ハーフマラソンって短い!!と思いました。
この頃、女性ランナーを抜かす事をモチベーションに、どんどん足が乗ってきました。

18km過ぎて突然わき腹が痛くなり「ここまで快調だったのに、もうダメか」なんて思うと過呼吸になりそうになり、
一時はどうなる事かと思いましたが、こらえていたら治まりました。
ちょっとラップタイムを落としただけですみました。

LAP21 4:42
LAP22 0:55
total 1:46:31
(ガーミンフォアアスリート225Jで21.22kmと計測)

スパートする力が残っていたので、20km過ぎたらとにかく飛ばしました。
5kmや10kmのロードレースやタイムトライアルでは、ラスト1kmは死ぬ気で(?)飛ばしますが、
ラストに向けてのペースアップは日ごろの成果が出たような気がします。最速ラップはLAP21でした♪

ゴールタイムが1時間47分を切っていたので、ビックリしました。
後半、爽快にペースアップ出来て、本当に気持ち良かった~!

本当にあっという間の、楽しい21.1kmでした!



ゴール後には、私にとって特別なお友達が待ってくれていました

初対面なので会えるか会えないか、本当にドキドキでしたが、無事に会えました
声をかけてくれてありがとうございました
(後から声をかけることはとても勇気が要る事だったのでは?と思いました)

一人参加だったので「ゴールで待ってくれている人が居る」というのは、本当に心強かったです
差し入れのドリンクもどうもありがとうございました美味しさ一入でした

・・・・・・

ハーフマラソンの完走から2日経って感じた事は、
調整不足からゴールタイム1時間55分以内のつもりでいたので、1時間47分は快走!
と言いたいところですが、レース終盤余力が残っていたことや、翌日たいした筋肉痛にならなかったことから、
もっと高い目標を目指して追い込んだ走りをしていれば、ひょっとしたら当初の目標の1時間45分に近づいていたのでは?
と思いました。
手を抜いたわけではないですが、なんだか「もっとやれたんじゃないかな?」という気持ちもありました。
もう少し自分に期待してもいいのかな?なんて思っちゃいました。

それと「とにかく楽しかった!!」です。
本当に充実した時間が過ごせて、協力してくれた家族には感謝の気持ちで一杯です。
すごく充電させてもらいました。
この気持ちを糧に、また家事に、子育てに、トレーニングに励んでいきたいと思います!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立川シティハーフマラソン201... | トップ | 立川の順位 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (としこ)
2017-03-07 16:04:55
お疲れ様でした!
ナイスラン!!

ゴール後のその気持ち、ちょっとわかります。
そりゃーもちろん頑張ったんだけど
全部出し切ったかというと
もうちょっとやれた気がする・・・

タイムというよりも
今の自分としてはこれ以上無理!!ってくらい
出し切るのを目指しています。

長い距離を走るって
やはりそこがポイントなんだろなぁと思います。

もう少し、いろいろこなれてきたら
「今日はファンラン!」と
沿道の給食を堪能したり
帰りに一杯飲んだり・・という楽しみ方もできるのでしょうが
私は、今のところ、なかなかそんな余裕はないです・・。

しかし、なにはともあれ、元気に走れる身体、環境、に感謝です

お疲れ様でした!
いつかおんなじレース走れたら楽しいですね!
としこさんへ♪ (みほひこ)
2017-03-08 19:14:44
としこさんコメントありがとうございます

そうなんですよね~
昔はハーフマラソンの後は、内臓も疲れ果て御飯が食べられず、翌日は登山後みたいなヒドイ筋肉痛に見舞われるくらい、レースで追い込めていました(あの頃は若かった(笑))。

今は、スピードとスタミナと別々のアプローチで強化しながら総合力を高めていきたいな~って思ってますが、
昔から断然スタミナ派で、スピードは弱いです。

ファンランでエイドの給食を楽しみながら食べたりしたいものですよね~。
ゴール後の達成感をどこに求めるのか、ですかね~。

いつか同じ大会に出場したいですね
それが、しのぶさんと3人で次の東京マラソンだったりしてなんて夢見ています

としこさん、次のレースは10日後くらいですね
坂道練習頑張ってくださいね
Unknown (としこ)
2017-03-10 12:02:12
そうなんですけど・・

3/19、レースなんですけど。

東京マラソン後は、
心地のよいペースで心地のよい距離を
心地よく走っておりまして
レース後のそんな状態を
「放牧期」という表現されているのを
どこかで読んだ記憶があるのですが
まさに放牧中。

坂道レースに備えて!という感じでは全然ないです。

ずーっと坂道。という経験ももちろんないですし
ペースは抑え気味じゃないと脚がもたないだろうな、とは想像しているのですが。

ちょっと遠足気分で行ってきます!

・・・!
そうか、これがファンラン?!
としこさんへ♪ (みほひこ)
2017-03-10 20:31:54
としこさん♪こんばんは

なるほど、なるほど
まさに、私が昨日読んだ本に書いてありました!
「ランナーにも放牧期間が必要?!マラソンの事は忘れて心身ともにリフレッシュする期間を設けることが必要では」ですって。
ちなみに「ランニングと栄養の科学(著者・斎藤太郎氏)」という本です。

楽しむための大会ですねプレッシャーかけてごめんなさい
私も次の大会は、打ち上げのビールと焼肉のためだけに走りたいと思います(笑)
いいな~、神野大地選手に会えるんですよね~うらやましいです

そうだ!いつか言おうと思って忘れていたのですが、
村上春樹さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」読みました。
村上氏の本は初めてでしたが、独特の描写に引き込まれてどんどん読み進められました。
ジョギングしながら、たまに彼の言葉を思い出してしまいます
Unknown (としこ)
2017-03-11 12:02:01
ランニングと栄養の科学!
勉強熱心ですねぇ!
でも、興味のあることを追求しちゃうの、わかります。

村上春樹さん
特別好きな作家さんというわけではないのですが(失礼m(__)m)
この本は、何度も何度も読み返してしまいます。

そして読むたびに、新しい発見があります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む