以心伝心

書・旅・本などのメモ。

夜中の薔薇

2016年12月13日 | ま行や・ゆ・よ
新装版 夜中の薔薇 (講談社文庫)
向田 邦子

講談社                   

この中に、「討ち入り蕎麦」という話があって、よく出来た「はなし」ってありますね。四十七士が主君の仇討ちの前に、お蕎麦を食べたってホントに思うものね。これが、おにぎりではどうもイマイチですが、大勢の人がどうやってお店に入ったのでしょう?七味ですよね?今夜は、雪が降りそうに寒いです。内田百閒さんは、討ち入りが嫌いだったそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万葉集19・4291 | トップ | 冬桜(十月桜)♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (べべ)
2016-12-14 15:58:57
こんばんは~。

歴史はさっぱりなんですが、誰かが創作して~ということもありそうですね
さすがに蕎麦屋に入って・・・とか、普通にできそうにないですね。蕎麦だとちょっと格好がつく感じで作られた内容なのかなぁと思ったりします。
今年は夏目漱石が没後100年とかで、母が、夏目漱石がノイローゼになってから家の中がめちゃくちゃになって、奥さんが大変だったんだって・・・と言っています。
今夜はそちらでは雪がふりそうですか~
関東は晴れてますが、すっかり寒くなりました。。
Unknown (ステラ)
2016-12-14 20:45:37
べべさんへ  こんばんは~。

討ち入りって今夜ですよね。
私も昔は、大河ドラマで見たけど仇討ちも恐ろしいですね。おじいちゃんだし。
お蕎麦を啜ってるのは、想像すると面白いですね。
没後100年なのですか、鏡子さんでしょう?
内田百閒先生は、夏目漱石のお弟子さんですよね。
岡山出身なので吉行さんの本にもでてきまよ。
昨日は、大雨だったから雪になるかと思いました。冷えて寒いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む