茶雅馬茶道教室 ~MIHO企画~

茶と文化そして美
茶文化、芸術、職人・・・大事!
もっと楽しく茶文化を!

4/26茶雅馬教室の1日(^_^)/

2017年04月26日 | 情報

朝から茶雅馬教室でした。

すっかり着物慣れもしてきた僕ママは、最近では自宅で着物をきて朝こられます。

その姿を見るのも嬉しいですね?

ただ、動く姿はバタバタママ(*^_^*)、現実に戻ります・・・。(>_<)

4月最後のお稽古ですので、消し壺の中の量が気になりました。

ずぼらだった自分に改めて反省。

今日1日でこの壺をキレイに・・・と、ひそかな課題でした。(*^_^*)

僕ママも一生懸命立ち居を頑張りまして、あっという間にサヨナラ時間になってしまいました。

そして次の来庵者は、茶雅馬で一番若い姫、現在20代。(^O^)/

彼女が登場すると、茶室の電球を取り換えたように明るくなります。

追うように登場するのは、落ち着き払った坊ちゃま。

何とも良いコンビで、茶室の空気が和みます。

久々の登場のお二人さんは、邪気ばっかり背負ってきたようで

すっかり!うっかり!あっさり!と「初心忘れべからず精神」を大切にされていて、本当に新鮮でした。(^_-)-☆

まぁ、受継がれていくのでしょうかね?とこころに思う節ありとして感じていました。

そしてラストを飾るはベテラン化した姉じゃ。

珍しく邪気がなく、真面目に頑張ってお稽古していました。(^-^)

今日は賑やかに、愉快に時が流れていきました。

茶室も新緑季節のようで、穏やかでした。

今日の課題でした火消し壺の残り炭を全て使い終わりました。

お陰できれい~。

釜を上げた時の炭の様子が・・・、今日一日を幸運に感じるくらい嬉しいことでした。

(*^^)v秘かな喜び・・・♡

 

また来月です、お疲れ様でした。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東博特別展「茶の湯」の呈茶席(*^_^*)

2017年04月25日 | 情報

4/25無事にお手伝いを終了いたしました。

とても大勢の方々が朝から並んで茶席チケットを求めて下さって、あっと言う間に無くなりました。

一席30名、11時から15時までの8回お点前がありました。

240名以上のお客様がお越しになり、楽しんで戴けたようです。

お菓子の関係でお入りになれなかった方々もいらしていましたが、教場長のお話しに耳を傾けて下さっている方もいらして、立ち止まったり、座っていたりと茶席の周りにはお人が絶えませんでした。

教場長(田中仙融先生)がお話しをされたのは、3種?4種くらいだったと思いますが、毎回違う話をされていたそうです。

全種類聞かれた方々はいらっしゃるのでしょうか?(^。^)y-.。o○

もしいらしたら凄いと思います。(*^_^*)

あっと言う間に時間は過ぎました。

お入りになれなかった方々は申し訳なかったですが、呈茶席のお手伝いをさせていただき沢山の勉強をさせて戴きました。

お手伝いの若手班は9名でした。

みなさんの仲間に入れていただき楽しかったです。

ありがとうございました。

 

他流さんの呈茶席はまだ行うと思います。

もし宜しかったらぜひお出かけ下さい。

茶の湯展をお楽しみ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ!東博「茶の湯」特別展にて明日(*^_^*)

2017年04月24日 | 情報

2017.04.25明日東博特別展「茶の湯」の呈茶席を手伝いさせて戴きます!

東博で現在開催されています

特別展「茶の湯」(4月11日(火)~6月4日(日))を記念して、各流派による呈茶席を実施しています。

明日4月25日(火)は、 大日本茶道学会(担当:大日本茶道学会本部教場)の担当になります。

11:00~15:00頃(1席30分、全8席)を予定して会場入口で実施されます。

当日受付、9:30より平成館ラウンジにて茶券販売開始。
売切次第終了。お一人様一枚のみ。

お菓子は京都老舗のお味を楽しめます(^O^)/ので、ほっこりすると思います。

 

私も手伝い班として頑張りますので、宜しかったらぜひお越しください。

お待ちしております!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

感動つぶやき・・・小2男子が思うこと(*^_^*)

2017年04月20日 | 情報

先般開催された御忌の6日間のある1日、この4月に小学2年生になる男子がママの世界を覗きに茶室へお手伝いにきてくれました。

春休みなのでママを独占したい僕でしたが、ママに茶室のお手伝いをお願いしていたので、僕もお伴で茶室入りしました。

少年はリュックを背負って茶室に「おはようございます!」とママにいいなさいと言われながら、

「おはようございます!」照れながらご挨拶をし茶室に入ってきました。

とても可愛い素直な僕です!

そんな彼に合わせたいもう一人の少年がいました。

中学生になったばかりの少年です。

ここ数年、ママと一緒にお手伝いにきてくれていて、今年もお点前当番で頑張る宣言して、既に到着していました。

 

中1の少年と小2の少年はどんな距離を保ち、どんな1日を茶室で過ごすのだろうか(^O^)/。

わさわさしている大人たちの中で、少年2人はどう生き延びるのか気になりました。

2人は徐々に仲良しに(*^_^*)なり、ある時から2人で行動するような姿がみえはじめました。

点前を中1少年がしていると、小2少年は側にいて見ていましたが、お茶運びやお菓子運びを勧めたら「うんやって見る!」と、お兄ちゃんの活躍を気になったようで、お客様に接待をすることにすすんで頑張るようになりました。

中1のお兄ちゃんは、ベテランさんですので、年下の僕からはあこがれの存在であって刺激を受けたのかもしれません。

2人はずっと一緒にいましたね?(*^。^*)

遊ぶ時も、秘密基地の控室に行くときも・・・、もちろんお点前をするときはお菓子運びをしたらり、お客様をご案内したりと良い活動もしてくれました。

決して「お茶運んでみる?」「お菓子運んでくれる?」に対して「嫌だ!」と言うセリフはいわなかった僕たちでした。

小2ママは1,2時間くらいで飽きてしまうかも?

そしたら帰ります・・・と話していたのですが、彼ら2人は友達になりずっと一緒で、最後のご挨拶までちゃんと茶室にいてくれました。

頑張ってこども茶人は活動していました。

 

少年の成長ぶりに感動したママでしたが、嬉しいセリフも子供から貰ったようでこころがあつくなったようでした。

(^。^)y-.。o○

少年はママに、「ママの世界が知れてよかった」と話したたようです、きっと少年も楽しかった・・・ですね。

少年ははじめてお茶の手伝いでしたが、ちゃんと考えてお客様に優しくお茶を出したりお菓子を差し上げたりしていました。

「どうぞ!」と言うセリフは、立派に言えるようになりました。

ただ、お客様に「どうもありがとう!」と言われると、照れがあるようでしたが?

すすんで色々な事にチャレンジしてくれました。

これも中1のお兄ちゃまのお陰です?

僕にとっての理想な姿でよい存在だったのかもしれません。

夕方帰る前に、僕は中1のお兄ちゃまに「ありがとうございました!」と挨拶していた姿は、2人の友情を感じ嬉しかったです。

そして、「また来るね!」と私に言ってくれたのは、何よりも心が洗われた瞬間のセリフでした。

彼にとって、茶室で感じたこと学んだこと、沢山あったと思いますが、これからも経験の一つとして記憶に残っていてくれたら有難いと思いました。

ママに連れられてこられたのに、感謝の気持ちだけでなく、ママを理解しようという気持ち、ママの世界がしれて良かった!という大人セリフには本当に感動でした。

ままは、何よりほっこりなのではないでしょうか?

 

茶雅馬の御忌は、こどもたちから元気を戴いて頑張りました。

だって、未来の茶人ですからね?(^_-)-☆

そんなつぶやきでした!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日日経新聞夕刊に(≧∇≦)b

2017年04月19日 | 情報
本日、日経新聞夕刊の日経旅行ツアー欄に私が企画担当してますツアー
「長良川の鵜飼いと小瀬鵜飼い」が、掲載される予定です!
ぜひ、見つけて戴けると嬉しいです。

downloadfile-5.pdf


コメント
この記事をはてなブックマークに追加