goo

『世界一初恋 羽鳥芳雪の場合』サイコーでした\(^o^)/@帰省日記

京都では、ゆっくりと読めなかったので、帰省に持って帰ってて(^m^)
昨日、読み終わりました♪♪

『世界一初恋〜羽鳥芳雪の場合〜』\(^o^)/

まさかまさかのトリさん視点でのお話!!
これは嬉しい新刊でしたよね〜。

もう、凄く面白くて、最初から最後までキュンキュンしながら読みましたです(//∇//)

っていうか。
これまでも、何かの特典などで「羽鳥芳雪の場合」は少しありましたが。今までの文庫版だと、ずーっと「吉野千秋の場合」が殆どでしたものね。

トリ視点で、まるまる一冊こんなにガッツリお話が読めるなんて、めちゃめちゃ嬉しいじゃないですか\(^o^)/


そして。
トリと恋人同士になって1年。
何気に、千秋が恋人らしくなってるところにニンマリにやにやが止まりませんでした。

嫉妬したり、はたまた、トリに嫌がらせをするトリの元同僚に対して怒ったり、はたまたはたまた、トリの為に井坂さんとの会食などの慣れないお仕事頑張ったり。

ホント、千秋は、トリが好きなんだなぁって(//∇//)

意外と積極的だったりもしましたし、ね(*^^*)b

幸せなトリ×千秋が見れましたー。

トリに服をプレゼントする千秋のシーンも良かったなぁ。

でも、なんと言っても、一番好きなシーンは、根も葉もないトリの悪評を流す元同僚に対して、千秋が怒るところです!
千秋のトリに対する絶対的な信頼感の表れですものね〜。

それにしても、あの元同僚さんはひどいー。トリもとばっちりを食らって災難だったけど。。。でもでも、意外なところで千秋の本音が聞けて良かったね(*^^*)

なんだかんだで、ラブラブな2人。

早くも「羽鳥芳雪の場合2」が読みたくなっちゃったじゃないですかぁ(^m^)

書き下ろしコミックの学生時代のトリ&千秋のお話も良かったです。
結局、自分で気付いてないだけで、千秋もむかーしからトリのこと好きだったのではないかなぁ♪♪
そして、子供時代のトリさん、可愛い。

今回、新装版として、コミックスサイズの本で出ましたが、このサイズもイイですねー。
なんだか特別感があって♪

「吉野千秋の場合」の新装版も、もちろん買ってますし、これからの分も予約してありますとも。

「羽鳥芳雪の場合」を読み終わってから、また「吉野千秋の場合」を1巻から読んでいくと、2人の恋人としての歴史がまた感慨深そう。

これから、月イチで新装版もどんどん出ますし、楽しみですー。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『ケーキ王子の名推理』読み終わりました(*^^*)@帰省日記

新潮文庫の夏の100冊に入っていた『ケーキ王子の名推理』、読み終わりましたー(*^^*)

帰省前に買ってて、実家に持って帰ってたのですー。

タイトルに「名推理」とあるので、日常ミステリ謎解きものかなぁと期待していたのですが、ミステリや謎解き要素はかなり薄め。

どちらかというと、ほんのり恋愛テイスト小説かな(*^^*)

謎解き度は薄かったですが、洋菓子に纏わる物語の数々は、お菓子好きとしては、とても興味深く、面白かったので良かったです。

ヒロインの女子高生・美羽は、大のケーキ好き。
ケーキが絡むと見境がなくなる癖があり、その癖が彼氏とのデート中に発動し、フラれてしまいます。

失恋のショックで、トボトボと街を歩き、迷い込んだ道でケーキ屋さんを発見。
入ってみると、そこで働いていたのは、学校一のイケメン王子・颯人。
しかし、彼は、超絶モテるのとは裏腹に、女子に対してとても冷たくて。冷酷王子…との異名を持っているのですよね。

学校一のモテモテイケメンが、ケーキ屋さんでパティシエ見習いとして働いていた…というまさかの事実に驚く美羽。

「俺がここで働いていることは、絶対、口外するな!」

と怖〜〜く脅されつつも、「ケーキを愛する」という共通点から、段々と打ち解けていく2人。。。

というお話。

イケメンなのに、女の子に対して、容赦なく毒舌な颯人と、ちょっぴり天然さんな美羽の掛け合いが面白かったです。

これは、この1冊で完結なのかな?
それともシリーズ化されるのかな??

颯人が、とってもモテるにも関わらず、女子嫌いな理由は明かされましたが……もっともっと彼の背負ってる背景など知りたかったですし。

また、颯人の師匠であるパティシエさんも、世界一のパティシエなのに、「人前に出たくない」と言っていましたよね?
その事情なども知りたかったですし。

キャラクター達をもっともっと深く掘り下げた部分が見たいので、是非是非、シリーズ化して欲しいなぁと思います(*^^*)

また、今はトモダチよりちょっと発展した雰囲気の颯人&美羽のその後も気になる。

でも、この2人には恋人同士というより、ずーっと友達でいて欲しいかなぁ。
てか、友達というより、ケーキを愛する仲間というか同志というか。

お互い、両想いなんだけど、自分達ではそれに気付いてない〜〜みたいな関係で居て欲しいかなぁと思ってみたり。

是非ともシリーズ化して貰って、続きを読みたい作品です(*^^*)


美羽と颯人が遭遇した、日常の中の事件。

高級レストランでのウエイターさんと美人外国人のやりとり。
美羽が学校でされた嫌がらせ。
などなど、美羽が「??????」と思ったことを的確に推理し、解決していく颯人がカッコよかったです。
そして、それが、お菓子に纏わる〜〜というのも面白い。

でも、そうやって、いつも美羽に推理を聞かせている颯人ですが。
最後の章では、美羽に「自分に足りないもの」を教えて貰うのですよね。
そのラストもよかったです。


本当に、読んでるとケーキが食べたくなる物語でした。

そういえば、作中に「オペラ」というケーキが出て来ますが。
パリのギャラリーラファイエット内のダロワイヨで買ったオペラ、美味しかったなぁ…とか思い出しちゃいました(^m^)

確かに、ケーキって何か想い出が纏わるなぁ。

それは、ケーキの持つ「特別感」から来るのかもしれませんね!

美味しそうな洋菓子とともに紡がれる、ほんのり胸キュンな恋愛と青春物語。

私の好きなタイプのお話でした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小説版『君の名は。』読了です(*^^*)@帰省日記

8月公開の映画『君の名は。』。

映画公開に先駆けて、ネタバレになっちゃいますが、小説を読んじゃいましたーっ\(^o^)/

カドフェス対象作品だったのもあって、この前、買ったトコだったのです。
映画を見てからにしようかなぁと思っていたのですが……映画の予告編が気になり過ぎちゃって。
我慢出来ずに、読んじゃった……という訳です(^m^)

都会に憧れる、田舎暮らしの女子高生・三葉。
都会に暮らす高校生男子・瀧。

この2人が、いつも夢の中で入れ替わってて〜〜〜っていう予告編映像。

予告編からイメージしていたストーリー以上に面白くて、そして、感動的でした。

2人の人間の、心と体が入れ替わるという現象。
その意味や、理由。
果たして、お互いに「実在」している人間なのか?
などなど。
まだ映画公開前なのでネタバレは控えますが、その辺りのポイントが、とてもツボでした。

2人が存在している「時間軸」については、ちょっと映画『イルマーレ』を思い出しちゃいましたです。


映画の予告編を見て、気になって、そして、手に取った小説版。
前知識は、映画の予告編しかなかったのですよね。

で。
予告編のイメージで物語を読み進め、三葉と瀧、2人の少年少女が入れ替わる日常を追っている内に、少しずつ、その謎が解けていき。。。
物語中盤で、真相が分かったときは、鳥肌が立つくらい衝撃でした!!

まさか、こういうお話だったとは!って。

ちょっと違うけど、『時をかける少女』とか『シュタインズ・ゲート』とか『魔法少女まどか☆マギカ』っぽくもある気がしました。

映画で見るのが凄く楽しみです!!

実は、映画の前売りも買ってあります。
早く見たいなぁ。

そうそ!
この監督さんの『言の葉の庭』も大好きなのですよ(*^^*)←Blu-ray持ってます♪

そして、私の記憶違いじゃなかったら、『言の葉の庭』のあの人もチラッと出てるんじゃないかなぁと(^m^)

本当に映画が楽しみです!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『SCREEN』9月号 夏映画総力ガイド\(^o^)/@帰省日記



7/21に発売だった『SCREEN』の9月号、昨日、買いました\(^o^)/

てか、発売日翌日の一昨日、7/22に本屋さんに行ったのですが、まだ入荷されてなくって(;_;)

。。。そっか。
忘れていたけど、山口県は、雑誌や本の発売日、公式発売日より少し遅いんだった。
子供の頃は、楽しみにしている雑誌やコミックスが公式発売日より1、2日ほど遅れるのがもう切なくて、切なくて……発売が待ち遠しくって…って想いだったのを思い出しましたですよ。
京都に行ってからは、いつも公式発売日で買ってたので、忘れてました(^^;;

で。
一昨日は、せっかく本屋さんに行ったもののゲットならず。

その代わり、お取り置きをお願いして、昨日の朝一番で無事、引き取って来ました。

わーい\(^o^)/
『SCREEN』9月号!!

映画雑誌などは、そんなに頻繁に買っているわけではありませんが、好きな映画の特集や、好きな俳優さんの記事が載ってる時にたまに買ってます。

そして、今号は夏映画の大特集!!

何より、付録として、来月いよいよ公開の『X-MEN アポカリプス』の特集冊子が付いてます!!←これがお目当。

ジェームス・マカヴォイやマイケル・ファスベンダーのインタビュー記事などもあるとのことで、楽しみにしてたのですよーっ。

てか、普段は、そんなに頻繁に買う訳ではない映画雑誌。『X-MEN』のシーズンになると、買う頻度が高くなってる気がする(笑)
『X-MEN』シリーズ、大好きなのです。

早速、この付録の冊子から読んじゃいましたよー!

今回の『アポカリプス』のストーリーやキャスト、そして、これまでの『X-MEN』シリーズの年表、相関関係など、面白かったです。

映画、楽しみだなぁ。
ワクワクするなぁ。

今回の敵は、アポカリプスなるミュータント。

古代エジプトの時代から生きてる(?)、ご長寿ミュータントで、「神」を名乗ってるとかなんとか。

またまた敵対しちゃいそうな、プロフェッサーXとマグニートー。

そして、私の大好きな若き日のプロフェッサーXが……まだ、映画冒頭では、潤沢ですよね…髪の毛(笑)

おそらく、アポカリプスとの死闘で髪を失うのでは?と推理してます。

でも、思えば。
映画シリーズのプロフェッサーって。
ミュータントなのに、人間を守ろうとしてくれてて。。。そして、足を失ったり、髪の毛を失ったりしてますよね。

それなのに、人間はミュータントを差別し、酷いことをする。

なんか切ないなぁ。

このシリーズ全編を通しての、人間とミュータントの対立というテーマでも有るのですが。
考えされられちゃいます。

そして、そこが『X-MEN』の大好きなポイントなのですよね!


という訳で。
まずは付録の冊子を熟読。
『SCREEN』の9月号。

夏映画の特集も満載ですし、本誌ももちろん面白いです!!

京都に戻ったら、映画館いっぱい行こうっと。

そして『X-MEN アポカリプス』が楽しみ過ぎるー\(^o^)/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『放課後ヒーロー』1、2巻読みました(*^^*)@帰省日記

昨日からポケモンGO、遂に始まりましたね!!
お祭り的なことが大好きなわたし的には、すぐにでもDLして参戦したいのですが。。。只今、帰省中につき、実家にWi-Fi環境ナッシング\(^o^)/

なので、このままDLすると、なんだか、月末までに通信規制食らいそうな気がして(^^;;

とりあえず、京都のマンションに戻るまでは止めておきます(笑)

テレビやネットでのフィーバーぶりを見るとウラヤマーシカですが、まぁ、いずれ出来る訳ですし、今は、実家でおとなしく本とか読んでますー(^m^)

とはいえ、こちらに居てると、テレビやネットで言うほどの社会現象っぷりが感じられないー。

道やお店とかでもやってる人、まだ見てないモンね。


そんなこんなで、私はポケモンは暫し出遅れ。

最近読んだ漫画のお話をいたしませうー。

こちらです。

『田中くんはいつもけだるげ』の作者さん、ウダノゾミさんの『放課後ヒーロー』。1、2巻、読みました。
この2巻で完結です。

っていうか、元々は全4巻だったのかな?
新装版になって、分厚くなって、で、全2巻になったようです。

この『放課後ヒーロー』。
『田中くんはいつもけだるげ』とは、なかなかに正反対なキャラクターがメインでして。
『田中くん〜〜』とは一味も二味も違う面白さがありました!!

『田中くん〜〜』がまったりゆるゆる癒し系なら、『放課後ヒーロー』はパワー全開フルスロットルなシャカリキ系…かな?

主人公は、平凡で地味な男の子なんだけどね。全力で学校ライフを満喫する親友に振り回されてるって感じのお話。
でも、そうやって振り回されつつも、仲間同士の信頼感とか友情とか色々あって。
ジーンと来るポイント、多々なのですよね〜(*^^*)

凄く良かったです。

特に物語が進むに連れて、感動ポイントが増えてきて。
登場人物達が、おバカ騒ぎしているようで、でもでも、最終話近くは、ウルっと来ちゃったですよぉ。

普通で当たり前って思ってる日常も、実は、凄くトクベツな日々なのかもしれませんよね。
特に、学生時代って。
自分が「そこ」にいる時は気付かないけど。。。

って、自分の学生時代を思い出してホロリとしたり。

面白かったです(*^^*)

新装版だったので、とっても分厚くて全2巻。
登場人物達に愛着が湧いてきたころに完結しちゃったので、ちと淋しい。

てか、『田中くん〜〜』は、まだまだ終わらないで、ずっーーーーーーと続いて欲しいなぁとも思いました。


あ!

『田中くんはいつもけだるげ』といえば!!
昨日がBlu-ray2巻の発売日でしたね。

私は、密林さんで予約済み☆

コンビニ決済にしているので、本日、入金手続き完了。
見るのは、京都のマンションに戻ってからになりますが、楽しみなのです(^m^)


という訳で。
『放課後ヒーロー』読了。

『田中くん〜〜』とはまた違う面白さを発見!!
読めて良かったです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ふみの日切手、発売日(*^^*)@帰省日記



7/15から実家に帰省しているのですが、今日から日記のタイトルに「@帰省日記」を付けてみました。

……いや、昨日までは、一応、「チェブラーシカ展」のレポを書いてたので。
タイトルに「@帰省日記」と付けるのも、邪魔かなぁ〜なんて思って。

チェブラーシカ展のお話は、まだまだ書き足りないことも多々なのですが。。。

スマホからでは、長文も打ちづらいですし(^^;;
また思い出したみたいに、ボチボチとアップするかもしれませんー。


さてさて。

今日は、ふみの日切手の発売日。
7/23が、ふみの日ですものね!

という訳で。
山口中央郵便局に、本日限定の記念消印を貰いに行って来ました。

写真のがそれです(*^^*)

ちゃんと、切手と消印を合わせましたぞ!

エンピツのデザインの切手に、エンピツのデザインの消印。

可愛いですね!!

記念消印や風景印専用に使っている御朱印帳のページも随分、埋まってきました。

そして、消印は、京都中央か大阪中央か山口中央が多し!……ま、当たり前か。

今回は帰省中だったゆえに、山口中央郵便局の記念消印です。

すべての記念切手と記念消印を集めている訳ではありませんが、こうして、時々、気に入ったデザインのを集めるのは楽しいです♪♪

そして、可愛い切手のコレクションも増えて来ました。

今日のふみの日切手は、エンピツやペン先、消しゴムやクリップ、テープなど、文房具のデザイン。
私、文房具というアイテムは大好きなので、この切手、とてもツボです(^m^)

嬉しいなぁ☆


ふみの日切手を買いましたし、お手紙も書きたいものですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レポ】奥田元宋・小由女美術館「生誕50周年記念 絵本とアニメから生まれたキャラクター チェブラーシカ展」・その5

今日もボチボチとチェブラーシカ展でのお買い物UPです(^m^)

という訳で、まだまだ続いてました、チェブラーシカ展レポ、お買い物編。

今日はこちらをご紹介(^m^)


イラストはもちろん、チェブラーシカとゲーナなのです。

チェブラーシカとゲーナ、なのですよ!!

チェブラーシカとゲーナなのですーーーー!!!!

(^m^)

イラストレーターさんによっても、また、国によっても、色々違うチェブラーシカ。

その違いも面白いのですよねー。

このクリアファイルのは、確か、現在、ドイツで売られているチェブラーシカの本の挿絵……だったかな??

映画の影響で、チェブの形は安定のチェブ型ですが、もっとむか〜〜〜しは、本当に、イラストレーターさんによって、さまざまなチェブだったのですよね。

そういう展示類も面白かったんだ(^m^)



という訳で。

ちょっとだけ変わったチェブちゃんのクリアファイルです。

可愛い(*^^*)

ポストカードがちょうど入る大きなで、重宝しそう。
チケット類の半券を入れるのも良し!!

私は、今、早速、ポストカードの収納に使ってます。
少し変わりダネなチェブ&ゲーナ、お気に入りなのです〜。


描く人によって、色々と違うチェブラーシカ。
みんな違って、みんな良い(≧∇≦)








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レポ】奥田元宋・小由女美術館「生誕50周年記念 絵本とアニメから生まれたキャラクター チェブラーシカ展」・その4

只今、帰省中につき、スマホからの日記更新です(*^^*)

ゆえに、PCからの投稿のように色々書けなくて。。。
ボチボチなレポですが。

引き続き、「チェブラーシカ展」のお買い物編です(^m^)

今日は、おチェブちゃんのトートバッグなりー。
これ、買いました!

新作映画のデザインですよね!

色々なデザインがあったのですが、チェブラーシカが新聞を持っている姿に胸キュンして、こちらをチョイス。

トートバッグは、ちょっとしたものを入れるのにお役立ちなので、つい買ってしまいます〜。

チェブトートもいっぱい持っているのですが、また増やしちゃった(^m^)

そうそ!
このトートバッグに7/15発売のおチェブ表紙の「ビッグイシュー」を入れてみました\(^o^)/(←この「ビッグイシュー」はお優しいチェブ友さんが私の分を買って送って下さったのです☆)

可愛い(^m^)!!

という訳で。
今日は、簡単ですが、Tシャツに引き続きの「チェブラーシカ展」お買い物レポでした。

実は、まだ色々買ってたりします(^m^)
とはいえ、Tシャツで想定外に散財したので、あとは、文具類とかだけなのですが、ね!

嗚呼!
先日行ったばかりだというのに、チェブラーシカ展、早くもまた行きたくなりました〜〜←遠いので行けないけどorz

チェブラーシカが恋しいよぉーーー!!!!

チェブ大好きーーー!!!!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レポ】奥田元宋・小由女美術館「生誕50周年記念 絵本とアニメから生まれたキャラクター チェブラーシカ展」・その3

そして、引き続き、チェブラーシカ展レポ(*^^*)

今日は、お買い物編。


チェブラーシカ展の特設ショップにて、選びきれずに、3着も買っちゃった台湾チェブラーシカTシャツのお話です♪

本当に可愛いのですよー!


まず、Tシャツが入ってるビニール袋からしてチェブチェブし過ぎます。

そしてチェブ型タグ! かなりしっかりとした厚紙素材で立派なのですよー。

…もう、タグっていうより、むしろこれ単体でもグッズとして売れるでしょ!ってクオリティの高さなのです。台湾の皆様のチェブ愛を感じました!!

そしてそして、これらのTシャツ。
何が凄いかって、どれもただのTシャツではなくてどこかワンポイント凝ってるのです!!

まず、こちらは、ミニポケットが付いてて、そこにチェブドットのハンカチが入ってます。



で、このハンカチは、ボタンでポケット内部と繋がってて、着脱可(≧∇≦)取り外してハンカチ単体として使うもよし! ポケット内部に装着し、ポケットからチェブドットをチラリズムで見せびらかすもよし!


ポケットにチェブを入れるもよし!!!!(^m^)笑

お次はこちら。

お馴染みのプレゼント箱にくっ付いたチェブちゃんのデザイン。
ショルダーに付いてるレースのリボンがお気に入りのポイントです(≧∇≦)

続いては、これ(*^^*)

チェックのお耳が可愛い!最初からサスペンダーが縫い付けてあるのが、可愛いポイントです!

…以上、私の散財Tシャツレポでした\(^o^)/

チェブラーシカ展、まだまだアツいです!!

ウラー\(^o^)/





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【レポ】奥田元宋・小由女美術館「生誕50周年記念 絵本とアニメから生まれたキャラクター チェブラーシカ展」・その2

昨日に引き続きまして、奥田元宋・小由女美術館で開催中の「生誕50周年記念 絵本とアニメから生まれたキャラクター チェブラーシカ展」のレポ。

今日は、写真スポット編をば。

入り口写真スポットです(*^^*)





ここで写真をとれば、アナタも、
「ウラー\(^o^)/」
なシーンに参加出来ちゃう!?(笑)
……って感じですよねー(^m^)

そして、そして、こちらも写真スポット。







可愛いなぁ。
ちょうどこの真向かいに、個性豊かないろんなチェブラーシカのぬいぐるみ、マトリョーシカ、グジェリがガラスケースに入って展示(そちらは写真NG)してあり、圧巻でした。




チェブラーシカ展、展示内容は、2012年に滋賀県立近代美術館などで開催された「チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち」展と被る物も多かったですが、新しい内容のものもあったと思います。

チェブラーシカの歴史や、いろんなイラストレーターさんが描かれてきた様々なチェブラーシカ。

そして、パペットアニメーションになり、今のチェブラーシカの姿形に定まっていき…。

2010年の映画についても、展示がありましたよ。

そしてそして!!
新作映画「チェブラーシカ動物園へ行く」関連の展示は貴重!!

展示を見たので、映画が益々楽しみになりました(≧∇≦)

遠かったですが、「チェブラーシカ展」、行って良かったです。

まだまだ、チェブラーシカ展の興奮が覚めません(^m^)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ