お寺のブログ

「宝寿院」の毎日

お正月の準備

2016-11-19 14:00:53 | 日記

毎日、細かい正月の準備に勤しんでいます。

今はのぼりの名前入れをしていますが、今年は「字がデッカイね」と宥貴さんに言われました。

遠くから見ても、すぐにわかると思います(^_^)v

のぼりは70本限定ですが、すでに半分申し込みが集まっています。

先着順ですので、お早めにお申し込みください。

当院になかなか来れない方は、ファックスかお電話でとりあえずお申込み下さい。

一年。。。本当に早いですね。

どうか、無事に年が越せますようにお願いしています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お庭の工事

2016-11-17 16:21:50 | お寺の風景

久しぶりの更新です。

お元気ですか(^O^)/?

 

当院では、お正月に向けてお庭の工事が始まります。

古いモミジの樹を撤去して、本堂前をすっきりさせ大師堂脇にチョットして庭を造ります。

今日、宥貴さんが丁寧にお祓いをしました。

 

モミジは、加工してベンチとなり、またお庭の安らぎ場所となります。

 

何十年も前、今の本堂再建時に撤去された樫かな?大木がありました。

その樹は数年干された後、本堂の欄間として生き返りました。

 

このリサイクルって素晴らしいと思いませんか?

お庭の工事は、12月中旬には終了してお正月皆様をお迎えします。

 

広くなった本堂前広場で、ご祈祷をされる方に呈茶を致します。

ご家族全員に接待致しますので、どうぞお越しください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝寿院の運勢相談

2016-10-21 12:12:26 | 日記

当院では、ずっと前から信者さんの運勢相談をしています。

 

当院に残る古い古い漢文で書かれた本をもとに運勢鑑定をしています。

元の本は大事に桐の箱にしまって、普段は複写して自家製で本に綴じて使っています。

中身はすべて漢文なので、確かにわからない所もありますが、辞典で調べて字の意味や前後の文章で独自に訳しています。

私は数年前から住職から教えてもらいながら運勢の勉強をしてきました。

 

生年月日、生まれた時間などで鑑るのですが、これが不思議なくらいあたるのです。

私のよく知る人の生年月日で鑑てみると(内緒ですが)、「うん、うん、確かにそうだわ。。 やっぱりなあ。。」となります。

占いではないので、昔々の中国の偉い方が統計で出されたのでしょう。

 

なぜお寺にあるか。。。というと、明治以前僧侶は婚姻を認められておらず、お寺も世襲制ではありませんでした。

弟子をとり師僧となりその寺を引き継いでいきました。

ただ、門をたたく弟子候補者がどんな人間かわかりません。

本当に僧侶に向く人間かどうかをこの本で鑑たのです。

ふさわしくなければ、初めから弟子にはしないのです。

 

あまりに当たりすぎるので、原版を壊した、、とも言われています。

 

ご自分が今後どんな道を選択したらよいのか。。

会社の上司、嫁、姑とうまくやっていくには。。

自分はどんな結婚相手がふさわしいのか。。

そんな時、まずは本当の自分を知り、相手を知れば答えは出てきます。

 

運勢は予約制です。

まずはお電話をしてください。

0567-25-4154

 

住職に鑑て頂きたい方は、特にご連絡下さい。

高齢の為、一日に一組とさせていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お庭掃除

2016-10-08 11:47:19 | お寺の風景

先月末ホームページ最新情報で「お庭掃除・除草アルバイト募集」を載せました。

それを見た方「Iさん」が、お手伝い頂けることになりました!(^^)!

 

すでに今週2度来ていただきました。

私もできる限り一緒にお掃除しています。

 

雨降りの多い季節ですが、不思議とIさんがお見えになる日は晴れています☀

来週も気持ちの良い天気だと良いです。

 

なかなか行き届かなかった庭の手入れも、少しづつできるようになります。

今は、シュウメイギクくらいしか花が咲いていませんが、可愛いお寺のにゃんこ「たまちゃん」が走り回っています。

のんびりとお参りに来てください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

31年ぶりの同窓会

2016-09-27 10:28:35 | 日記

たしか卒業は1985年3月18日だったと思います。

私は、地元の高校を卒業した後、名古屋の愛知学院歯科衛生専門学校に2年間通いました。

とても厳しく、緊張の連続の日々は長い人生の中で最も忘れられない期間です。

また特に恐ろしい先生がいらっしゃって、1秒でも遅れたら教室にも入れてもらえませんでした。

その先生の前では、うまく話すこともできないほど兎に角怖かったのです。

怒られ過ぎて、意識がボーっと遠のくときもありました。

当時、短大や大学に行った友人は楽しくキラキラの毎日なのに、私たちは実習でヘトヘトになり、電車の中ではいつも教科書を開いていました。

 

そんな仲間との同窓会が先日ありました。

先生もおいでいただき、懐かしく楽しい時間でした。

最近は忘れっぽいことが多いのですが、あの頃のことは、実に鮮明におぼいています。

31年前の話で笑いは絶えませんでした。

厳しかったからこそ充実した2年間でしたし、仕事に対するプライドや責任を身にしみこませて頂きました。

あの怖かったT先生の、本当の深い愛情のおかげです。

ありがとうございました。

今は、私は歯科衛生士の仕事はしていませんが、出席された大半の方がこの仕事に関わっており、とても嬉しくなりました。

 

今思いましたが、今度うちのお寺で「みんなで楽しくお口の健康を考えよう!」なんて企画でもしようかしら(^_^)v

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加