お寺のブログ

「宝寿院」の毎日

モネの池さまさま!

2016-06-28 10:45:37 | 日記

昨日、お寺は宥貴さんに任せて、今話題の「モネの池」に行ってきました。

到着したのは10時頃でした。 

平日にも関わらず、結構な人だかりです。

この池、上にある神社の池のようなので、まずはお参り。 

 

まだ池に日が射していないので、「あれ?なんか想像したのとちがうなあ。。」

といった感じでした。

「11時頃が睡蓮が開花して見頃です。」の立て看板がありました。

この奥を10キロほど行くと鮎のお店があるはずなので、11時まで一旦そちらに向かいます。

 

下に板取川が流れるロケーション抜群のお店「おもだか」

鮎が焼けるまで、下に降りて膝まで川に入ると冷たくて気持ちがいいこと

 

天然鮎の塩焼きをいただきました.

 

頭から全部食べられるおいしい美味しい鮎ちゃんで、ビールをいただきました。

後から冷酒を頼む方をみて、「日本酒にすれば良かったかなあ。。」とも思いましたがまあ大満足です。

 

 

ゆっくり過ごし、再び「モネの池」辺りまで来ると、道路の両脇100メートル程車が停められています。

1時間前の倍くらいの人だかりです。

「さあ、どうかな

睡蓮の花は結局開いていませんでしたが、池の底まで日が射しこみ、透明度が増して見えます。

早い時間の方が、鯉は沢山泳いでいましたが、日が射すと睡蓮や河骨の葉の下に隠れてしまうみたいです。

話題の頭に赤いハートを付けた鯉は10時には元気に泳いでいましたが、この時間はもう出てきません。

 

「本当、来てよかったね~ さあ、帰ろ!」

と車に向かうと、反対車線の道路は大渋滞していました。

数キロ先の道の駅に立ち寄ると、

「昨日の日曜日は、皆さんここまで来て引き返していかれました。 しかしこちらは繁盛してモネの池さまさまです」とレジのおじさんが言っていました。

 

天気もいいし、おいしい鮎も食べられたし、池も見れたし昨日は珍しくラッキーな一日でした。

道中のアジサイもとても美しかったです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四苦八苦

2016-06-24 09:34:00 | 日記

日にちを間違えていました。

前日を合同水子供養の日と思ってホームページを上げたり、ブログを書いていました。

痴呆は日にちを間違えることから始まるそうですね。

ソッソカシイでは片付かなくなりました。

これが老いると言うことかしら。。。

 

今週、町内でお二人の方がなくなられました。

お二人とも90歳代半ばを超えて、長生きをされたと思います。

亡くなる数年前までお店に出たり、家業を手伝ったりされた方々でした。

 

昨日、その町内の方の通夜がありました。 

曹洞宗のご導師様で、式で法話をされていました。

「生老病死苦」の四苦についてです。

この世に生まれたすべての人が避けて通れない道です。

誰もが必ず老いて、病気になって死を迎える。

 

そこに次の4つを合わせて八苦

 愛別離苦 愛するものと別れなければならないこと 

 怨憎会苦 怨み憎む人に会うこと

 求不得苦 求める物が得られないこと

 五蘊盛苦 肉体と精神が思うようにならないこと

 

四苦八苦。。

 

 

死後の仏さまの世界は、苦しみも悲しみもない慈悲に満ちたところなので、そこまでたどり着けるように日々精進しなければ

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宥貴さんがいないと。。。

2016-06-22 15:15:46 | 日記

今週月曜日から、宥貴さんが本山に研修に行っています。

宥貴さんが不在の時に限って、運勢相談やご供養の方が沢山みえます。

昨日は平日の写経会でしたが、午前中の雨の中そして午後のムシムシ不快な天候の中沢山ご参加いただきました。

運勢相談も5名承りました。

きっと仏さまが、宥貴さんには勉強の時間を与えて、年寄達には「まだまだ油断せずに頑張りなさい。」とおっしゃっているような気がします。

今朝も朝から家相相談を受けました。

明日は合同水子供養があります。 

また、朝から忙しくなりそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シープ専用プールの掃除

2016-06-20 10:22:53 | お寺のわんこ

明日21日は毎月写経会をしています。

 

会場が光明殿に変わったので、入り口前にあるシープのプールを一旦片付けることにしました。

その前に、チョットひと泳ぎ

 先々週の土曜日に水を入れ替えて10日目で、相当緑化が進んだ水なので、気が乗らないのかすぐに上がってしまいました。

これから水を抜いてプールを洗い片付けて、写経の準備をします。

 

プール上がりに着るこの手作りガウンは、大活躍しています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の水替え

2016-06-10 10:16:45 | 日記

毎日の仕事の中に、お花の水替えがあります。

外の仏さまが5つ、お墓が8つ、お堂の中が8つ、玄関、床の間。。改めて数えたら24箇所ありました。

真冬なら、手入れをすれば1か月近く持つ花ですが、今は水替えをちゃんとしても1週間くらいです。

買ってきたばかりの花の茎は長めにして、水替えのたびに3センチほど切ります。

一番良いお花はまず堂内の仏さまに。 4.5日くらいすると庭の花も加えて外の仏さまに。 また組み替えてお墓に。 とクルクルローテーション。

 

よそのお寺さんにお花はどうしているのか聞いたところ、お花屋さんに委託して、まるっと新品に取り換えると言われました。

同じお寺でも、余裕のあるところとは全然違います。

 

もっともっと暑くなると、一日で外のお花はドライフラワーになります。

そうなると、あまりに花が可愛そうなので、庭の仏榊の枝を指してご勘弁。。となります。

 

私の嫌いな匂いのトップ3に、暑い時期の外の仏花の水の匂いが入ります。

菊の水に浸かった部分がぬるま湯になった花筒の中でとろけ出すと、オエーッっとなります

今朝は強烈でした

今手の匂いをかいたら    クンクン。。微かにその匂いが残っています。

もう一回洗ってきます。

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加