WEBマスターの読書日記

「木戸さんがこんなマメだったなんて」と大方の予想を裏切って続いているブログ。本、映画、感じたことなどをメモしています。

『センチメンタル・シカゴ』他(著者:サラ・パレツキー 訳:山本 やよい)

2017-05-14 19:21:40 | 本と雑誌

本シリーズにハマってしまい、旧作をまとめて大人買いした。この2冊は、前作を文庫で、後作をキンドルで読んだが、やっぱりハヤカワのタイポグラフィは素晴らしく、昔の作品ももういちど新装版で出して欲しい。それに時代の経過に従って、ヴィクもちゃんと年を重ねているのがナイスだ。修道院と株券の偽造から幕を開ける金融犯罪を扱った86年の「センチメンタル・シカゴ」では30代後半、シカゴ・カブスの球場を舞台に巨悪と対決する2016年の「カウンター・ポイント」では50歳。でも50歳になっても相変わらずお洒落で、素敵な恋人がいて、お酒と音楽を楽しみ、正義と事件解決を諦めず、襲撃してくるチンピラを腕力で撃退している(笑)。そして怒りっぽいし・・・。

私はめったなことでは怒らないのであるが、先週の夜、久しぶりに怒ることがあって、会社の洗面所でふと鏡を見ると、左の目の中にルビーのような鮮血が浮かんでいて仰天した。まじでこわい。それに痛みが全くないのも不気味。血がぬらっとしているせいで、なんだか死んだ魚を連想させる。このまま出血が全体に広がってシス卿みたいになったらどうしようとか、失明したら本が読めなくなっちゃう、点字を覚えなきゃ、だけど点字の書籍って市場でどのくらい出版されているんだろうとか、余計な心配をして眠れない一夜を過ごした。翌朝を待ちかねて新橋でかかりつけの眼科に駆け込んだところ、私の目を見た看護婦さんが「わ」と息をのむわ、遮光カーテンの引かれた診察室から前の患者さんに「見えなくなる可能性もあります」という先生の声は聞こえてくるわ、ドキドキして恐怖と緊張がいや増すばかり。

ところが私の番になり、診察開始から30秒ほどで、「心配することはありません」と先生の力強いご託宣。えー、そうなの??思わず本当ですか、かなり怖いんですけどと聞き返してしまったが、ライトを消しながら「私もこの冬、寒い外に出た途端にぴゅっと出ました。コンタクトしてても大丈夫ですよ」と何でもないようにあっさり診察を終える先生。急な寒暖差や高血圧、くしゃみなどで白目の血管に圧力がかかると一時的に出血してこうなるけれども、数日で体内に吸収されて元に戻るとのことで、薬も出なかった。見た目は結構グロテスクで、会う人ごとにどうしたんですかと聞かれるため、先週はずっと、薄い色の入ったメガネを着用。昨年もそういえば5月に目が腫れて、それから盲腸になり、沖縄で唇の上がケロイド状にかぶれ、引いた風邪が治らなくなり、脚の腱鞘炎と、痛みの続いた年だった。今年は気をつけなきゃ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『女子の働き方』(著者:永... | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。