身の程知らずの独り言

音楽的にも文学的にもダメダメな♀が、身の程もわきまえず、好き勝手な戯言(主に、中島みゆきさん)を記しております。

怒りの中吊りが、一転、、、(゜ロ゜;ノ)ノ

2017-07-13 23:46:00 | 中島みゆきさん(その他)
今日、帰りの電車の中で中吊り広告を眺めていると、そこにマサかのお顔が、、、。(*_*)

み、みゆきさん、、、(゜ロ゜)

それも、その中吊りの主は、何かとお騒がせの週刊文春、、、(゜ロ゜;ノ)ノ

記事のタイトルが、
"『やすらぎの郷』共演 倉本聰&中島みゆきは愛人関係!?"

エッ、えっ、えっ、えっ、、、(((((゜゜;)

また、お騒がせのセンテンススプリングが、好き勝手なことを!!(-""-;)

と、怒りながら本屋へ!( ̄ヘ ̄メ)

怒りながらも、買うと思う壺にハマるので、こそっと立ち読みできる本屋へ。

で、読んでみると、倉本先生とみゆきさんのサプライズ出演の裏側を取材した記事でした。

ほっ、、、(・。・;

なので、購入しました。

文春さん、ごめんなさい。f(^^;

倉本先生が、みゆきさんのことを
"長年、愛人だと言い続けてきたにも関わらず、写真誌に撮られたことがない。
念願かなってツーショットで出られたことが何よりも嬉しい"
とコメントしたことが、過激なタイトルのもとでした。f(^^;

サプライズ出演の話は、昨年、みゆきさんに楽曲提供の依頼をした段階で、出たようです。

倉本先生が、「一緒に出るかな」と冗談で話していた延長で、みゆきさんに直接話して決まったみたいです。

また、お二人は、あくまでもエキストラであり、番宣に使うならやらないというのが、倉本先生の意向で、事前に告知されることもなく、出演者としてのクレジットもされなかったんだそうです。

そのお二人の設定は、年が離れた夫婦であり、倉本先生が82歳の大物舞台演出家。

みゆきさんは、60代前半の歌手だそうです。

初舞台の演出が、きっかけで結婚。

5年ほど前に夫の体調が悪化し、介護のために芸能界を引退し、やすらぎの郷へ。

妻(みゆきさん)は、最年少入居者の設定だと、中込プロデューサーは語っています。

ただのエキストラと言う割には、何と細かい設定なんでしょう。(笑)

私の妄想も、当たらずとも遠からずだったようで、嬉しいです♪(^o^)v

恥ずかしい思い付きも、書いておくものですね。

どうも、後から、"そうだと思ったんだ"って、言うのが嫌なので思い付きをすぐ書いてしまって、恥をかくことの方が多いのですが、、、f(^_^;
(「組曲」の時の妄想は、酷かった。(--;)
空港名から、内容からハズしまくりましたからf(^^;)

今回は、嬉しいです♪(^o^)v

さて、今後ですが、"事前告知なし"という条件のかわりに、カメオ出演としては、異例の複数シーンを撮ってるとのことです。

みゆきさんも、
「数カット撮るとは思わなかったわ」と苦笑いしてたそうです。

しかし、
「お二人とも楽しそうでしたね」
と中込プロデューサーは、語られてますから、苦笑いしながらも楽しまれたみたいですね。(^^)

あくまでもエキストラと、倉本先生が主張されているようなので、出演者との絡みや、台詞などはないでしょうが、これからもどこかでお顔は、観れそうで楽しみです♪(^^)

しかし、最終回のみゆきさんが歌う「慕情」は、無理みたいですね。f(^^;

「慕情」と言えば、今日の第74話では、「慕情」はインスツルメンタルのみでした。

その代わりに、やすらぎアワーで、旅立った"ちのやん夫婦"の愛唱歌として、
「時代」が流されました。

"ちのやん夫婦"とは、テレビ美術(舞台美術は間違いでした、スミマセンm(__)m)のパイオニア的存在の茅野大三郎(伊藤初雄)とその妻で、元タイムキーパーのカメコこと茅野(旧姓:亀山)順子(長内美那子)のことです。

カメコが、ガンで亡くなった翌朝、後を追うように"ちのやん"も心筋梗塞で亡くなっているのが発見されます。

その二人への哀悼を込めて流されたのが、セカンドシングルの「時代」です。

二人が、初めて聴いた「時代」ということなんだと思いました。

そして、"ちのやん夫婦"の告別式では、車イスの及川しのぶ(有馬稲子)が、歌いはじめた
「ファイト!」に参列者も唱和していくという展開になります。

「ファイト!」は、カメコが死の間際まで歌っていた歌として、前回、前々回に登場しました。

「星の世界の洋子」というドラマの撮影時、カメコが回りを励ますために歌っていたのが、「ファイト!」。

「星の世界の洋子」は、カメコが大好きで、人一倍思い入れのあるドラマでした。

"ちのやん夫婦"を送る告別式の会場は、ちのやんの弟子たちが徹夜で造った「星の世界の洋子」のラスト、氷の世界の再現であり、そこで唱和されるのが、ドラマの現場を奮い立たせた
「ファイト!」なんです。

告別式の唱和から、エンドロールは、
みゆきさんの「ファイト!」(「予感」)になります。

「時代」ではじまって、「ファイト!」で終わる74話でした。

みゆきさん週間のような「やすらぎの郷」でした。

さて、明日はどうなるのやら?

どうやるのやら、と言えば、皆さま、
「夜会工場VOL. 2」のチケットは、希望通りゲットできたでしょうか?

私は、満願とは言えませんが、お陰様で、"なみふく"、"でじなみ"ともチケットゲットできました。(^^)v

これで、年末年始、
みゆきさんとお会いできます!

ありがとうございます。(^^)v

もし、ご希望通りでなかったとしても、事務局受付があります。

そこで、ご希望が叶いますよう、お祈りいたします。

お読みいただいて、ありがとうございます。(^^)

では、また。(^-^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謎のご夫婦再び♪ | トップ | "妄想の時間 2"(「夜会工... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みゆきさん週間 (aishotaai)
2017-07-14 10:22:45
こんにちは、私も『みゆきさん週間のような「やすらぎの郷」』だったと思いました。「ファイト」は本当によかったですね。ジーンときました。
こういう話(脚本)の流れなら、みゆきさんが主題歌というのもかなり納得です。これからもどんな絡みがあるのか、ストリーも含めて益々楽しみになってきました。  あと、私も年末と年始に1回ずつチケットをゲットできました。まだまだ先のことですが、まだまだ暑い日が続きますが、年末年始に向けて頑張りましょう・・・・ファイト!

おめでとうございます (のぶちん)
2017-07-14 12:38:33
でじなみ、なみふく、どちらも当選ですか?! すごいです! おめでとうございます。本当にくじ運が強いのですね。
 
私は、まあ、予想通り、どちらも落選でした~。
これで5年連続の落選です! 記録更新!!
こうなったら、10年連続落選して、ファンクラブを「チケット当たるよ詐欺」で訴えてやろうか、、、笑。
 
次は事務局の抽選ですかね。
友人総動員でチケットゲットを狙います。
 
やすらぎの郷も、もう半分終わっちゃったのですね。「慕情」は聞けば聴くほど、心に染みます。ドラマの内容にぴったりの歌詞ですね。
 
Re:みゆきさん週間 (mihana223)
2017-07-15 01:08:24
aishotaai さん、コメントをありがとうございます♪(^^)

本当に、「やすらぎの郷」、ますます楽しみになってきますね♪
みゆきさん登場も楽しみですが、ドラマそのものに、完全にハマってます!(^^)v

ご当選おめでとうございます\(^o^)/
良い年の瀬と年明けを迎えられそうですね♪(^^)
その前に、「慕情」もアルバムも待ってます!
たくさんの楽しみを心の支えに猛暑を乗り切りましょう!(^o^)v

ありがとうございました♪(^-^)
Re:おめでとうございます (mihana223)
2017-07-15 01:40:23
のぶちんさん、コメントをありがとうございます♪(^^)

全て、落選ですか、、、(--;)
しかも、5年連続とは、、、(-_-;)
いくら抽選と言っても、過酷すぎます。(T-T)
何か、2つとも当選して、スミマセン。m(__)m

ブログをはじめてから、みゆきさん運は強くなった気がします。
それまでは、私も、全滅して焦ったことがありましたから。(^^;

やはり、東京は激戦ですね。
研究所様も、落選通知を載せられていました。
名古屋、大阪、福岡と西日本は分散していますが、東日本は東京7公演に集中するので、倍率は高くなりますよね。
VOL. 1みたいに、追加公演はないのでしょうか?
事務局ご当選と、追加公演発表、一緒にお祈りいたします。
何卒、吉報が訪れますように。(^^)v

「やすらぎの郷」、どっぷりハマってます。
正直に白状すると、「マッサン」は、挫折したんです。f(^^;
「やすらぎの郷」は、みゆきさんの「慕情」込みで、ドラマに引き込まれています。

その「慕情」の発売もあります。
たぶん、秋にはアルバムも。
映像盤もあるかな?
それらを楽しみにしながら、チケットゲットをめざしてください。(^^)v
『♪闘う君の歌を』応援しますから!
「ファイト!」(^-^)v

ありがとうございました♪(^-^)
無事にゲットできました! (miya)
2017-07-15 12:28:17
チケット運、本当にいいですね~
どちらも当選とは!!
そういう私も 今回は無事に第1希望をゲットできました。

「週刊新潮」の記事、読みました。
みゆきさん、最年少入居者の設定なのですね。
20歳近く歳の差があるようですが
”愛人” じゃなく 正式に結婚されているご夫婦で安心しました。
まだまだ登場されそうで 楽しみです!
河内のオッサン (倉本聰先生の片想い⁉️)
2017-07-15 15:31:34
"Springs Sentence"のオリジナル記事は未だ読んでいないのですが、mihana223さんの投稿を読んで痛感したのは、「やすらぎの郷」は倉本聰先生のみゆきさんへの片想いが爆発した作品なのではないでしょうか⁉️
もう35年前の1982に発刊されたみゆきんの歌詩集「愛が好きです」に倉本聰先生は「みゆきが流れる」を寄稿し、その中で「みゆきには神様がいるんだ」とまで言いしめたのに、今迄主題歌は実現しませんでした。
もしかしたら倉本聰先生からの依頼・オファーはあったのかも知れませんが、何だか先生がみゆきさんの事を好き過ぎて、依頼さえ出来なかったのではないかと思えて仕方ないのです。
それが先生ももういいお年で(失礼‼️)自分の脚本家生活の集大成とも思えるこの「やすらぎの郷」を作るにあたり、ベストで最強の俳優陣に負けない最高の主題歌を得るために、長年の片想いの相手であるみゆきさんにやっと重い腰を上げて、また恥じらいを捨てて依頼なさったのではないでしょうか⁉️
そして夫婦役でカメオ出演されたと思えば、みゆきさんの「ファイト」と「時代」をまるでセリフ代わりに最大限に登場させたりで、今週は倉本聰先生のみゆきさんへの長年の片想いが両想いになった嬉しさが爆発した1週間だったのではないでしょうか⁉️
Re:無事にゲットできました! (mihana223)
2017-07-15 20:32:17
miya さん、こちらにもコメントをありがとうございます♪(^^)

そして、チケットゲット、おめでとうございます♪(^o^)v
第一希望、良かったですね♪(^^)v
私は、第一希望とはいかなかったのですが、年内、年始とゲットすることができました。
お陰様で、ブログを書きはじめてから、本当にみゆきさん運向上です。(^^)v
これで、よい年末年始を迎えられます♪

おめでとうございます、そして、ありがとうございます♪(^-^)
Re:河内のオッサン (mihana223)
2017-07-15 21:28:17
河内のオッサンさんの想いの詰まった力作コメント!
感動しました♪(^^)
ありがとうございます♪(^^)v

同感です!(^^)
私も、倉本先生のみゆきさんへの愛をヒシヒシと感じます!
しかし、倉本先生の片思いなんでしょうか?
みゆきさんはコメントで、
「はたして採用していただけるのかどうか、ギリギリまで不安でしたが、
めでたく決まりまして、ありがとうございます」
と、倉本先生に気に入ってもらえるか、本当に不安だったようです。
また、服部プロデューサーの初聴き時のお話でも、
「実際にお会いしたみゆきさんは、まるで少女のような方でした。
歌ができあがった際、倉本先生と中込とボクが一緒にスタジオへ伺ったのですが、あれだけのキャリアをお持ちでありながら、みゆきさんはすごく緊張されていて、「最初は先生だけに聞かせたい」と。
先生からOKが出たときは、それはもう大喜びで、その少女のような顔が今でも忘れられないです」と。
もう、この時に、倉本先生の想いは成就したのではないでしょうか?(^-^)v
服部プロデューサーが、語られるみゆきさんの可愛らしさが、キュンときますね♪
みゆきさんにとっても、倉本作品の主題歌は、特別な想いがあったんだと思うんです。
何か、自分へのご褒美のような。
だから、私は、みゆきさんも倉本先生に片想いをしていたような気がするんです。
二人の片想いが、成就したのが「やすらぎの郷」なのかな?と思います。

河内のオッサンさんに刺激されて、私も力が入ってしまいました。(笑)f(^^;
何か、変な返信コメントになって、スミマセン。m(__)m

力作コメント、ありがとうございました♪(^-^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。