身の程知らずの独り言

音楽的にも文学的にもダメダメな♀が、身の程もわきまえず、好き勝手な戯言(主に、中島みゆきさん)を記しております。

"妄想の時間 2"(「夜会工場VOL. 2」)

2017-07-16 23:28:00 | 中島みゆきさん(その他)
ファンクラブ受付の発表もあり、具体的に動きはじめた気がする「夜会工場VOL. 2」。

などと呑気に書けるのも、お陰様でチケットをゲットできたからなのですが、、、f(^^;

今回、希望が叶わなかった方、何かスミマセン。m(__)m

西日本は、福岡、大阪、名古屋と分散したのが、幸いしたんだと思います。

東日本は、東京7公演に集中ですから、そりゃあ激戦ですよね。

事務局受付の前に、
「夜会工場VOL. 1」の時のように、追加公演の発表があれば少しはマシになるでしょうか?

事務局と一般が残っています!

最終兵器、当日券も。

私なんぞのブログを読んでくださる奇特な方は、皆さま、みゆきさんに会えるよう祈っています!m(__)m

心折れませんように、
「ファイト!」

で、その「夜会工場VOL. 2」の勝手な妄想を恐る恐る書こうかなと思います。f(^_^;

「夜会工場VOL. 1」が年代順初心者向けだったので、
"次は、年代バラバラバージョンやそんな曲あったっけバージョンなどの中上級者向け"とおどけておられました。

おどけながらも、半分以上本気なんじゃないかな?と思っています。

年代はバラバラだと思います。

あたるちゃんが参加してくれるので、「アルカディア」からかもしれませんね。

"次は、みゆきさんを踊らせたい!"
と、あたるちゃんが言ってたように、初っぱなから、みゆきさんの
「恋なんていつでもできる」恋ダンス付きだと、インパクトあるでしょうね。(笑)

ただ、恋ダンスの振り付けは変えると思いますが、、、f(^^;

恋ダンスは冗談ですが(半分ね(笑))、「アルカディア」からの選曲は多くなるような気がします。

で、"そんな曲あったっけ?"は、少なくてもCD 化されてない曲って意味かなと、思うんです。

だから、私もすごく聴きたいし、のぶちんさんも聴きたいとコメントをいただいた
「サーモン・ダンス」は残念ながらないかな?と。

完全に、勝手に妄想して、勝手に残念がっているのですが、、、f(^^;

"そんな曲あったっけ?"で、私が一番再現して欲しいのは、 
「夜会VOL. 8 問う女」(1996)の「RAIN」です。

「PAIN」 では、ありません「RAIN」 です。

「RAIN」について、
"みゆきさんの声、その36 「PAIN 」(「問う女」)"で書いたものを再構成します。

"雨の中、男の裏切りで傷つき、したたかに酔った"まりあ"(中島みゆき)が、"ニマンロクセンエン"(森上千絵)に
「私のそばにいてくんないかなあ?」
と、金を払いホテルに連れてきてしまう。
シャワーを浴びて酔いが覚め、この状況にドギマギしながら、ドタバタするまりあ。
このシーンで歌われる歌が、
「RAIN」 。
「PAIN」 と同じメロディ、同じ歌い出しですが、
『♪抗う水には 行く手は遠い
 崩れる水には 岸は遠い』
の次は、
『♪見えるだろう、心の中には
 決して必ずしも綺麗な花だけ咲きはしない』
となり、最後も
『♪ただ流され行く心に 言葉はいらない』
となります。
テレビを観て、はしゃいぎながら、歌う"まりあ"。
しかし、我に返り、我が身を見つめ直すように歌われる2番の
『♪心の中には
 決して必ずしも綺麗な花だけ咲きはしない』
が、胸を打ちます。
歌いながら眠りにつく"まりあ"を、そっと撫でながら、片言で口ずさむ"ニマンロクセンエン"の優しさと最後に見せる哀しい表情に、胸を締め付けられました。"

このシーンをみゆきさんとあたるちゃんで、再現して欲しいなあ、と。

ただ、映像盤では、風呂上がりで、ほぼ下着のシーンなので、恋ダンス同様無理かな、、、f(^_^;

「問う女」からは、"みゆきさんの言葉選び"にも書いた、
「誰だってナイフになれる」を歌って欲しいですね。

しかし、本当に"そんな曲あったっけ?"だとすると、「問う女」からは、
「JBCのテーマ」とかになるかな?

まあ、全夜会から必ずリストアップするかどうかもわからないのですけどね。

あと、再現して欲しいのは、「VOL. 7 2/2」(1995)の茉莉の登場シーン。

みゆきさんとハコさんの入れ替わりと、
「目撃者の証言」。

『♪さかのぼれば なつかしいあの日が見える
寄り添いあった 1組の2つの鼓動がきこえる』

贅沢を言えば、再々演「VOL. 17 2/2」バージョンで、千晶嬢も交えて、
「目撃者の証言」~「7月のジャスミン」~「目撃者の証言」~「暗闇のジャスミン」。

「暗闇のジャスミン」も聴きたい曲ですし、この機会に是非CD 化して欲しい曲です。

ああ、でも、やはり、「暗闇のジャスミン」まで演るなら、
「幸せになりなさい」~「二隻の舟」~「幸せになりなさい」まで観たいなぁ~。

「VOL. 7」だと
「拾われた猫のように」も捨てがたいし、
「VOL. 17」だと、
「ささやかな花」も聴きたい!

「殺してしまおう」~「雪」(「夜会 VOL.3 KAN(邯鄲)TAN」(1991))や、
「十文字」、「ほうやれほ」、「紅蓮は目を醒ます」、「赦され河、渡れ」(「今晩屋」)のどれかは、入っていて欲しい、、、キリがないですね。f(^^;

"そんな曲あったっけ?"って言うには、どれも印象的な曲過ぎるでしょうか?

上級だと、、、猫(「拾われた猫のように」)ではなく、
「ハリネズミ」になるのかしら?

「献灯」(「海嘯」)や「ティムを探して」(「24時」)、「夜いらんかいね」(「今晩屋」)とかでしょうか?

物凄く、地味になるような、、、(-_-;)

いっそ、「ちゃらちゃら」~「憂き世ばなれ」~「夜いらんかいね」の紙風船大漁放流の再現をしたら、派手になるかな?

「今晩屋」のラストみたいに、水は無理でしょうからね。

こうやって書いていると、「今晩屋」の曲に聴きたい曲が多いのに、我ながらビックリ。( ゜o゜)

未だに、理解できたとは言えないのですが、「十文字」からの圧倒的な迫力に、何度観ても胸が熱くなるんですよね。

と、話が逸れてしまいました、スミマセン。m(__)m

勝手に、CD 化されてない曲と縛ったので、VOL. 1~VOL. 6までは、ほとんどスルーしてしまいました。

そして、観ているのにほとんど覚えてない
「ウィンター・ガーデン」もスルーしてます。

あっ!、CD 化どころか、映像化もされてないのですから、
「ウィンター・ガーデン」を中心にすると、上級者向けになるのではないでしょうか?

まあ、そこまで上級者向けにすると、ブウブウ言う人が出るかな?

それでなくても、今年は間の悪いことにと言うか、
「慕情」が話題になっているので、間違って(?)チケットゲットする人が多いでしょうから。

そういう人は、目が点になるでしょうね。

みゆきさんの
"待っても、「慕情」も「糸」も歌いません"
と言う案内が聴こえてきそうです。(笑) 
 
思い付くままの妄想を書き連ねてしまい、支離滅裂になって、スミマセン。m(__)m

月イチでは、「夜会工場VOL. 2」のヒントをくれるでしょうか?

カメオ出演について、話されるでしょうか?

楽しみにしながら、仮眠することにします。

今回も、私の勝手でヘンテコな妄想にお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。(^^)

では、また。(^-^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怒りの中吊りが、一転、、、(... | トップ | 中島みゆき月イチ29/7/16「最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。