身の程知らずの独り言

音楽的にも文学的にもダメダメな♀が、身の程もわきまえず、好き勝手な戯言(主に、中島みゆきさん)を記しております。

シングルの"ならわし"を妄想す。

2017-06-14 01:39:00 | 独り言&みゆきさん
2017.6.11の月イチで、みゆきさんが紹介した、「慕情」のミュージシャンとスタッフを改めて。

ミュージシャン
ドラムス:島村英二
ベース:富倉安生
ピアノ:小林信吾
ギター:福原将宜
キーボード :小林信吾
グランハープ : 朝川朋之
バックアップボーカルズ:杉本和世、宮下文一、石田匠
ストリングス : 弦一徹ストリングス

エンジニア
レコーディングエンジニア :David Thoener、加藤謙吾
ミキシングエンジニア : David Thoener
マスタリングエンジニア : Stephen Marcussen

聴き起こしでは、正確なお名前がわからなくて、カタカナ表記で書かせていただいた方がいらっしゃるので、ある意味その修正です。

みゆきさんが、一生懸命正しく発音しようとしてた、David ThoenerさんとStephen Marcussenさんを特に修正したくて。(笑)

この記事をアップしたら、姑息に月イチ本体も変えようと思っています。

本来なら、月イチの記事をアップする前に確認するべきなんですが、出勤前で、時間が、、、って、言い訳ですね、スミマセン。m(__)m

更に、河内のオッサンさんのコメントで、思い出させていただいた、みゆきさんのお言葉を付け加えてえておきます。

ミュージシャン、エンジニアを紹介した後、
「まだまだ、紹介しきれないミュージシャン、スタッフ、みんなで作りました」と、みゆきさんは続けられました。

修正だけなら、すぐに確認して書けばよかったのですが、この紹介の前にみゆきさんが、仰った"ならわし"と言う言葉が、引っ掛かってしまって、チマチマ書いているんです。

「慕情」3番をバックに
「この番組は、ご覧のスポンサーの提供でお送りいたします、で、なくて、」
と、少しボケた後、
「『慕情』シングルは、8月23日に発売になりますが、シングルは、何故かこの~、ミュージシャンもスタッフも紹介されないならわしでございますので、今日はここで、先に紹介させていただきます。
あ~、あの人が弾いてる音かと、色々イメージしてお聴きいただけるかと思います」

そして、ミュージシャンから紹介をはじめられたのでした。

何となく、最初に聴いた時から、
「シングルは、何故かこの~、ミュージシャンもスタッフも紹介されない"ならわし"でございます」
に、引っ掛かっていたんです。

"ならわし"に、どこか納得できない、理不尽な思いを込めているような気が、したんです。

ここからは、いつもの私の勝手な妄想ですから、それでも、よろしければ。

たぶん、その"ならわし"は、ジャケットの裏に歌詞を載せたら一杯だった、シングルレコードや8インチシングルCDの時代から続いているんでしょうね。

昔は、印刷技術の問題もあって、文字の大きさや文字数にも制限があったのかもしれません。

だから、ミュージシャンやスタッフまで印字できなかったのかも。

でも、今の技術ならいくらでも印字できそうなのに、"ならわし"だから載せられないことを暗に訴えてるような気がしたんです。

アルバムだから、シングルだからと、ミュージシャンやスタッフの取り組み方や向き合う姿勢が変わるものでもないのに、おかしいんじゃないの、という感じでしょうか?

特に、みゆきさんは、ミュージシャンやスタッフに信頼と誇りを持っていらっしゃるので、よけいに納得できないんじゃないかな?と勝手に思ってしまいました。

"ならわし"という言葉から、私が、プラスのイメージを受けないからかもしれませんけどね。

"ならわし"と聴いた時に、1番に頭に浮かんだのが、
「橋の下のアルカディア」の「人柱」のシーンです。

因習ですね。

そして、2番目に浮かんだのが、私事ですが、"前例がない!"の一言で却下する某氏。

下らない前例にしがみつく人が、下らない因習を産むんですよね。

それでも、地道に戦って、いくつかは認めさせてきましたけど、、、(--;)

って、愚痴も入ってしまって、スミマセン。m(__)m

スミマセンと言えば、景さんへの返信にも書いたのですが、弦一徹さんのことが、わかってなくて、スミマセンです。

確認したら、「10WINGS」 の頃からのお付き合いみたいです。

弦一徹さんのお名前が、出てくるのは、「転生」からのようですが。

本当に、無知で不勉強なので、恥ずかしいです。(TT)

「慕情」への妄想も付け加えておきます。

miya さんへの返信コメントにも書いたのですが、
「慕情」のジャケ写は、「やすらぎの郷」に合わせて、若い頃の写真を使われたような気がしてます。

30代くらいかな?と思うのですが。

研究所様は、髪型などから「36.5℃」の頃の写真じゃないかと推理されていました。

反対に、古く見えるように撮った今の写真だったら、モデルもカメラマンもスゴい気がしてますが、どうなんでしょうか?

ジャケ写でも、妄想できるんですから、お得なシングルですね。(笑)

最後に、aishotaai さんにいただいた情報で、「なみふく」が13日に発送されたそうです。

いよいよ、「夜会工場VOL. 2」ですね♪(^^)

ワクワクします♪♪♪(^o^)v

みんなで、当選できるよう、祈っています。(^^)/

お読みいただいて、本当にありがとうございます♪(^^)v

では、また。(^-^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中島みゆき月イチ29/6/11「も... | トップ | いよいよ♪「夜会工場VOL. 2」... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いよいよですね (のぶちん)
2017-06-14 17:13:42
こんにちは。いつも記事は楽しく読ませていただいております。なかなかコメント残せず、すみません。。
 
「慕情」のジャケット写真というのは、白黒の背中越しに右上のほうを見上げている写真ですね。確かに、若い頃のみゆきさんのように見えますね。あれが今のみゆきさんだったら、たしかにすごい技術です(笑)
 
いよいよ「夜会工場2」の抽選が」が始まりますね。東京は、赤坂アクトシアターよりも広いオーチャードホールで6日間あるので、「夜会工場1」の時よりは確率は上がりそうです。とはいっても、キャパ2000程度の6日間では、はやり狭き門には違いありませんよね。キャパがオーチャードホールよりも大きい大阪のほうがむしろ当選しやすいのかな、、とか思ったりもしています。

今年こそ、ファンクラブの抽選ですっきり当選したいです!! 最後の当選が「縁会」ですから5年越しの野望です。
 
「夜会工場1」では、24時着は「命のリレー」でしたから、今回は大好きな「サーモンダンス」が聴けるかな、、と期待しています。
あと、、、できれば、、「二隻の舟」をみゆきさんソロのフルコーラスで聴きたいな、、、って、これはみなさん共通の希望ですよね。
 
みなさん、当選しますように!
 

いよいよで~す♪(^^)/ (mihana223)
2017-06-14 22:19:05
のぶちんさん、コメントをありがとうございます♪(^^)

「夜会工場VOL. 2」の日程確認しました。
確かに、VOL. 1より大きい会場ばかりなので、少しは競争率低い気がします。
大阪がフェスティバル6公演あるので、私には、ありがたいことです。
それも、年内と年明けがあるので、何とか、両方行けるようにトライします!
そんなことするから、競争率上がるんですよね、スミマセン。m(__)m
トライはしますが、のぶちんさんはじめ、皆さんで工場見学できるように、真剣に祈ります!(^^)v

ジャケ写の写真ですが、有力な情報をいただいたので、工場の日程ともども、これからチマチマ書こうと思っています。
たぶん、現在の写真ではないようです。
本当に、それだと凄かったんですけどね。(笑)

私も「サーモン・ダンス」聴きたいです♪(^^)v

みんなで、工場見学行きましょう!(^^)/
ありがとうございます♪(^-^)
"ならわし"に、どこか納得できない、理不尽な思いを込めているような (aishotaai)
2017-06-15 12:26:04
こんにちは、いつもブログ楽しく読ませていただいています。・・・・私もみゆきさんが理不尽な思いをこめていると思いました。ミュージシャンは、ほとんどいつものメンバーでしたね。みゆきさんからはいつも「うちのコンサートは・・・・」と言われるように、メンバーみんなを本当に大切にしているんだなぁと思っています。さすがですよね。
「慕情」の発売を楽しみに8月まで頑張ります。
国宝級みゆきバンド (河内のオッサン)
2017-06-15 14:32:17
そうですか〜
みゆきさんが「慕情」のミュージシャン&スタッフを一人一人紹介されたんですか⁉️
仰る通り、みゆきさんは支えてくれるミュージシャンのスタッフに誇りと敬意を持っていらっしゃるのは間違いないですよね。
それでいて、「この曲も私1人の力では今日こうしてお披露目出来ないの。この人達の参加があって初めて音に出来るの」と言いたかったのではないでしょうか⁉️
(スミマセン、思い入れの強い推測で)
特に私は島村英二さんのドラムが大好きで、この方のドラム程みゆきさんのボーカルに寄り添ってグッと下から持ち上げてくれる感じはほかにないと思います。島村さんだけでなく、今のライブの固定のミュージシャンの方全てがもう国宝級だと思います‼️
Re:"ならわし"に、どこか納得できない、理不尽な思いを込めているような (mihana223)
2017-06-15 21:57:58
aishotaai さん、コメントをありがとうございます♪(^^)

やはり、理不尽を感じられましたか?
抑えた口調に、納得いかない思いが滲んでる気がしたんですよね。
みゆきさんは、人見知りなんじゃないかな?と思うんですよ。
人見知り故に、この人と思った人とはトコトン付き合うし、大切にされるんじゃないかな、と、これまた、妄想しております。(笑)
仲間を大切にされている姿を見るのは、いいですよね。
あたたかい気持ちになります。(^^)v

お互いに、8月を楽しみに、ガンバりましょう!

ありがとうございました♪(^-^)
Re:国宝級みゆきバンド (mihana223)
2017-06-15 22:50:46
河内のオッサンさん、コメントをありがとうございます♪(^^)

「この曲も私1人の力では今日こうしてお披露目出来ないの。この人達の参加があって初めて音に出来るの」
まさに、仰る通りだと、私も思います。
書き忘れていたのですが、ミュージシャンとエンジニアの紹介の後、
「まだまだ、紹介しきれないミュージシャン、スタッフ、みんなで作りました」
と続けられましたから。
河内のオッサンさんに、コメントをいただくまで、このお言葉のことを忘れていました。
思い出させてくれて、ありがとうございます。m(__)m
姑息に、付け加えておこうと思います。f(^_^;

国宝級みゆきバンド、これも、まさにその通りだと思います。
ただ、私の貧弱な耳では、島村さんのドラムが、他の方とどう違うのか、正直わからないのですが、島村さんがいらっしゃると落ち着くと言うか、安心できます。
何か、収まりがいい気がするんです。
富倉さんや他のみゆきバンドのみなさんにも、同じことが言えそうですが。
「慕情」では、古川望さんが入っていなかったんですが、カップリングの
「人生の素人」では、弾いてるのでしょうか?
こちらのメンバーも紹介していただきたいですね。

「夜会工場」で、演奏する国宝級みゆきバンドと会うことも、楽しみですね。
勿論、みゆきさんはじめ、あたるちゃん達演者の皆さんに会うことも楽しみですけどね。
そのためには、明日からのファンクラブ受付に当選しなくては!

ミスに、気づかせていただき、本当にありがとうございました♪(^-^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。