身の程知らずの独り言

音楽的にも文学的にもダメダメな♀が、身の程もわきまえず、好き勝手な戯言(主に、中島みゆきさん)を記しております。

瀬尾師匠とあたるちゃんのラジオ3(2016.10.10中村 中)

2016-10-17 01:53:16 | 中島みゆきさん(その他ラジオ)
瀬尾師匠とあたるちゃんのラジオ3は、
2016.10.10放送のTBSラジオ
「エンタメExpress」ゲスト:中村 中

エンタメパワープッシュのコーナーに、あたるちゃんがゲスト出演です。

インタビュアーは、アンディこと安東弘樹アナ。

「こんばんわ、よろしくお願いします。
中村 中(なかむらなか)と書きまして、上から読んでも下から読んでも中村 中(なかむらあたる)です」
と、あたるちゃんがいつもの挨拶をすると。

「ライバルは、山本山(ヤマモトヤマ)ですね」
と、突っ込むアンディ。

何とか、あたるちゃんの気を引こうとしてる感じです。(笑)

インタビューの最初から、
「第一印象が、綺麗な人だなぁでした」
ですから。

あたるちゃんも苦笑気味に
「ありがとうございます(笑)」

本番前から綺麗な人だと言ってたようで、更に、
「思わず吸い込まれそうだ」
と、アンディが言えば。

「色々吸い込んできました、これまでも」
といなす、あたるちゃん。

やっと、真面目にプロフィールを紹介するアンディ。

せっかくなので、そのプロフィールを。

「中村 中さんは、1985年生まれ。
東京都墨田区のご出身でなんですね。
2006年、シングル「汚れた下着」でデビュー。
2007年、シングル「友達の詩」でNHK 紅白歌合戦に出場。
その後も、ソロアーティストとして活動される一方、AAA 、由紀さおりさん、八代亜紀さん、岩崎宏美さんなど、多くのアーティストに楽曲を提供。
また、役者としても今年3月に赤坂アクトシアターで上演された舞台「ライ王のテラス」など、数々の作品に出演されてます」

プロフィールが終わって、あたるちゃんの最近の趣味、陶芸の話になります。

陶芸の何に一番ひかれるかという、アンディの質問に対してあたるちゃんは、
「心休まるんですね」
と。

「音が鳴ってない時に、常に音が鳴ってしまうタイプなんです。
休めない。
夢みながら作詞してたりとか。
で、上手くいかなくって、汗かいて起きるとかあるんですけど」
と、シンガーソングライターの苦悩を語るあたるちゃん。

それが、土を触ってる時は無心になれると。

この後、アンディの愚痴を受け、陶芸をすすめるあたるちゃんです。(笑)

「友達の詩」を挟み、いよいよ「夜会」の話です。

まず、あたるちゃんの声を絶対無二と誉めるアンディ。

それから、
「夜会VOL.19 橋の下のアルカディア」の紹介。

「夜会VOL.18 橋の下のアルカディア」
を観たというアンディは、
「中村さんの声も絶対無二と申し上げましたが、本当にこれも絶対無二ですね」
というアンディに。

「みゆきさんの声は、そうですねぇ」
と、沁々と語るあたるちゃん。

「中村さんから、橋の下のアルカディア、どんな舞台か。
一言で言うの難しいと思うんですが、どんな舞台ですか」
と、アンディ。

「みゆきさんもインタビューで、"捨てる"というのがテーマだとお話されてました。
生きてゆく中で、どうしても生まれてしまう多数派と少数派がいたりとか。
バランスのもと生きているはずなのに、どうしても捨てる側、捨てられる側が生まれてしまう、そういう哀しみだったり。
後は、過去に自分も何かを捨てたんではないかという後悔とか。
そういうことをテーマにしています」

続いて、あたるちゃんによる役の説明。

「barの代理ママ。
あまねちゃんという、チーママですね。
このチーママは、過去に人間ではなかった過去があって。
何かは、劇場で確認して欲しいんですけど」
と、言えば。

すかさず、アンディが、
「中島みゆきさん演じる占い師と、色々あるんですね」

「そうなんです。
メインキャストは、3人いまして。
実はこの3人が運命の糸で繋がっているという」
と、アンディも完璧ですと太鼓判を押す、あたるちゃんの解説が終わり、みゆきさんの話になります。

「中村さんから見て、中島みゆきさんてどういう方ですか?」
と、アンディ。

「これが、一番難しい質問なんです。
みゆきさんは、全く私生活とか、お見せにならない方なので。
お話してる時は、むしろ少女のような方なの。
可愛らしいし。
ただ、歌い出すと、どうしてあんなに、全部受け止めてくれそうな、みんなの母というかね」
と、語るあたるちゃんに、同意するアンディ。

「家だったら、父が怒って、母がフォローする。
逆のこともあるでしょうけど。
それを両方やられているようなところが、感じます」
と言うあたるちゃんに。

「両方できる人。
なかなかいないですよね」
とアンディ。

「いない。
ちゃんとフォローもできるっていうのがね」
と、感慨深く語るあたるちゃんに対して。

「中村さんとお会いして、そんなに経ってないんですけど、中村さんにもそれを感じます」
と、アンディ。

アンディ、メロメロですね。(笑)

「みゆきお母様に、育てていただいたからかもしれませんね(笑)」
とまた、いなす、あたるちゃん。

いなされたアンディの次の質問は、
「前回共演された時に、一番思い出に残っている具体的なエピソードとかありますか?」

「一番強烈だったことを、じゃあ。
舞台稽古に行った初日。
何の説明もされなくて、じゃあやろうかと言って、曲がかかって、はいやってって言われた時の衝撃!」
と、あたるちゃんが語れば。

「何の打ち合わせもなく、行ったら音楽がはじまって、どうぞ」
と、アンディが受けて。

「そう、芸人さんが、ハイ何か面白いことやって!っていきなり言われるみたいな、、、。
何にもできませんでした。(笑)」
と、あたるちゃん。

「普通はできません。
逆に今回の共演で楽しみにしてることってなんですか?」

「前回に試せなかったことを試せるのが、一番の楽しみだと思うんです。
勿論、みゆきさんも石田匠さんも、前回経験したことを更に深めようとしてくるに違いないし。
もう2回目だったら、遠慮しなくていいでしょと、思ってるんですね。
勿論、中島みゆき様ではありますけれど。
遠慮なんかしたら、逆に失礼だなって思っているのが、再演ですかね」

「「夜会VOL.18 橋の下のアルカディア」を観た人も圧倒的に、「夜会VOL.19 」を観ても楽しめますよね」、とアンディ。   

「そうですね。
再演の怖いところでもありますけれど、絶対初演を越えてなきゃ意味がないと思うんで、そこはもうお約束します」
と、あたるちゃん。

「今の目力、凄かったです!」
と、アンディ。

「って、みゆきさんが言ってました。って言いたいところなんですけどね。
私は、お約束します!」
と、語るあたるちゃんの目力がやはり凄いと言うアンディに対して。 

「だってワクワクしちゃうんですもん、話してる今も考えて」
と嬉しそうに話すあたるちゃん。

「どういう風にやろうかと?」
と、アンディが被せれば。

「そう」
と、これまた嬉しそうに肯定するあたるちゃん。

アーティストのそういうところを羨ましがるアンディ。

ここから、アンディ48才、殻を破りたいという人生相談に、苦笑しながら
「それでいいんじゃないですか?」
と、あたるちゃん。

あたるちゃんにそう言われれば、それでいい気になると、肩の荷が降りたアンディでした。

最後に、公演概要を告知して、あたるちゃんへのスペシャルインタビューは、終了しました。

なんか、安東アナって、、、(・・;)

あたるちゃん、お疲れ様でした。

そんな、あたるちゃんがパーソナリティをつとめるラジオ番組「よのなかばかなのよ」の今週のゲストが、石田匠さんです。

「夜会」の話もでるのでは、ないでしょうか?

楽しみです。

10月20日(木)23:00
bay fm
「よのなかばかなのよ」
ゲスト:石田匠

また、ラジオといえば、中島みゆき研究所様ありがとうございますの情報が。

10月19日(水)13:00~16:00
ニッポン放送
「土屋礼典レオなるど」
コメントゲスト:中島みゆき

こういう番組は、radikoのタイムフリーがありがたい。

それ以外の情報も少々。

もう、皆様ご存知だと思いますが、
「中島みゆき Concert 『一会(いちえ)』2015~2016 劇場版」
の上映が決定しました。

2017年1月7日より全国の映画館で上映です。

今回は、早いですねぇ。

次に、
「HEART BEAT MESSAGES - Green Ribbon × SPACE SHOWER TV -」

音楽を通して「誰かのために、できること」を考える番組を放送します。
グリーンリボンキャンペーンの趣旨に賛同するアーティスト・タレントが出演し、中島みゆきさんの『糸』を歌いつなぎ、臓器提供の意思表示というアクションだけでなく、その輪をより多くの人に広めることを目指します。

情報解禁日:2016年11月4日(金) 22: 55~23:00
参加出演者:清水翔太、井上苑子、筧美和子、三原勇希、菅沼ゆり、caho
使用楽曲:『糸』 作詞・作曲 中島みゆき
備考:音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」にて放送

という、ものもありました。

やはり、「糸」は凄いですねぇ~♪

「糸」と言えば、
松雪泰子さん主演、12月3日(土)全国上映の予告編も解禁され、新山詩織さんが歌う「糸」がバックに流れています。 
 
前回の「歌縁」で「糸」を歌われた平原綾香さんの記事にみゆきさんのお言葉が。  

「アリア-Air -」とともに、みゆきさんから受け取ったお言葉のようです。

「受け止められて歌になる。
受け取ってもらえないと歌にはならない」

何か、スゴいお言葉ですね。

プロ意識、プロの覚悟とでも言うのでしょうか?

常に聴く側がいることを意識している。

この言葉をみてると、
「ララバイSINGER 」の
『♪歌ってもらえるあてがなければ 人は自ら歌びとになる』
を思い浮かべてしまいました。

こちらは、性(サガ)ですね。

平原綾香さんは、
「自分の憧れの生き方になりました」
と、コメントされてました。

読んでいただき、本当にありがとうございます。(^^)

では、また。(^-^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瀬尾師匠とあたるちゃんのラ... | トップ | 中島みゆき"歌跡"の旅へ《黒... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (m-nom)
2016-10-19 04:44:03
何だかこのところ、眠りのリズムが崩れて変な時間にお邪魔してます。

瀬尾師匠、あたるちゃん、角さん‥

タイムフリーを使わなくても、話者の表情まで浮かんでくるので、すっかり頼ってしまってます。

ありがとうございます。

あんなに暑くてヘロヘロだった季節も急に終わり、待ちに待った秋冬ですね。

先日、友人が浜田省吾さんのライブ(神戸)に行だだとか、MCでみゆきさんの話も出てたそうです(╹◡╹)

田家さんがツアーリポートされてます。
おはようございます(^^) (mihana223)
2016-10-19 07:49:25
m-nom さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます♪(^^)

睡眠のリズムが、狂うと辛いですよね。
大丈夫ですか?
ご無理なさらないようにして下さいね。
私は、起きなきゃいけない時間だったので、大丈夫でした。
お気遣い、ありがとうございます。(^^)

いつも、お褒めいただいて、ありがとうございます。
根が単純なんで、嬉しくて舞い上がってしまいます。(^^)v
みゆきさんのお言葉を引用するのは畏れ多いのですが、
「受け止められてブログになる」
という、気分です。
コメントをいただいて、受け止めてくれる方がいらっしゃることがわかるのが、一番の励みになります。
ありがとうございます♪(^-^)v

また、情報もありがとうございました。
浜田さんのコンサートには、私の友人も行ってたんですが、情報はなかったんですねぇ。(TT)
田家さんのツアーブログ、チェックしてみます。(^^)

本当に、いつも、ありがとうございます♪(^^)
(>人<;) (m-nom)
2016-10-19 12:42:55
相変わらず、変換ミス&削除挿入ミスばかりで‥すみません。
黒部レポも楽しみにお待ちしております。

読んだだけで、既に行った気になってます。
融通うきかないコメント欄で、スミマセンm(__)m (mihana223)
2016-10-19 21:52:31
m -nom さん、更に、コメントありがとうございます。
このコメント欄、修正できなくて、スミマセン。m(__)m
私も、誤字脱字、間違いだらけで、お恥ずかしい限りです。(--;)

黒部は、、、(・・;)
途中、ラジオネタがあったので、まだ完成しません。(>_<")
もう少し、お待ちくださいませ。m(__)m
待っている方がいらっしゃるなんで、幸せです♪
ありがとうございます。(^-^)
夜会、待ち遠しいです (miya)
2016-10-24 00:57:25
3番組とも聴いていませんが
mihanaさんの記事だけでも十分と思えるほどです。
詳細なご報告を ありがとうございます!!!
いつも、いつも、頭が下がります。

あたるちゃんの「お約束します!」という言葉に期待がふくらみました。
『夜会』スタートまで1カ月を切りましたね。
本当に待ち遠しいです。

radikoのタイムフリー、便利そうですね~
スマホ用のアプリからも利用できるようなので 使ってみたいと思います。
Re:夜会、待ち遠しいです♪私もです♪(^^) (mihana223)
2016-10-24 07:18:53
miya さん、いつもコメントをありがとうございます。(^^)

お褒めいただいて、嬉しいのですが、私の書くものは、どうしてめ私の主観が入ります。
なので、聴けるなら聴いたほうが楽しめると思いますよ。
そういう意味では、radikoのタイムフリーはたいそう便利ですよ。

あたるちゃんのお言葉を聴いて、私も「夜会」が、楽しみで、楽しみで♪
早く、11月が来ないかな~♪と。(^^)v
アルバムや「一会」もありますしね。

本当に、いつもありがとうございます。(^-^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。