おぉきに。

気が向いたら読書感想を書き、ねこに癒され、ありがとうと言える日々を過ごしたい。

ちょっとだけ希望の光が!

2016-10-12 15:52:44 | にゃんこ
ちょっと安心かもしれない話を聞きましたので、お知らせ。

ついったで、猫飼いさんというか猫のグッズその他のオーナーさんというか猫の保護に熱心なかたというか、まあその界隈で有名なかたから、情報いただきました。

来年からとうとうお隣の半島の国で工場が稼働するロイ〇ルカ■ンですが、お隣の国生産ロット分が日本国内に流通するかについてはまだ決まっていないというか未定。

直接ロ▼ヤル〇ナンのかたに聞いたそうなので、未定なのは確実だと思います。

フランス本国の人達はともかく、日本のロイヤ■カナ〇の中の人は日本人の心情や問い合わせにも直接当たってはるので、日本国内に渦巻く不安がフランスまで届けば、あるいは未定が決定になる道もあるかもしれない、とわたしは解釈しました。
ともかく、ウチみたいに療法食でどうしても他社製品に切り替えられない猫飼いにとっては、良いニュース!

なんとか日本国内に流通するのは今まで通り、フランス産の製品でお願いしたいです。

お隣の国の人達ひとりひとりに問題があるとは思ってないんですが、この国の製品は何かにつけ不安がつきまとうしグローバル視点というものがどうも緩いというか弱いような気がしてね…。何度も書きますが、わたしに決定的なものをみせたのがF1でした。どんな誘致をしていくらお金を用意したのか知りませんが、四年間開催して、サーキット内も周辺もまったく良くならない。縁石や芝はペラペラ捲れてマシンに貼り付き(マシンの空力が変わってしまう)、クラッシュだったかエンジンブローだったかで煙が出たときマーシャルが一般用の消火器ぶっかけてシーズンで使える台数が決まってるマシンを一台オシャカにし(生中継で森脇さんが激怒した)、世界各国でトップクラスの人達をラブホに泊まらせる神経が今でも分からない。
批判を浴びても改善しない、自分達で知識と経験を積んで良くなろうとする気概が見えない、その場しのぎにも程がある。
ま、F1ほど極端でなくても、たとえばこの国製のマーブルコートのフライパン、あっという間にコートが剥げて使えなくなったりしません?結局、日本国内製造のフライパン買いなおしたわ。日本製のは長く使えてる。
食品でもいろいろ不安なニュース聞くし。
仕事に責任感が見えないんですよ。考えが甘いというか。

人間の手からご飯を食べる生き物に、人間が不安に思ってるものを出せないです。

なので、できればこの国でつくったフードの安全性が確認され、長期間その品質が維持されていると保証されるまで、日本だけじゃなくてどの国に向けても流通させるのは待ってほしいと心から思います。

メーカーの名前の一部を伏字にしたので、メーカーの中の人がこの記事にたどり着くのはないでしょうが、飼い主の不安な気持ちが一つでも多く届くようにと願ってやみません。




『猫』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『花咲家の怪』 | トップ | 秋の空と三毛 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ペンギン)
2016-10-14 16:01:54
こんにちは、みけねこさん

実は、わたくしも先日ロ○カ△のセールスと話す機会があって隣国品の事を聞いてみました。
そのセールスは・・・
再来年から隣国で製造が始まり、日本への輸送については・・・
そのセールスマンも今の所何も決まっていない。
と言うことでした。
仮に日本に入れる場合は税関を通す前に毎回厳重な検査を三日間位掛けて行う
仮にその検査で少しでも規格外の製品があった場合そのまま送り返す
と言う返事でした。

はたして・・・・
そのセールスマンはこの事に関して事前にどこまで理解したのかはわかりませんが・・・

今後もっと具体的な話になってくれば、又聞いてみようと思っています。


人間の手からご飯を食べる生き物に、人間が不安に思ってるものを出せないです。


みけねこさんのこの言葉をメーカーの人は真摯に聞いて欲しいと思います。




Unknown (はる)
2016-10-14 22:23:25
みけねこさん、こんばんは。

このニュース、ぜひそうであってほしい・・・!
お隣の国製になると聞いてから、代替のフードを求めてさまよいましたが、結局戻ってきたんですよね。
海外のフードがどうしても合わなくて、おなかが緩くなっちゃう子がいてですね。

それにしても、療法食ってもっとほかのメーカーも出せばいいのにとしみじみ思います。

それにしても、お猫様用のフード、サプリメントってえらいお金かかりますねぇ。
うちはサプリメントだけで一月1万円近いです・゚・(ノ∀`;)・゚・
まあ、猫たちの健康を買っているんだと思えば、安いもんですかね、と自分に言い聞かせる今日この頃です。
人間もおいしいもの食べて元気出さなきゃ!ですね。
(前の記事の、みけねこさんの鯖すしに涎を垂らしながら)
ペンギンさん、こんにちは。 (みけねこ)
2016-10-19 13:41:56
ペンギンさんのルートでも、ロイカ〇の営業さんから「未定」という話なんですね!
よかったというか、まだ未定は未定なだけで実際には入ってくる可能性はありますけど何とか先延ばしにしてその間に品質というより従業員の意識向上面をしっかり図ってほしいです。
今回のロイ〇ナの件だけで言えば、日本や欧米や他のペット先進国のように犬や猫を食べる文化のない国の人に、食べる文化を持つ国の人達が働く工場に不安を感じるなという方が無理だと思うんです。そこをクリアしてくれない限り、いつまでも不安は残ります。
結局は、人間同士の信頼関係なんですよね……。

……もっとも、日本国内のメーカーでも、粗悪で栄養どころか病気にしてしまうような激安品もありますけどね……ああいうのも早く滅びてしまえばいいのに。

はるさん、こんにちは。 (みけねこ)
2016-10-19 13:53:20
そうなんですよね、総合栄養食の方は代替品があっても、療法食となると他のメーカーのものでは体調崩してしまう子も多いんですよね。
ウチのヌーボくんにしても、ヒルズはダメでしたし……ロイ〇ナでいくしかないと言われましたし……。
お隣の国の工場が本格的に稼働する前に、国内メーカーで療法食の開発と生産販売ができないんでしょうかねえ……と思いますわたしも。

サプリ、結構なお値段しますよね(苦笑)
考え方次第で、サプリで病気にならないように維持して病院での治療費がかからないようにするか、
病院での定期健診でこまめにチェックして、大病にならないうちに軽い治療で食い止めるか。
最近、東大で猫の腎臓病に関する研究でニュースになりましたよね!
数年後には、腎臓病でも長寿が望めそうな感じですよ♪
もし実現したら、ペット保険の内容も大転換するかもw
そしたらペット保険に加入するのもアリになりますよね。
療法食の開発より、病気の治療方法の開発の方がスピード早いのかもしれないですね(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。