狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

人格障害者 vs 発達障害者

2017-01-31 03:05:50 | Weblog
ネットで発達障害系のまとめを読む。 そうした場には大概、発達障害者が犯罪者であるかのように言い募る人間が居るんだな。 私は彼らが人格障害者なのではないかと見ると。 で、参加者割合を
・人格障害者 1~2割
・無関心一般人 6~7割
・発達障害者擁護 1割
・発達障害者 1割

くらいに見積もると。
んで、一般人が結構な頻度で人格障害者(仮)に同調するんだな。 「発達障害者は罰されるべきだ」とかそういった感じのに。 人格障害者ら(仮)がそうする理由は想像がつく。 常日頃周囲から犯罪者扱いされていて、その添加先に弱者を選んでいると。 不思議に思うのは一般人たちの方で、「なんでこいつらは人格障害者のルールに従っているんだ?」といったところと。 いや、発達障害者たちが大概の場所で迷惑な存在なのは解るが、「なんで悪意の有無の区別をつけないのかな」と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

give them bandage

2017-01-31 02:38:18 | Weblog
「何で白人は外国の子供を養子にするの?」との海外反応まとめを読む。
「利他主義だよ」とかそんな感じの返答があった様だが、私は「ブローカーの存在に対する感覚が違うのではないか」といった点を疑問視すると。

ウィキペディアで「ベア川の虐殺」の記事を流し読み。 こう書くとアメリカ人は即座に「日本人だって南京大虐殺を」と反応するのではと予想。 この反応。 これはこれで一本書けそうだが今回のネタはそこではなく前段階、事件の背景である開拓者たちの乱行、無責任さを容認、あるいはそうした行為を暗に水晶しているのではないかと指摘したい次第。 というのも、「ウォール街を中心とするアメリカ」が後進国世界、時には先進国もだが、に対してしている事って結局のところそうなんじゃないかって、常々思っているわけで。
あと南京大虐殺について補足するとな、概ね事実に沿って語られるシンガポール虐殺や731部隊と違って南京大虐殺のそれは多くがプロパガンダだから。 都合の悪い人間を虐殺したりしてた国民党と、彼らと結託してたイギリス人らが「自己正当化の巨悪」を求めた産物。

リベラルって何だ?と聞かれたら
1. 機会主義者たちの乱行
2. 武力を背景とした身勝手なルール構築
3. 反対行動を誘発しての武力行使
4. プロパガンダ押し付けと穴埋めの偽善

このサイクルがそうだ、といったものを答えとするのが持論。 リベラルはと称する輩が身を置く場所は4だが彼らの財布はウォール街にある。 そして不品行不道徳を責められた彼らは悪く見える部分を他人、保守派とかだな、のせいにすると。 いつまで経っても改まらない。

翻ってだ。 アメリカ人の養子縁組みの「問題のある国では孤児がいっぱい出るんだよ」的部分は義しいんだよな。

さて今回のタイトル、映画の台詞にこんなのがあったと記憶しているのだがこれ、聖書ネタかね? もしそうだとすると私は相変わらず「オンブにダッコ」状態なのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オニ思想

2017-01-29 01:05:03 | Weblog
前回の。
Hell o'workネタは補足がいるような気がするが、まあいいや。

「シェムハザのヨセフ」のタイトルで書こうとし聖書を見るも、記憶と記述が違い断念。
こんなもんなんだろう、正直もう聖書ネタ辞めようかなと思うところ。 期待するものも無し。

さて今回のお題、オニ思想。
今日の日本での、物語上の「オニ」の位置付けを二通りに見る。 一つは人型をした魔物だな。 で、もう一つは日本仏教上の、刑務官役なんだな。 これらを一連のものとすると、「ブッダ氏の作用の結果、魔のモノが他の更正要因となる」といった感じになる。

賽の河原の石積み。
早死にした子供たちが「一つ積んでは父のため、二つ積んでは母のため」だっけか?と石を積む。 そこにオニがやってきてせっかく積んだ石を崩してしまう。 子供たちの苦しみが永遠に続くだけで他に何もない話である。 これの視点を変える。 死んだ子供ではなく、生きている子供である、とする。 するとこの話は子供が「親のために」と何度も積むが、そのたびにオニが来て崩してしまう、となる。 「何も変わっていないじゃないか」と思われるだろうか。 ここでいう「オニ」とは虐待親の事である、となる。 そうすると「賽の河原の石積み」は「子供を亡くした親は虐待されている他の子供に気付くだろうか」といった話に変化する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天下りと駅馬車業界

2017-01-28 13:55:21 | Weblog
うん、だからね、アメリカのユダヤ人たちにはプロテスタント、キリスト教徒らが地獄行きを選ぶのを、止める気がないの。 「警告を続けよう」といった動きが見あたらないどころか下手したら最初の、「取り敢えず忠告しよう」すら無い。 良心的に見える部分は宣伝用の所だけ。
最終的にお前たちを恨むのは、キリスト教徒を通してお前たちが被害を与えた連中じゃないぜ。 お前たちとヨロシクやってた連中が「俺たちはコイツラの所為で」ってなんの。

さてと。 タイトルは「天下り」としたもんだ。 天下りというのは日本の官僚たちの風習を神話に例えたもので、ようは汚職を前提とした再就職先確保努力であると。 これについて、私には特に書くことがない。 モータリゼーション前夜の駅馬車業界に改善要望はあるか、みたいな話で、特にない、が答えであると。 私がお前たちに求めるのはお前たちの上に立ちお前たちを管理監督する新人たちに楯突かないこと、お前たち同士で喧嘩をしないことだ。 そういう意味では官僚たちよりも報道関係者らを悪質とする。
でだ。 何かしらかを書くとするならば。 何故就職斡旋をするのか、だ。 ハロワ通いで問題無いならそんなことしなくてイイわけなのだ。 つまり、「就職活動は地獄である」というのが現状なのだ。 国民が地獄に放置されているのだ。 官僚たちのオカシイ点は天下ることではない、国民の地獄を放置している点なのだ。
老人たちは言う。 「自分たちは殴られた。 殴られない者たちが居るのは許せない」と。
そうじゃあない。 就職文化を破壊しろ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ氏がキッシンジャー氏に相談したとかナンとか

2017-01-28 10:20:22 | Weblog
アパホテル騒動でマスコミが足並みをそろえてきた。
これね、「韓国人が改心できるかどうか」の分かれ道だったのよ。
だからあの「嫌悪を誘う名前」は、かれらとかられの友人たちを。

実際どっちが正しいかって?
台湾人、香港人、シンガポール人の大勢の若者たちの意見を見てみればいい。 それ以上に。 中国政府が情報封鎖に動いた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

殴る人→ボクシング→善、とかそんなネタ

2017-01-22 13:46:33 | Weblog
とあるキリスト教徒によると創世記冒頭、エデンを追い出される場面はメシア出現の預言なのだそうな。 これをイエス氏、福音書冒頭「荒野の試し」に当てはめると例えば
・イエス氏、サタン氏の言うまま飛び降りる
・イエス氏着地時にサタン氏頭を踏まれる
・イエス氏、踵を怪我する

このようになる。 「杖の蛇に襲われるもーセ氏」も同筋なんだな。

お気付きの方も多いと思われるが私は現状、サタン氏の政策の肯定者である。 で、これをどうにか全否定しようとしているんだな。 サタン氏の政策って何だ?というと、悪人たちを悪人たちの状態の間まま肯定する、そういうもの。 私はどうにかしてこれに「それだと上手く行かないのだ」という結論を出そうとしていると。
取り敢えず「頭を踏まれる蛇の祝福」の仮定から察するに、神様はこれを辞めたがっているらしい、と見ると。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥は何故死んだのか

2017-01-14 15:30:17 | Weblog
ある男が鳥の雛を拾った。 それは育ったが、結局男はそれを死なせてしまった。
「それは何故死んだのが」が問いかけだ。 「もっと良くしていたならば」「もし悪くしていなかったならば」「もっと早く手を打つべきだった」「周囲が」などなどあるが、とどのつまりは「男がクズだったからそれは死んだ」が答えである。

とある人物が癌患者の友人を見舞いに行った話がネットにあった。 その人物は、家族等が居る前でいきなり「いつ死ぬのか」と聞いたところ、そこから追い出されたとか。
ネットの評価は「配慮がない」「そもそも親しくなかったのでは」等々散々だった。 で私は逆に考えてみるわけだ。 その人物の行動は、正しかったのではないかと。 というのも、患者によっては平然と、「あと半年くらいだそうだ」と答えただろう、それが本来あるべき形。 入院して何日目かは書かれていなかった。 癌と知ってから日数が経っていなかったのなら患者と家族の側に同情の余地はあるかも知らんが、それだって。

ブリュッセルの、銀ぴかオブジェ。 調べてみたら「アトミウム」と言うらしい。 著作権云々書かれていて辟易した。
地図を見るに、どうやら私はイスラム地区の側を通っていたらしい。 ケバブ屋とか貧乏人向け、もとい、庶民向けっぽい雑貨屋があったあたりの方だった模様。 側を通っただけだったが「あれ?ここ危険じゃね?」と感じた場所ではなかった事を少々意外に思う。

アメリカの刑務所には頭の歪んだ人間が多いそうな。 「犯罪者なのだから精神が病んでいるのが当たり前だろう」と思われるだろう、ここでいうそれは精神ではなく、頭蓋骨の方。 なんでも幼少期からひどく殴られたりしていた人間が多いのだそうな。
私は欧米人たち、その取り巻きたちを「スラムを増やしている」とし、そこから「現状に怒っている人たちの方が、感覚的に義しい側にいる」としているんだな。 ここで注意が必要なのがその対象が何なのか、つまり「スラムを増やす何か」に対して怒っているのかどうかなのだ。 ポリティカル・コレクトネスをなぞっている人たちは「怒っている人たち」と逆の方に進んでいるのだ、と、そう見ているのだと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「中国は平和の国だ」という錯覚

2017-01-12 12:57:52 | Weblog
中国人とか親中派とかの文章に「平和的な中国を外国が云々」といった類の発言が多々見られる。 そういっている側はホントにそう思っているのね。 「プロパガンダ」とか「
思想教育の成果」とかではなく、ちょっとしたカラクリがある、というのが今回のテーマ。

中国人って滅茶苦茶なのね。 一人一人が公共の秩序を尊重していない。 ちょっとでも社会の成り立ちとか考えてみる人が見たら「これ機能しないだろう」と思えるシロモノと。 でも平和なのね、一応は。
一人一人はデタラメ、なのに社会は平和で一応の秩序があるように見える。 これどうなっているかというと、裏に「殴る人」が居る。
1. 「問題を起こす人」はやくざが殴る。 一般人は知らんぷり。
2. 「問題のあるヤクザ」は共産党が狩る。 一般人は知らんぷり。
3. 「問題のある役人」は独裁者が吊す。 一般人は知らんぷり。

こういう構図。 だからヤクザが外部に漏れ続けるし、そのうち破綻する。

この構図に利用価値を見いだす。 「中国は平和だ」と言っている人たちって無責任な側なのね。 「殴る人」が、「政権」が、「独裁者」が自分たちの身内なら問題ないって思っている人たちなの。 中国を取り巻く状況はそういう人たちを識別するのに使えるの。

で思うわけだ。 「原潜持とうぜ」って。
通常型潜水艦に水素燃料電池積んで原潜に換気・水素供給用アーム付ければおもしろいんじゃないかななんて考えているんだけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「溺死したシリア難民の男児」の記事を、改めて読む読む

2017-01-10 11:28:07 | Weblog
こーゆー記事を見た時どう反応してる?
「こーゆー風に反応しないと自分を見る人たちから反感を買う」とかいった考えで態度や行動を決めていない?
「嘘だと薄々気付いていてそうした」のなら私はそれを、「悪魔に魂を売った」状態なのだとするけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「溺死したシリア難民の男児」の記事を、改めて読む

2017-01-10 11:17:56 | Weblog
正直、色々おかしいと思う。
トルコに着いた時点で「危険はなくなった」と当人達が認識していた点、選ばれたトルコからの移動手段、沈没時の状況、船長の胡散臭さ、男児父親の状態、死体を回収した人物と撮影者の距離感、海を漂流したまたま漂着したのだろう死体の状態と回収者のその取り扱い。
言っちゃ何だが、騙される方に問題があるんじゃないかなと。

んで疑問なんだが、これを読んだ人たちの目に私は悪魔か何かのように映るのだろうか。 私には人権屋について行く人たちが悪魔か何かに騙されているように見えるのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加