狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

目くそ鼻くそちんこまんこBBC

2014-04-21 21:47:08 | Weblog
書いてすぐ出してこそ喜ばれただろうにまったくなんでまた。
さて昨今の日本の情勢を私はこう見る。 東大閥に対する早稲田閥の抗争であると。
両派閥の行動様式、共に原因は孟母の害、前者の働きは労働馬として歓迎されるが
後者はまったくの害獣のそれ。 恨み辛み妬み嫉みから足引っ張りに昂じてきた
結果がいわゆる従軍慰安婦問題、これが破綻したが懲りもせず立ち返りも無く。
ここになんでBBCが係わっているのか。 ご存知だろう分割統治の外交伝統である。
それがリベラル派なのだ。 後進国の側、この場合では日本もこちらに含まれる、
の該当者らは「自分たちこそ正統」「バランス外交で利益をもたらすもの」と考え
ているのだろうが。
実はウクライナ情勢もこれなんだな。 フランスの対独政策、イギリスの大陸政策、
そしてアメリカの欧州政策。 東欧一帯の反独、反露勢力はとりあえずは温存する
そうした政策の結果もつれ絡んで皆転ぶ。 そこ一帯でまともなのは第一にドイツ、
そしてロシアなのだ。 それを逆にしているのが彼ら。

さてこの下らない地上の権威争い、摂理上の見所はどこにあるか。 罵詈雑言と
忍辱(にんにく)。 仏教で言う所の六波羅蜜の一つだわな。 一神教やってたのに
いきなり仏教か、と聞かれたらありゃソロモン王だと答える。

ではこの状況は東大閥を上げるためのものなのかと言うとそう、そうではある。
一方の早稲田閥は落ち続けている。 良い状況だと言いたいかのように見えるかも
しれないこれこの説明を、私は意味が無いと見ている。 極論を言おう早稲田閥が
一足飛びに立ち返ってしまえばよいだけだと。 それが無理だからこうしているの
だと言われればまあそうなのだろう、だがやって出来ないわけではない。 さらに
だ、予測する結果に疑問が。 東大閥は個人化する。 早稲田閥は分裂する。
分裂したそれの一方、おそらく大きい方だろう、は中国の側つまり万世一系に対す
る易姓革命の側、皆成仏に対する復讐怨恨の側へと行くだろうと。
個人化し解消された東大閥はどうか。 仮に今そうなったとしても個々には大して
変わらないだろうと見ている。 どの道「閥の権威」は放棄される、タイミングの
問題だと。 ではそれが実現する手段の問題なのか。 そうではあるのだろう、
立ち返らない人たち。 今を過ぎたとしよう彼らは立ち返った人たちになるのか。
そうとも言える。 だがそれは「自分自身でそれを選んだ結果」ではない。

さてと。 クソショウモナイ状況の次善策としてそれがある、それを理解したのだ
として何故私はここでそれに文句を言っているのか。 簡単な話だ今止めておけと、
今立ち返れと言っているのだ。
役割と自己規定の差。

さて彼らがこのまま落ちていってそれがアメリカ人中国人たちの立ち返りとなった
としよう私はそれを喜べるか。 喜べると言えば喜べる、かもしれないのだろうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霊の起源

2014-04-03 11:51:55 | Weblog
最初に、神様だけがあった。 それで良かった。 神様はそうあった。
そうあった神様が、それを、どうだろう、とした。
神様は意見を変えた。 すると、今の神様に対し、以前の神様が出来た。

以前の神様は全だった。 今の神様は意見を変えた結果全ではなくなった。
神様は意見を戻した。 神様だけの状態が戻った。

神様は、全では無い状態を思った。
ここに、全である、今の神様に対する以前の神様が出来た。

さてと。 霊とはどのようなモノなのかを考える。
・霊とは意思である
・霊は自己規定を持つ
・霊は他に対する意思であるよって他に作用する
・霊は記録を持つ
・霊の源流は神様にある
・霊は意思の実現を喜びとする
・霊の自己規定は変わる

こんなところか。 一般にある霊保存則
・霊は永遠である

は現状ここでは採用していない。
ここに挙げた特徴は実は強い霊のもので、弱い、霊なのか霊ではないのか
定まらないような雰囲気的なモノは確たる意思ではなくこれといって自己
規定的なものを持っていなかったりもするが、それらも作用があり、その
作用に喜びを見出したりしていると。

なるほど、雰囲気の霊と意思の霊と二通りの在り様があるんだな。

意思無き霊、自己規定無き霊たちの場が混沌。 霊の役割というのは自己
規定の一種で神様が与える。 霊にとっての光というのは霊に対する認識
で、霊同士の作用は匂いのようなもの。 当初、創造以前の世界では
霊たちは光の認識、光があるという感覚を意識して持っていなかったが
創造前の事故によって闇が出来、それ以前との状態差から光が出来た。

混沌とは定まらぬ霊たちの場。 物理的には盆周り、蒸気、スノーボール、
その場を支配している強い霊、霊たちが怒ると沸騰し止まると凍結する。
霊の次元での弱肉強食な状態だわな。

霊の性質は
1. 神様の「全たる」と「個たる」との間
2. 個たるとする神様の持つ「霊とはこういうモノである」という概念
3. 霊の側で持つ起源、出現時の神様の状態、及び経験から来る恒常性

の三要素から来ていると見るわけで。
1は霊全体、霊世界全体の性質でもあると。 2は物質世界創造に相当する
霊世界創造ならびに「最初の霊」の性質、初期の霊たちはそれを模範とし
自分たちの基準としていた、に由来するもの、3はそれぞれの個性なんだ
わな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加