狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

アフリカ化

2012-10-08 15:37:40 | Weblog
少し前にテレビで台風進路予想システムの比較、らしきものをやっていた。
曰く、欧州のは十日間先の予測が出来るが日本のは一週間だ、と。
周知のとおり台風進路の長期予想というのはバタフライイフェクトの例に
挙げられる位のものなわけで。
んで先日また同じテレビ局で同テーマらしきものを流していた。
実はこの夏韓国の台風予報が大ハズレばかりやっているというのが
ネットで話題になっていたりして、そこから予想されるあの国での
流れと今回目にした放送とを繋げてみると、一例として下記のようになる。
1. 韓国の台風予測が外れる
2. その事実が在韓日本人を通して日本のネットウヨクに伝わる
3. ネットウヨクに笑われる事によって一部の韓国人が現状を知る
4. 「日本は下でなければならない」という小中華思想メンツが発動
5. 韓国権力筋が日本の上探しをする
6. 欧州システムの宣伝文句を発見する
7. 「日本よりも欧州が上」とする事で韓国人のメンツが保たれる
8. 在日朝鮮人を通してこれが日本のテレビ業界に伝わる
9. この流れに迎合した番組が作られる

こんな感じか。
上記のとおりだとしてだ、予測が外れる裏にあるだろう滑稽な構図や
何故日本のテレビ業界は朝鮮人筋に迎合するようになったのかなどに
注目する事も可能だが今回はその先、「韓国のアフリカ化」を取り上げて
みようと思う。

お気付きだろう、日本と欧州の比較によって韓国人のメンツが保たれた
所で韓国人には何のメリットも発生しない。 その時点では韓国の
予報システムは駄目なままでこれによって得られたものは「なんとなく
日本より上のような気がする」だけである。 次に韓国人がするかも
しれない事は、欧州から最新の天気予報システムを輸入する事。
これによってとりあえず当面の問題は解決する。
実際に日本と欧州のどちらが優れているかの比較はさておき
自分より下の地位の者よりも良いとされる物を持っている、
これは満点の解である。 メンツ主義的には。
人口小国でもない。 技術後進国でもない。 なのに国に何が必要か、
国民に何が危険かを考えるという事をこれまでしてこなかった。
データ収集から運用までに問題があったとは考えず、そもそも
「何故必要だったのか」の認識が無いまま遠方からの輸入で済ます。
私はこれを「アフリカ化」だとした。 認識が無い所にシステムを据え
マニュアルを渡す。 高価なおもちゃに終わるのがオチだ。 まあ
権力者のメンツか宗教思想かなんらかの強迫観念にケツを叩かれるの
ならばそれなりの結果は出るかもしれない。 だが必要な物を自分たち
で開発するという所には至らない。 表面的な安心感のようなものは
風評で決まる。 それこそテレビ局でも買収すればいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極東情勢云々

2012-10-04 13:28:48 | Weblog
日中間、日朝間になにかあると化学工場なんかの爆発事故が起こるなー
とか思っている。 関連性が有るとすると現場の労組員とか隠れ過激派
あたりが犯人っぽいとなるわけで、もし逮捕されたら当人は社会悪に
対する鉄槌、とか言うのだろうが現実は自己評価だけがやたらと高いが
周囲から評価されるものは何も無いがゆえにうだつが上がらない、
そういった人間が抱え込んだ僻み根性が原因と。 独裁国家を称える
社会主義反米リベラルというまともな頭の人からすると奇妙奇天烈に
見える代物とはそういうものである、つまりエリートの地位を得たけど
実は無し、現実の社会を取り仕切っているのはアメリカルール、それが
嫌いだから有りもしない理想郷を独裁国家の粉飾に夢見るようになり
それが自身のエリートとしての正統性を保障してくれるリベラルと
引っ付いてめでたく完成と。

さて拉致問題が何故解決しないのか。
理由は明白で、北朝鮮が対日工作体制を維持したいから。 一昔前なら
さておき南進する気も無い現在の北朝鮮がそれを維持したって意味が
無いだろうとも考えられなくもない所なのだがどっこい中国やその他の
大国に対するアピールポイントにもなっている、事実過去にそれで
軽水炉を獲得している。 拉致被害者の多くは工作員の日本語教師で
これを引っ張られるとサヨク筋に居付いているチェンジリングたちが
ごっそりしょっ引かれる事になる。 こうした「国際秩序」に粉飾を
加えると出来上がるのがいわゆる歴史問題だったり。

メンツ主義の弊害がどこにあるのかだがその一つが情報の不透明化。
じゃあ人がメンツ主義に走る理由はどこにあるのかだが、僻み根性が
それなのではないかと思う次第。 自身を粉飾するウソを大事にする
人間がいたとして、周囲がそれを極力尊重するのがメンツ主義。
自身から漏れ出る現実を自分の目に入らないよう隙間なく粉飾しよう
とすると並大抵の努力では追いつかないわけで普通は周囲を巻き込んだ
挙句に破綻する。 「自身は正しい」が努力を注ぎ込んだそれなのだ
から破綻した理由は周囲にあるというのが当人の弁となるわけでこれが
「攻撃的な人」となると。 周囲に攻撃的な人のそれから取り敢えず
身を守るとすると当人の粉飾を肯定する側に回るが手っ取り早い解決
方法でありこうした文化をメンツと呼ぶと。

じゃあメンツ主義の逆はどんなものか。
駄目さの説明、そういったものになるのかな?
もちろんメンツ主義化した社会、駄目さの肯定が秩序と化した社会で
いきなりそれをやったらまあ軽く暴動から社会秩序の崩壊というのが
予想されるコースなんじゃないかなと。
そうした社会とは「騙されたがりの多い社会」であり仕立て屋たちに
とってはビジネスチャンスの多い場所だったりもして。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加