狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

戒律について

2009-08-31 13:17:25 | Weblog
戒めが
色々あって
解釈が
色々あって
唯我独尊

さて、今回の選挙で自民党支持を止めて民主党に投票した人達は
ネットウヨクが嫌いな人達だそうな。
日本国民の多くが、ネットから掲げられた歴史観、社会観を拒絶した。
彼らの拒絶した側に私も含まれる。
あーあ。

さて、戒律について。
日本には戒律が無いという説と、有るんだけれども意識することが無いという説とがある。
いずれにせよ日本人は一般に、戒律を意識しない。

豚肉を食べないことを始めたのが四月下旬。
食べたのが先日なので戒律行動を取っていたのが、だいたい4ヶ月間。
そこから感じたことは、戒律は意外と良いものだということ。
日本では一般社会における戒律とは、宗教権威でもって未開人にルールを押しつけるもの、
現代社会では意味を無くしたものと解釈される。
だが行動と信仰として捉えると、現在もその価値は変わっていない。

じゃあ現在の、西アジアを中心に存在する戒律社会が良いとかというと、
そうは思わない。
国際ニュースを見ると戒律の特定の解釈を強要する人達で溢れている。
彼らは、おかしい。

戒律の利点はこんな感じと。
・行動判断の助けとなる
・行動することで自分の信仰を随時発見できる
・行動の結果から自分が許されていることを発見できる

欠点はこんな。
・社会的には人から渡される形になっている
・同じ行動を取る人達と群になる
・同調圧という形で守ることを要求される
・形式主義に陥りやすくなり社会予測が蔑ろになる

私の結論は、子供に対しては「殺さない」以外は戒律が無い形を基本として、
一人一人戒律を選んでいくのが良いと。
つまり、今ある戒律社会は一度、解体されるべきだと思う。

イエス氏が「見るのも姦淫」としたが、性欲を持つ人が
現代社会でこれを守るのはほぼ不可能だ。
これは戒律強要に対する戒めだろう。

自民党の皆様、しばらくのんびりしていて下さい。
ここ数年あなた方が拒絶してきたのは、マスコミサヨクの価値観。
その方向は正しかったと思っています。
私はこれからの期間からあなた方が「逃がされた」と解釈しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開発独裁について

2009-08-30 23:58:55 | Weblog
切り開き
道路作って
水汚し
人物金が
国に循環

そろそろ民主党が勝っていることでしょう。
私の彼らに対して持っている感情は、敵意と言うのが近いと思います。
何故敵意を持つのかの理由は色々思いつきますがその内の一つが、ウソですね。
不満を平和と言い換える。
嫉妬を平等と言い換える。
現実逃避をアジアと言い換える。
彼らは、彼らの支持者は、嘘吐きだ。

さて、開発独裁について。
私は開発独裁推奨派です。
理由は簡単で、国民国家共同体を機能させるには国民を食べさせることが必要で、
それを実現する手っ取り早く確実な方法が、開発独裁だからです。
宗教信仰心でも国民国家が可能なのではとも思いますが、こちらは今のところこれ
といった手がかりが見当たらない。

工業化や社会インフラの開発を進めていくと当然、公害などの問題が出てくる。
どうするか。
適当な所で開発を諦めるしかない。
独裁者の勢力が開発路線を諦めると、そこで民主化が実現する。
諦めはどちらかというと早い方がいい。

ここ最近の海外メディアの日本ニュースは、政権交代礼賛一色となっている。
その辺の意図を一般的な日本語で書くとおそらくは、カモネギ。
まあ、好きにしてみればいいんじゃないかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地下資源について

2009-08-30 12:14:30 | Weblog
掘り出して
洗って売って
金儲け
掘って掘っての
後は野と山

豚インフルエンザが世界で猛威を奮っていると。
被害に遭いやすいのが乳幼児と妊婦とか。

さて、地下資源について。
現在地下資源の多くは後進国にある。 理由は簡単で、先進国では多くが既に
掘り出されているから。

中央政府がある。
一般に、国民から税金を徴収して運営される。
税金を納めるその対価として国民が得るのが、
1. 内乱抑止
2. 社会インフラの整備
3. 犯罪抑止
4. 経済の安定
5. 各種社会保障

数字が小さいほど中央政府関係者に実現させる意思があることが多いもの。
どの政策にも様々な利権集団が取り憑くわけですが。
二番目に来るのが社会インフラの整備。 とりあえずそう仮定して話を進める。

さて、貧乏国の貧乏政府が社会インフラの整備を進めようとする。
当然の話だが、それをするためのお金がない。
一般に選択肢は三つくらい。
・援助に頼る
・権利を売る
・やりくりする

どの方法でも資金が内乱抑止政策関連利権集団、言い換えると成り上がりゲリラに
流れていったりするわけですがまあ、とりあえず当局が真面目に手っ取り早く
社会インフラの整備を考えたとすると、現実的なのは権利を売ることと。

貧乏後進国の中央が、インフラ整備と引き替えに国内の団体に権利を売った。
何が起きるか。
何も起きない。
正確には、インフラ整備が進まない。
ノウハウ無し、人材無し、手段無し、監視無しで権利だけ持って行かれておしまいと。

貧乏後進国の中央が、インフラ整備と引き替えに国外の団体に権利を売った。
何が起きるか。
何も起きないことがあるのは国内の団体に売った時と同じ。
とりあえず運が良かった、監視監督が上手く行ったなどでインフラ整備が進んだとする。
まあ目出度し目出度しだが、権利を買った団体は権利を行使する。
地下資源の場合は掘削する。

中央政府の位置する場所と掘削地の位置する場所は普通は離れている。
一般に開発済みのが首都になるから当たり前といえば当たり前。
掘削に伴って土砂が出る、鉱毒が出る、流民が集まる、売春所が出来る、
機材や資源を運ぶトラックが昼夜道路をかっ飛ばす。

権利団体にしてみれば困難なインフラ整備に見合う利益を掘削資源から引き出さなければ
採算が合わない。 破産する。 路頭に迷う。
必然的に周辺住民の生活への考慮は後回しになる。

掘削地周辺住民にこの構図はどう映るか。
中央政府関係者が自分たちの土地を売って、懐を潤した。
先進国のろくでもない連中が大挙してやってきて、土地を荒して流民を引き込んで
継続性の無い形で搾取している。
必然的に、そうなる。
インフラ整備が上手く行き、公正な取引が行われた結果で、こうである。
当然社会が不安定化していく。

この構図、先進国でも同じになるはずである。
が、先進国は不安定化していない。
いろいろと政治的な調整が働くからで、問題がそれほど肥大化しないだけかなと。

じゃあ後進国で掘削を進める場合はどうするべきか。
政治を機能させる。 中央と掘削地の情報距離を縮める。
どっかまともな国から監視員に来てもらう。
あとは適宜政治判断をしていくしか無いかと。

はてさて今日は選挙の日。
マスコミに煽られた日本国民は賭博人、麻薬人、売春人、詐欺人、嫉妬人、不満人、
マルクス主義復讐者にデイドリーマーの融合した、奇妙な物体を選ぶ。
氷河期と呼ばれる就職難時代の始まりを告げたのは1990年代政権交代でしたが
今回のがあれより良い結果になる理由が見当たりません。
これから始まる時代に、というより今終わる時代に相応しい結果が出るでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンゴ民主共和国について

2009-08-30 00:18:11 | Weblog
難民の
逃げたその先
紛争地
有って無くての
嬉しい資源

先日、夢にネコが出てきた。 もうすぐ二周忌だ。
私が布団でごろごろしていて、ネコがその近くでイクラを食べていた、気がする。
幸せだった。
あれが私の幸せなんだ、と思った。

コンゴと言うとコンゴ民主共和国とコンゴ共和国があると。
一般にニュースになる、まあほとんど戦争のニュースですが、のが民主共和国の方。

依然として東部で紛争が続いているとのこと。
自衛隊を再度派遣するべきかと。

国内をぐるりとコンゴ川が反時計回りに流れていて、下流に首都キンシャサがある。
大きさは、大きい。 日本で言うと北海道から九州が入り込むくらい大きい。
東西に2000kmに、南北に2000kmくらいあって、首都が西の端にある。
西のコンゴ川対岸にコンゴ共和国、北に中央アフリカ共和国、北東にスーダン、ウガンダ、
東にルワンダ、ブルンジ、タンザニア、南東にザンビア、南西にアンゴラ。

歴史的にはコンゴ王国があってその後ベルギー植民地、動乱のちザイール共和国で
モブツ体制崩壊で国名をコンゴ民主共和国に変更。

民族も言語も多様でインドと同じくらい複雑なんじゃないかと思える。
そうなると逆になんでインドが有る程度治まっているのかかが不思議になってくる。
最近アフリカの状況がマシになってきているように思えるので、
そのへんが独立からの期間20年の差なのかもしれない。

首都が西で、紛争地域がもっぱら東。 その距離2000km。
東京から上海くらい離れている。
国は貧乏、交通網の整備は遅れていてあちこちの国が地下資源利権目当てに介入したり
難民が流入したり。 エボラ出血熱もあったりする。

紛争難民を道路工事に吸収するのが手っ取り早い安定化方法なんじゃないかと愚考。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬物依存について

2009-08-29 21:29:12 | Weblog
友人が
勧めるままに
自分やり
やってまたやり
やるために生き

依存性薬物の常用に到るプロセスを考えてみる。
1. 友人に勧められる
2. 勧められるままに使用する
3. その友人と親しくなる
4. 自分から薬物を求めるようになる

1及び2が無ければ薬物依存には到らない。 なんらかの方法で強要されない限り。
3があるからコミュニケーションツールと言われたりするわけですが、
依存状態は4からとなる。

何故友人は勧めるのか。
・コミュニケーションツールとして利用している
・仲間を増やしたことを仲間に誇れる
・良い物だと思って勧めている
・営利目的

勧誘に成功した場合、何らかの形で社会報酬、友情なり金銭なり、が得られる。
営利目的で無い限り薬物乱用の弊害に対する認識は甘く、外部から与えられたとしても
自分が使用した事実と価値観が矛盾するため、否認する。
医者がタバコを吸っているのが現状だ。

依存薬物の蔓延を防ぐにはどうするか。
断る社会にすればいい。
友人の勧誘に対してNOと言うのが正しいとされる社会、
まず断わり、自分で調べ、自分で考える、
そういう社会にならない限りは悪癖の蔓延は止まらないだろう。

交友関係を通して蔓延する。
これをどうするか。
逆用する。
交友関係を通して、抑止の情報を流す。
薬物蔓延防止週間を作り、親族友人会社関係でメール、電話、手紙、あるいは直接
「やるな」と言うようにと啓発する。

過去に使用した人はどう扱うべきか。
少量所持の合法化はナンセンスだ。
若年者への蔓延のハードルを一つ外すことになる。
時効を短く設定すれば良い。
一年で時効なら、一年所持使用しなければキレイになる。

カッコイイ、ファッショナブル、大人だ、男らしい、一回経験、みんなやっている、
これらの価値観は、全て必要ない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タンガニーカ湖について

2009-08-28 12:15:03 | Weblog
古代湖の
漁業盛んも
ティラピアの
固有種豊富
何を優先

アフリカ大陸で最も深い、世界で二番目に古い古代湖だそうな。
北東にブルンジ共和国、東にタンザニア連合共和国、南にザンビア共和国、西にコンゴ民主共和国。

ブルンジは世界で最も開発が遅れている国の一つだそうな。
輸出はコーヒー、茶、綿花。 モノカルチャーの臭いがする。
ツチ族、フツ族の対立があり、一時期駐留PKOが主要産業になっていたらしい。
去年和平合意に達したとか。
タンガニーカ湖のほとりに首都ブジュンブラが位置している。

ザンビアは旧ローデシア、東京オリンピックの最中に国名が変わったとか。
国名はザンベジ川から、自然が多く残っているそうだ。
国民は貧乏らしいが経済は順調に成長中とのこと。
銅の産地で、日本の十円玉にも使われているそうな。 一枚取り出したら平成元年
と書いてあった。 これにも含まれているのだろうか。
ムプルングがタンガニーカ湖の南岸に位置。 水産業が盛んらしい。
比較的水が有る方の国との印象。

コンゴ民主共和国は世界最貧国の一つだそうな。 1997年までザイール。
西にコンゴ共和国。 
国をぐるりとコンゴ川がながれ熱帯雨林となっていると。
その源流の一つがタンガニーカ湖から出るルクガ川。
地下資源が豊富だが自然が強く交通網の整備が困難。
その結果、内乱が頻発していると。 なんか色々と滅茶苦茶。
タンガニーカ湖側がごっそり内戦地域っぽい。

タンザニア連合共和国
タンガニーカ湖沿いがキゴマ州で、漁業が盛んだとか。
首都ダルエスサラームの反対側だが鉄道が延びているらしい。
法律上の首都はドドマ。 タンザニアのほぼ真ん中。
カランボ滝がタンガニーカ湖南端にあると。 タンザニアとザンビアの国境。
ゴンベ国立公園はチンパンジーの研究で有名らしい。

適当に調べてみた結果だが、やはり内乱抑止が最優先との結論。

メルケル氏とネタニヤフ氏が会談。
http://english.aljazeera.net/news/europe/2009/08/20098271348926792.html
ヨム・キプール戦争から36年ですか。
私にとってはネットの上の情報でしかないですけれども人によっては人生の記録。
エジプト、ヨルダンが今後十年でイスラエルと戦争になる可能性はほとんど無いと
見ていますが、それが正しいとするとイスラエル人のパレスチナ人に対する敵意に
国防上の理由はほとんど無いことになります。

中国当局が断食月に食事を強要とのニュース。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090827/chn0908271218003-n1.htm
当局はなにをしたいのですか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨブ記について

2009-08-27 23:09:40 | Weblog
失って
義人のたうち
苦しむも
問いに答えぬ
饒舌の吟

ネットでヨブ記の解釈をいくつ読んだ。
私はそれらとは違う、非常に単純な、簡単な解釈を持った。

ヨブ記は物語中のある真実に気付くことによって、ある結論に到り
それを伝えないことで物語の参加者になれる話と受け取った。
が、解釈者達は違うようだ。
彼らが参加者として振る舞っている、ようには見えない。

ここには私の解釈は書かない。
どうしても知りたければマフィアにでも聞いてみればいい。
おそらく彼らは私と同じ結論に到るはず。

マフィアに聞けない、聞いても教えてくれなかった、あるいはどうしても自分で
私と同じ解釈にたどり着きたいなら、後から読んでみればいい。

日本の、毎年恒例のニュース。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090827/crm0908272030028-n1.htm

今日、豚肉を食べてきた。
レストランに入り、偶然や間違いではなく、自分の意思でカツ丼を頼んだ。
食べた。
美味しかった。
イスラム教徒に喧嘩を売りたいわけではない。

豚肉食は太る傾向があるので、自分の健康のために避けようとは思う。
が、豚肉を食べることが悪ではないとの結論。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

淫行について

2009-08-27 16:04:39 | Weblog
暇な時
何をするかで
その人の
向いていること
出てくるらしい

エドワード・ケネディ氏死去だそうです。
http://cnn.co.jp/usa/CNN200908260013.html
77歳。 今年の一月に入院。
オバマ氏に託された形になっていますね。

ロシア大統領の演説とか。
http://mainichi.jp/select/world/news/20090827k0000m030122000c.html
……歴史歪曲許さず?

さて、淫行について。
古今東西様々な宗教で淫行は罪だとされてきたわけですが、
何故罪なのか、何が罪なのか、そもそも罪なのか、考えてみる。

セックスすると子供が出来る。
だが乱交状態だと養育の責任が不明確で、子供が保護を受けられないケースが多発する。
旧来の価値観を踏襲するのが右派で、避妊でいいじゃん堕胎でいいじゃんってのが左派。

セックスすると考えることから遠ざかる。
これはまあ、遊びはほどほどに、という結論に到る。

現在の考えは結局、避妊は適宜、出来ちゃったら結婚しろ、
堕胎は強姦被害者で結婚できず養育環境も無い場合のみ黙認、
商業主義セックス教団はさっさと滅べ、という極めて保守的な結論に。

ダライ・ラマ14世、訪台。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090827/chn0908271203002-n1.htm
ラマが敬称に相当するはずだが、氏を付ける方が正しいのだろうか?

ワクチンの接種を子供優先にとの要請。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090425-436828/news/20090825-OYT1T00680.htm
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090827-OYT1T00363.htm
当然ですね。
急いで下さいと言っても無理なんでしょうが、今打てる手を打っておいて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人口増加について

2009-08-26 23:23:05 | Weblog
股間より
出る体液の
向かう先
十月十日で
老後の保障

やっぱり今回もヒューマニズムを掲げるデイドリーマーの皆様方にとって
見たくも聞きたくもないだろう結論が出ましたが、まあ読んで判断して下さいな。

人口爆発について、いくつかネット上のサイトを見て回ったが、
グローバリズム、モノカルチャー、公衆衛生、無知、貧困。
ピンと来ない。
ピンと来ないから考えてみる。

先進国では人口が減少する傾向にある。
何故か。
子供を作らないからである。
子供を作るのは厄介だという考えがあり、実際に厄介なんだろう。
各人が現在の生活を子供よりも上に置いていると。

後進国、人口増加国はその逆だと仮定する。
現在の生活が子供の厄介さよりも下との考えがあると。
実際そうなんだろう、これをいくつかに分ける。
・現在の生活がクソ
・セックスしかやることがない
・避妊が嫌かつ避妊具の入手に手間がいる
・子供を放置しても問題視されない
・子供を働かせればいい

クソな現状を投資すると、それなりの確率で楽な老後が手に入る。
人口爆発で国家が崩壊する危険があるにせよ、それも結局クソな現状の一部でしかなく、
仮に内乱になったとしても移民輸入国に送り出せばよいと。
移民先で成功する子供が出たらそいつに取り憑けばいい。
もともと投資なのだから。
後進国の人間に社会崩壊の危機を教えた所で、クソな現状が認識以上にクソだ
と言っているに等しく、「投資の勧め」にしかならないわけだ。
すでに投資した分についてもクソな方が美味しい。
子供が自発的に移民労働者になってくれる。

じゃあどうするか。
私なら人口移動を制限する。
投資先がクソな現状だけなら、国の未来を考えるようになるだろう。
他に簡単な方法としては、娯楽を増やす。
例えば母国語でマンガが読めれば、少しは地域への愛着が出てくる。

まあ根本的な問題として、人口抑制が正しいか、という話が残るのだが。

いろいろ南米。
http://cnn.co.jp/world/CNN200908260015.html
http://cnn.co.jp/world/CNN200908260024.html
私と逆側、さようなら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本について

2009-08-26 12:02:23 | Weblog
商業の
繁栄よりも
皆食える
状況こそが
尊いと見る

ブラウン氏とネタニヤフ氏が会談。
http://english.aljazeera.net/news/europe/2009/08/2009825205852713835.html
表に出てこない情報が沢山あるのでしょうからよくわかりませんが、
イギリスはこの問題に関する歴史的経緯から、公正という結果を欲しているはず。

ギリシャの山火事が鎮火傾向とのこと。
http://cnn.co.jp/world/CNN200908250018.html
災害に対する日頃の備えが足りていたか疑問を持った。

さて、日本について。
ユーラシア大陸の東、太平洋の北西に位置する日本列島および琉球諸島を中心とする島国。
北にロシア、北西に朝鮮半島、西に中国、南西に台湾、フィリピン、マリアナ諸島があるが
日本国と接する陸の国境は無い。

民族はヤマト人が98%、他に沖縄人、アイヌ人、朝鮮人、中国人。
ヤマト人、沖縄人、アイヌ人を併せて民族的意味で日本人とすることも多い。

国土の大半が山林地域で、地震、台風、大雪、津波、火山噴火など、災害が非常に多い。
近海は北と南から来た海流がぶつかる世界有数の漁場で、魚をタンパク源としてきた。
最近は牛肉などの輸入が増えている。

鉄道が発達していて、時間に正確で人口密集地では本数も多い。 バスも多い。
国内中距離の移動には高速鉄道が、長距離には飛行機が用いられる。
日本列島周辺諸島への移動は一般に船が用いられるが、こちらは本数が少ない傾向。
食文化、オタク文化、携帯電話文化などが独自の発展を遂げている。

宗教は99%が仏教と神道。 質問された場合は仏教徒あるいは無宗教と答える人が多い。
他にはキリスト教など。 キリスト教人口は少ないが文化的影響力は強い。

覚醒剤売買は殺人に準ずる犯罪かと。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090825-OYT1T01360.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加