狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

心斎橋店事件について

2007-05-31 01:19:58 | Weblog
文化人
電波利権に
集りつつ
したり顔して
社会の闇と

情報が錯綜していてなにやらよく判りませんが、
http://www22.atwiki.jp/pepper_rape/pages/1.html

文春が報道し、毎日系がスルー?



結局の所はマスコミが信用されていないということなのですが。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

愚考

2007-05-30 00:30:53 | Weblog
農作業
エコロジストが
体験し
もううんざりだ
農薬使え

松岡氏は何を理由に自殺したのか?
他殺ではないのか?
遺書は本物か?
教唆は無かったのか?
実は生きていたりはしないか?
自民党を守ろうとした?
農政を守ろうとした?
国民宛の遺書の真意は?

朝鮮総連が個人から億単位の献金を取っていた時代に数百万円。
いっちゃなんだがしょぼい。 個人的には財産だが。
金がないのが当たり前、食べれるものを作ってるのが強みの農業関係者が
企業や合法非合法諸々政治団体と張り合おうとしたのなら確かに
そういう額になるのでしょう。
そしてそこに、松岡氏がなんとしても守るべきと判断したものがあった?

サヨクが壊滅したので次は農地改革かなとか考えていましたが、
延期ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和食認証制度について

2007-05-29 00:33:32 | Weblog
どの辺が
ナショナリズムか
スシポリス
謗る市民の
胡散臭さよ

松岡農水相が亡くなられたそうです。
死因は自殺との発表。
ご冥福をお祈りします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年金について

2007-05-24 22:30:00 | Weblog
くもの糸
自分の下で
切り落とす
後から来るは
上がる価値無し

日本のGDPは500兆円、国家予算は150兆円くらいだそうな?(CIA調べ)
FACTBOOKとやらから拾ってきただけの数字なのでどこまでホントか知らないし
確認する術も無いけど、まーそんなもんなんだろう。
日本の人口はだいたい1億2000万人だから、平均すると一人あたり年4~
500万円くらい使ってることになるわけだ。
仕事で使うのも含めての話だが。
近い将来4人に1人が年金受給者となるとか。 とすると3000万人。
1人あたり年80万円受け取るとすると、24兆円。 税収の16%くらい。
月6万6000円。 一人暮らしなら充分やっていける金額。

仮に私が独裁者だったとしたら、年金をどうするか。
年金そのものを無くすというのも一つの案だが、とりあえずそれは却下とする。
どうするか?
税収連動性にする。
国家予算の一定割合を年金とし、全受給者で等配分。
誰かが多く取るということは別の誰かの分が少なくなるということ。
一定年齢以上の国民は無条件で受給者。 国民年金なのだから、当たり前。
それとは別に、老人住宅を建設。 公共事業。
家賃は二万円以下。
終の棲家。 医食住近接でコストを下げる。
公共事業であちこちに建てる。 まあ、土地の安い所。
税収に連動させるメリットは、老人が税の番人になる点。
人生経験を政治監視の役に立てて貰いましょうという話。

さて予算をどうするか。
消費税アップとか話してるみたいだが、ガソリン税の一般会計化が先かと。
昨年末にマスコミが盛大に安倍バッシングしてる間
ひっそりとポシャった様子だが、やるべき事に変わりなし。
まあ道路も必要だろうけど。 特に地方では。
優先順位でいくと、公共事業全般、借金返済、年金、道路の順。
一般予算の枠内から道路を捻出。

増税するなら不動産税でしょう。
税金は所得の再配分ですから。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

氷河期世代について

2007-05-17 23:11:46 | Weblog
大学を
出れば天国
教えられ
世に出てみれば
八甲田山

来年度卒業予定者の求人倍率が2倍を超えたとか。
朗報ですな。
今の四十代、五十代が、バブル水準の待遇を要求することで積み上がった借金と
彼等の価値観が作り上げた乱費・浪費文化が、民間レベルで消つつあることを示して
いるのでしょう。
二十代、三十代の犠牲の上にですが。

朝日だの岩波だのの聞屋だか文化人だかは景気回復による格差社会救済は無いとか
言っていますが、嘘ですね。
逆でしょう。
景気回復無くして失業者の救済は無い。
仕事がないのに社員を雇う企業は資本主義社会ではまず無いでしょう。
いくらでも替わりがいるからこそ足蹴に出来る。
賃上げ無くして景気無しと言っている面もありますが、これも大嘘。
財布のひもを堅くしているのは雇用形態の不安定さ、失業の可能性では無く、
一旦失職したら収入を得ることが困難な点。
労働者が無理難題を受け入れるのもそれが原因で、辞めてもすぐ次が見つかる
ようになればサービス残業も自然と減っていくでしょう。
その第一歩が、新卒失業者の消滅。
それがそのうち派遣、フリーターの待遇を押し上げる。
既得権階級の面々は新たな奴隷の確保に美辞麗句を並べ出すでしょうが、
取り合う必要は無い。 無視するに限る。

馬鹿の一つ覚え的にサラリーマン至上主義を連呼するフシアナ文人ばかりの
マスコミがどう捉えるかはどっか適当な所に置いておくとして、
とりあえずは目出度い。
これから出てくる新社会人達は、技能を伸ばす機会を奪う不必要な苦労を
負わずに済むのですから。

巨大な氷塊はこれから少しずつ、ゆっくりと溶けていくでしょう。
氷塊まっただ中にいる人達はまだまだ苦労が続くということですが……。

民間企業の次は地方自治体の借金ですね。
はてさて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

利子について

2007-05-10 22:42:44 | Weblog
働くな
俺が無能に
見えるだろ
会社人の
本音はここら

フランス大統領にサルコジ氏に決まりましたな。
で、暴動と。
「リベラル派が正体を現した!」みたいな?
というわけで、なんとなくフランスワインを買ってみたり。
はてさて。



人間は、使う側と使われる側とに分かれる。
時と場合によって入れ替わるが、ずっと使われる側の人もいる。

さて、利子について。
利子とはなんぞや?

お金を貸す。 すると貸した期間で利子が付く。
貸し倒れに対する保障と言う人もいるかも知れないが、
担保があっても利子・利息が付く。
お金のレンタル費である。

じゃあ具体的には、何を貸しているということになるのか?
お金は物、情報、サービスなどと交換される。
一般には。
それから見ると物、情報、サービス使用権貸与の対価である。
つまり利子は、一時的な特権譲渡の対価である、となる。

利子が不平等なのでは無い。
不平等があって利子が発生する。

と言うことは、社会の不平等を減らすと利子が下がる?
貸し倒れ保障分とインフレ分は残るんだろうけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貨幣について

2007-05-03 23:42:39 | Weblog
新人費
不況まっさき
削られた
早くそこどけ
団塊世代

貨幣とは何か?
交換券である。
お金を払って、物を買う。
物を売って、お金を貰う。

では貨幣は物々交換仲介券か? 流通交換券か?
私は貨幣とは、労働交換券と見る。

我がお金を使う時意識するのは、その物品、またはサービスにかかった
手間暇である。 一万円とは缶ジュース百本分ではなく、読み書きソロバン
の出来る日本人がそれほどきつくない、技能を要しない作業を朝から
夕方までした時の対価と見る。 まあ、だいたいは。

そう解釈するとインフレーションとはどうなるか?
「過去の労働」の価値低減である。
去年は去年、昨日は昨日、今日もしっかり働くべしと。
そしてそれは、過去の成果に対する再解釈として機能する。
昔は評価された、あるいは昔は騙せた、でも今はどうだ?

そう、過去の不平等はインフレによって圧縮されるのである。

ならばデフレは?

過去の対価が増幅される?
以前の成果が美化される?
昔まかり通った詐欺が、捏造が、搾取が、
固定化され神格化され、さらなる不平等を産む?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加