狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

文化について

2008-11-08 22:57:16 | Weblog
押しつける
なれ合い心
共通の
空気貪り
ただ腐りゆく

はたして諜報活動は「見合う」のだろうか?
たしかに情報は必要だろう。
だが、諜報員が入り込む過程で暴力統率者を増長させる、
構成員の疑心暗鬼を誘う、観測気球が対立を煽るといった面も小さくないはず。
ネットによって情報がフラット化したというのなら、不特定多数への直接説得という
正面突破も可能なのではないかと思う。

文化について。
現代文化は大恐慌の断絶からヒリ出されたと見る。
政策でも科学でもなく、旧文化が継承されなかったことにより、新文化が生まれる余地が出来たと。

部族社会から武力対立を根絶することの困難さは、
タバコ文化を抹消することの困難さと同種のものと考える。
一旦「文化」に感染した人間が、健康な状態に戻るのには困難が伴う。

つまり、殺し合い文化の抹消を考える人間にとって、これから数年はチャンスなわけだ。
疫病の如く広まる「文化」が、失業層という壁によって、世代間での感染力を失う。

おそらく十数年後に旧来の、因習を多分に含む「文化」に感染しなかった世代による
「文化の審判」が来る。
それに伴い民族・地域集団も分裂、再編される、かもしれない。

まあ来るとしても当分先の話であり、その時私は過渡期の人間ではあっても
新時代の人間には成り得ないわけだが、それはそれで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メンツについて | トップ | アファーマティブアクション... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事