狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

犯罪者について

2010-08-02 18:59:36 | Weblog
良し悪しの
判断の素
好き嫌い
痛みあっても
無くても嫌い

犯罪者とされる人とはどんな人たちか。
所有意識が法が定めるそれとかけ離れていて合わせようとしない人。
公的とされている何かに敵意を持ちそれを破壊行動にする人。
行動が周囲がマナーとするものに合っていない人。

軽犯罪に走りがちな人とはどんな人たちか。
自分と周囲を良くしていこうという方向性を持つことが無い人。
良くしていこうという方向性を持つ事は有ってもすぐ無くなる人。

私が劣悪種とするのはどんな人たちか。
良くしていこうという方向性を毛嫌いする人。
悪意つまり周囲を悪くしようとする意思で行動する人。

所有意識の差は身近な例だと傘や自転車の泥棒、
知的所有物の不正コピー問題や交通費などの不正支給など。

破壊行動の例は学校の窓ガラスを割るといったものから
道路や公共壁のペインティング、野良猫なんかの虐待、
しばしば些細とされる例だと夜中に響く酔っ払いの罵声など。
思想統制国と呼ばれるような国では現体制の政治思想に
疑問を持つことがこれに相当するとされたり。

行動とマナーの不一致は逮捕されるような例だと
猥褻物陳列罪。

周囲を良くしない人とはどんな人か。
スラムの住人を食い物にするチンピラがそうだと言えるが
スラム以外の場所にも多いと思われる。

良くしていこうという方向性が無くなる人。
酒、麻薬、賭博といった依存症全般、風俗に入れ込みすぎ、
社会からそれほど問題視されないものだとダイエット失敗など。

方向性の毛嫌いは、実際には方向性によって変わってくる。
保守派とリベラル派は互いに相手を良くしようとしない人たちだ
と断じたり。
方向の判断には経験と予測、起きた結果と原因を自分で調べること
などが必要になってくるわけなのだが、私は
夜の繁華街を避けろ言う方が正しいと見る。

悪意の行動。
殺人などが判りやすく、内乱への道作りなどもこれ。
身近で小さな例だと賭博の勧誘、飲酒強要など。
規模の大きいものだと希少物への人気扇動がこれに含まれると見る。

さて問題だ。
どのような犯罪者が逮捕されないと社会が悪くなるのだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の自称インテリについて | トップ | 何故ロシアはマフィア国家化... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事