テレビで一番きれいなもの

2017-05-20 05:01:55 | Weblog
テレビの競馬放送が、意外と「きれい」な事に気付いた。  ここで言う「きれい」とは見た目でも聞きやすさでもなく、その場の人の、目的の方。 「先頭は何番ナントカ鞍上は某騎手、第nコーナーを曲がり向こう正面坦々と進んでいます続く二番手」みたいな、例の。 これだけで何の事か解る人は少ないと思う、肩入れが無いのである。 いや個人のそれがまったく無いという事は無いだろうし実際にはアナウンスする人にもよるだろう、だがとりあえず昨今聞く、別に聞きたくて聞いているわけではない、範囲では、定型文を用いて競馬場の状況を伝え続ける、どの馬が勝ってもそれを称えるのを当然とする、といった事を実践していると。 これを「きれい」とした。 つまり他ではできていない。 野球だろうとマラソンだろうと、水泳だろうとゴルフだろうと。 汚い事を目的とした人間だらけである。 まあ国際スポーツと野球のチーム応援は「自国を応援する」「放送局別に応援する球団を持つ」というルール分がなされているんだから別っちゃ別なんだが、選手応援で結局駄目な状況を醸している。 こうした場は滅んだ方が良い。 テレビ業界は死滅しろ。

茶会。 英語にするとティーパーティー、だが多くの場合、主役は主婦である。 彼らはそこに、ヒエラルキーを作る。 これが駄目。 下位者の夫が「ネタ」として饗される。 多くの女たちはそれこそが人生の目的だと言わんばかりの様。 そして「ネタ」に虐げが発生する。 下位者たちがそうする。 彼らは地獄を作っているのだ。
スクールカースト。同じ事である。 下位者貶め、誰かを足蹴にする事、誰かが足蹴にされるのを眺める事を生きがいとしている。 それが無いと死ぬらしい。 お前たちがクズなのだ。 遠慮せず死ね。
遡って、茶会が駄目か、というと、そうではない。 要は「貶めのための場」としなければいいだけの事。 ただし今の女たちに、場をそのようにする事ははで出来ないだろう。

日本の、民進党。 旧民主党だわな。 の、なんとかって議員、比較的名前が通っていたはずだが覚えていない、価値もないが、その誰だかが、数か月前に面白い事を口走ったらしい。 なんでも、「安倍政権の閣僚を一人も落とせなかった」とかなんとか。 選挙戦での対決ではなく、マスコミと結託した、でっち上げでも何でもの「騒動」で閣僚を辞任に追い込もうとするあれについての発言である。 政策でもない。 法案の成否でもない。 選挙の有利不利でもない。 単なる閣僚の「数」を競っていたんだな。 なんか臭いと思った人多いだろう、私もこれ裏があると見る。 中国政府あたりが懸賞金でも懸けているのだろう。 つまりスパイ活動であり、中国への売国である。 政策でも政争でもないのだ。 直接金品の類を受け取っているのだと。
この手の騒動を見る度思う。 アメリカ民主党、国務省も一枚噛んでいるに違いない、と。 そんな彼らにはアメリカ史永遠の汚点にでもなってもらおう、とする次第。

不二家騒動。 洋菓子メーカーの不二家がTBS周辺集団にターゲットにされた騒動だったはず。 なんでも韓国資本が関わっていってか。 こう書くと「企業買収関連騒動など何時でもある」となるだろう、だが公共電波を認可されたテレビ局が裏で加担していたとなると処罰の対象とならないのは異常だ、といった話となる。 さらに書こう。 韓国資本は駄目だ。 海外資本全般平均が日本のそれよりも駄目だが、特に駄目。 韓国が「ヘル朝鮮」と呼ばれる状況となっている、理由の一つがサムスン。 韓国が駄目。 日本のヤクザ、それと中国支援テロ組織の双方に在日朝鮮人が多く参加しているのはアメリカでも報告が挙げられている、周知の事実だが日本のマスコミと韓国との中継が、それら。 「ヤクザが仲介しているから日本のマスコミと韓国政府との関係は駄目」というのが正確なところだが今回のテーマはテレビでヤクザ云々は常識。 「韓国が駄目」という表現で問題なし。
もっと言うとな。 マスコミは「日本のヘル朝鮮化」を望んでやってる。 彼らが騙される一方の馬鹿なワケないし経済界の癒着と腐敗も彼らの日常茶飯事だ。 知っててやっている。 多少の利益を捨ててでも推し進めようとする。 まあ韓国政府から金、買収工作、が出るんだから利益にもなるんだけどな。

朝の連続テレビ小説の、「まっさん」だったか。 去年のだったかな? 放送回一回を、「米軍貶め」に使っただろ。 見ちゃいないが毎回何かしらかやらかしていたのだろう、正直この一回だけでもNHK及び監督省庁関係者を「駆除対象」とする理由に十分なんでな。 とりあえず「札付き」扱いにはする。

日本のテレビから放たれる死臭腐敗臭の中で、きれいなもの。 筆頭に挙げるのは「ピタゴラスイッチ」だな。 続いて放送大学の、理系の番組。 あのぱっと見、ものすごくつまんなそうな、あれ。 囲碁将棋の対局の部分もわりとマシだわな。 ここに競馬中継が加わった、趣味では無いけど。 こんなもんである。 惜しむほどのものか、と問われれば、そうでもないな、とするところ。 なんせ他の悪影響の方が圧倒的だ。
だがだ。 問題は旧人たちの「貶め欲」なのだ。 彼らがそれを求め、テレビ他が応じている。 結果純度の高いそれがテレビ業界にある。

スマップ解散騒動は傑作だった。 あれでいい。 汚物は汚物として知られた方が良い。 被害が少なくて済む。 テレビ業界全体、監督省庁共々ああなればいい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「××になりたい」にご注意 | トップ | 速さ自慢と新人いじめの関係 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL