ミグの「右肩上がり同好会」

移動カフェ店長の日々の生活と仕事の様子などを綴っております。

2号車のこと

2017年04月05日 | イベント出店 ワーゲンバスの事
初出店、大きなトラブルもなく、概ね好評のうちに営業を終えました2号車。
日曜日、イベントへ来て下さいましたお友達の写真家様に画像を撮って頂きまして
使用許可も頂きましたので、ここに投稿させて頂きます。

miging cafe 2号車は1973年式、昭和で言うと48年式。
フォルクスワーゲン トランスポーター。
通称「タイプ2」とか「ワーゲンバス」とか「レイトバス」とか言われる車体。

カフェカー大きくしたいなぁ〜と、
ネットサーフィンしているうち最終的にたどり着きました。
盛岡の外車のディーラーさんにて委託販売されており
散々考えたあげく現車確認しに行ってその場で即決しました。

この車、実は東京自動車大学校の生徒さんによりカスタマイズされ
2007年に東京オートサロンに出展された車両でもあります。
ホイールベース延長、ハイルーフ化されサーフ仕様として出展されたようで
当時の様子もググると見つかります。
エンジンは空冷エンジンショップとして名高いflat4さんによるものが載っております。

そしてその10年後に、なぜかワタクシのところにやって来る事になりました。

















車重の割にパワーがない(登坂車線は50キロ走行)
ギヤが入り難い(特に二速)
全てのドアとハッチの閉まりが固い。
固いので思いっきりドアを閉めるとサイドミラーがズレる。
ルームミラーもバイザーも付いてない。
排気を利用したヒーターもほとんど効かない。
エアコン(冷房)もない。
ラジオもろくに入らない。
キャビンにスピーカーもない。
シートベルトは運転席に二点式のみ。
ウインカーレバーもぐずぐず。
ウインカーキャンセラーもないのでウインカーは手でいちいち戻さなくては行けない。
アクセルもクラッチもブレーキも全てのペダルが重い。
ステアリングもクソ重い。
ステアリングが切れないので小回りがきかない。
エンジン音も凄くうるさい。
排気ガスも凄く臭い。
アイドリングも不安定。
ライトも凄く暗い。
インパネ照明も凄く暗い。などなど…

不具合を数え上げたらホントキリがないくらいの2号車ですが
可愛らしさと存在感は今の車にはない物がありますね。
この車いじっていれば一生飽きないと思いますし
コツコツとモディファイしていくつもりです。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(飲食店・宿泊業)へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大石田ひなまつりに出店しま... | トップ | 2号車モディファイまだまだ続く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL