Mieszkam w Polsce.

世界遺産の町での留学生活をお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

帰国します

2007-07-28 00:30:13 | Krakow
筆無精の性格が災いしてか、本当に更新しなさすぎです。。。
そして、この一ヶ月は家にネットがなく、ネット依存症ぎみの私にとってはなかなかつらい毎日でした。
今は、ネットカフェにてこのブログを書いています。

さて、タイトル通り、来週、帰国します。
一番暑さの厳しい時期?に帰るのはちょっと気が重いですが、久しぶりに皆と会えるのが楽しみです!
時間に余裕があれば、ぜひ相手してくださいね!!
では、日本で。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

約2ヶ月前のブリュッセル(写真いっぱいです)

2007-06-24 00:20:44 | Krakow

かな~り古い話になりますが、5月の一時帰国の直前、ベルギー旅行に行ってました。というか、旅行の予約をしたときには、まだ日本に帰る予定はなかったから、キャンセルしようかどうか直前まで迷ったんだけど、3泊4日の短い旅だし、と思い切って言ってきました。
ブリュッセルの広場(上の写真↑)は世界で最も美しい広場と言われていて、グラン・プラスというそうです。

下はサン・ミッシェル大聖堂。すごくきれいでした。


ブリュッセルの皇太子の結婚式なども、ここで行われたらしい。次は内部の写真。


この日はすごくいい天気で、日の光が差し込んだ聖堂の中は、本当に美しかった!

このときの旅行は、こっちで知り合ったポーランド人の友達がブリュッセルで働いているので、彼が色々と案内してくれました。いつもは公共機関を乗り継いで、迷わないようビクビクしながら移動してるんだけど、今回は車でいろいろ連れて行ってくれたので、すごく快適だった今、頭の中でかなり消えつつある英語を話さなくて済んだし

二日目にはブリュージュに連れていってもらいました。ブリュージュは、小さな街だけれど、ブリュッセル以上にきれいで、すごく気に入ったここは、運河の街らしい。


私も、この船(ボート?)↑に乗って、街を回ってきました。なんか、数年前に言ったヴェネツィアを思い出した。


船から撮った写真↑


クラクフからブリュッセルまでは、すごく航空券が安くって、大した思い入れもなく行ってきたけれど、想像以上に気に入りました。今回は、日程的な問題もあって、美術館まで満足に回りきれなかったし、また行きたいなあ

さて、あさってから旅行に行ってきます
今シーズンはもう行けないかな・・・と半分諦めていたんだけど、まずはウィーンでオペラ鑑賞。何とかオペラ・シーズンが終わる前に行くチャンスを得ました。ウィーンを訪れるのは3回目なので、オペラ以外はどう過ごそうかただ今考え中。でも、この季節に行くのは初めてだし、以前行った観光地もまた違った雰囲気かな~とも思ってます。
そして、その後フランクフルトに移動し、そこからミュンヘンに向かってロマンチック街道を南下する予定。時間の都合で細かく見て回れないけれど、お決まりの観光地、ローテンブルグやノインシュヴァンシュタイン城などは行ってこられそうです
色々と旅行しているようで、ポーランドの隣にあるにも関わらず、まだドイツはベルリンにしか行ったことがありません。今回は一人旅で言葉がちょっと不安だけど、楽しんできます久々にオペラも4本ほどチケット確保しているので、そちらも楽しみだ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラクフ750周年!

2007-06-05 07:36:31 | Krakow

今年はクラクフという街が制定されて750周年の年にあたり、これを記念したフェスティバルが1日から行われてます。1日の夜は、Rynekでのコンサートに友達と行ってきました。
Piotr Rubikというアーティスト(彼の肩書きは作曲家兼マルチ楽器奏者らしい)の指揮するコンサートで、彼は今回のフェスティバルのために、クラクフの歴史を歌詞にして、曲を書き下ろしたらしい
彼はオーケストラ、コーラス、ソリストを引き連れて、2時間のコンサートを指揮したんだけど、すごい盛り上がりだった。

真っ白な装いで指揮しているのが、Piotr Rubik。私がクラクフに来てから、既に2回、彼のコンサートがRynekで行われたけれど、私が聴きにいったのは今回が初めて。
まだポーランドに来たばっかりの頃、彼の作曲した『Psalm dla Ciebie』という曲がすごく流行ってて、どこに行っても流れていたな、なんてことを思い出しながら、2時間立ちっぱなしで聴いてきたよ

本当にすごい人だかり↓。

人の隙間から時々舞台も見えたけれど、モニターも設置されてて、テレビ中継されている様子も見ることができた。
夜のクラクフの街が上空から映されていて、今、その中に自分がいるっていうことがすごく不思議な感じだった。
そして、こういう機会に立ち会うことができて、すごく嬉しくて幸せな気持ちになった

フェスティバルは10日まで続きます。もちろんクラシックの演奏会も行われるし、期間中は私も色々と見て(聴いて)回る予定です

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Wieczor Talentow!

2007-05-31 00:56:22 | Krakow
日本からクラクフに戻った直後に、Wieczor Talentow(日本語だと「タレントたちの夕べ」って感じ?)という、うちのインスティテュートの催し物がありました。1セメスターに一回やってて、前回は何も分からずに出演を引き受けたら、「明日の夜、何か弾いてね」って言われて、すんごい大変だったんだけど、今回も直前まで日程を知らなくて、日本から戻ったら、いつの間にかタレントの一人として名前が貼り出されていた。。。

今のお世話になってるおうちにも、ピアノはあるんだけど、亡くなったおばあさんの形見らしく、どんなに調律しても音が狂ったままで、全く練習することができません。
こっちに来て、どんどん自分の演奏能力が落ちていくのを感じているのに、たとえお客さんが音楽に精通していないのだとしても、満足行く出来を示せないって悔しい

でも、こっちに来て8ヶ月、実は日本にいた時よりも演奏を披露する機会が多かった。こっちでいつも困るのは、直前になって依頼される点。。。
たとえば、チャリティーオークションで、何曲かプログラム組んで弾いてって言われた時は、本番まで一週間ないのに、まず楽譜を探しまくって、練習はたった3日しかできずに、本番に挑まなきゃならなかった
そして、そういった機会をいただく度に、長年積み重ねたものがいとも簡単に崩れちゃうってことを痛感してます。

これから研究をしていく上でも、演奏者としての視点は欠かせないものだし、何とかこれ以上衰えないよう、いろいろ考えていかなきゃなって思います。

もちろん、音楽だけじゃなくって語学も同じだろうし、今回、短期間とはいえ一時帰国したことによって、得たもの(能力)をいかに維持するかってことの大切さを実感しました

そうそう、冒頭に書いたWieczor Talentowで、日本人の友達と韓国人の友達が二人で、キューティーハニーを歌って、すごく面白かった!しかも、振り付きでもちろん学生のほとんどは(もちろん先生も)、韓国語も日本語も分からないのに、すんごいウケてたよ~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一気に夏!

2007-05-26 21:55:09 | Krakow
少し離れていた間に、すっかりクラクフは夏になっていました。
日中は30℃を越す暑さで、日本よりも暑いような気がする。。。
今日は、雷が鳴ってるなあと思ったら、いきなり夕立
まだ5月だというのに、完全に夏の陽気です。

しばらく見ないうちに、ポーランド人女性はすっかり薄着になってた
みんなかわいくて、セクシーで、ちょっと目のやり場に困りますね。
日本だと、女性は日焼けを気にして、長袖をはおったり日傘を持ったり、というのが夏の光景だけど、こっちではみんな太陽が大好きなようで、オープンカフェに座って、みんな太陽の下を楽しんでいます
さすがに、この雰囲気の中で日傘をさすわけにもいかず、私はどんどん黒くなってます・・・
日が長くなって、すごく楽しい季節だけど、これだけが今の悩み。。。

さて、そろそろ帰国日を決めなきゃですが、ちょっと考えていることが色々あって、まだ正式決定できてません。
日本が一番暑いときに帰らなきゃならないっていうのも、ちょっぴり憂鬱だなあ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加