土屋美恵子の子育て応援活動日記

武蔵野市議会議員として子育て支援など生活密着型の地域福祉を中心に4世代が安心して暮らせる武蔵野にと奔走しています

青少協委嘱式&若者にとって必要な居場所とは・・・記念講演

2014-05-31 10:42:34 | Weblog
5月30日(土)


武蔵野市青少年問題協議会 築委員会委員 委嘱式が開催されました
今年度は総勢1438名の委員委嘱です
市内で青少年への係わりやお手伝いをと行動してくださる方がいるのですね

夏休みに開催される ジャンボリー
この活動は各地域の青少協が開催します
4年生になるのが楽しみな児童がたくさんです
そう 参加対象が4年生から6年生なのです

ジャンボリー体験者の中学生もサブリーダーとして参加したいと
増加しています
自然の中から今年も地域のオジサンおばさんと何かを得られたら良いですね

記念講演として
佐藤洋作NPO法人文化学習共同ネットワーク代表理事より
若者にとって必要な「居場所」とは何か
~社会的自立を支えるために~

今の子どもたちにおけるいろいろな事象は
大人が子どもたちに届ける力が少なくなってきていることが一つの要因とも
子育ての常識の変化に気づく大人に
1970年代から現代までの青少年の事象をとおしての説明はなるほどと思われることばかりでした
 武蔵野市では この団体に引きこもりサポート支援 今年から若者サポート事業をお願いしています
一人一人の青少年が 安心して自分を見つめてくれる人場所に出会ってほしいと思います
私の進める政策の一つでもある0歳から18歳までの子育て支援 若者の就労支援に
繋がる事業が進みだしたこと しっかりとみていきます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キッズガーデン武蔵野関前

2014-05-29 10:35:34 | Weblog
5月29日 (木)


27日 朝一番に キッズガーデン武蔵野関前の内覧に
伺いました

6月開所目前です
思っていたより 広く明るい雰囲気です
環境設定も 機能性があり安全面も配慮があるようでしたよ
出はいり口もマンション横からと五日市どおりに面してなく
プランターで通路を上手に区切るなど配慮がなされていました
0歳児 1歳児 2歳児は当初 オープンにした部屋の環境設定でした
3歳児以降のお部屋は別にあります
認証保育所としては 使いやすく新装されています
なにより 園長先生の暖かさを感じさせるお人柄はなによりのものでしょう
オープンしてからも保育状況を見させてくださいとお願いしてきました
まだ2歳児以以上は空きがありますよ!

市内の保育施設 すべてが こどもにとっての最善の環境をと
目指して働きかけてまいります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよキックオフ!子ども子育て支援新制度

2014-05-27 05:39:53 | Weblog
5月27日 (火)


24日に大妻女子大にて にっぽん子育て応援団主催の
いよいよ キックオフ! 子育て支縁新制度のタイトルの集会に
参加してきました

にっぽん子育て応援団は5年間子育て支援にもっと財源投入を!との願いで
活動を進めてきた団体です
私ももちろん応援している一人ですが
消費税が8%にあがり 子ども・子育て支援の量と質の拡充に充てるよう
3000億円が計上されました 新制度は始まったのです! 

集会の中でパネラーのお二人の首長の発言は心に残りました
理両者とも子育てしやすい街を掲げて首長になったかたでした
中山弘子新宿区長は当選当初から子育てしやすい街かどうかのニーズ調査を
してきた 平成15年度のニーズ調査から 25年度のニーズ調査で新宿区が
子育てしやすい街だと思う人の割合が大幅アップ
武蔵野市で導入すべきと進言しているホームスタート事業はじめウエブ、アプリ版の
情報掲載などなどやはり意気込みや本気度があります
石津北本市長はニーズには全部対応していく やるか やらないかの覚悟だと
力強い言葉です 現に育休サポート事業として育児休業給付金支給制度
育児休業前の給料と育児休業給付との差額を給付する制度を実施はじめ0歳児おむつ無料化
小学校少人数学級と多岐にあたる支援事業を進めています 財源心配なところですが
企業誘致をしっかりと進めていました
わが武蔵野もたしか 子育て支援を掲げ3期目の首長でした
自ら何が必要か現場に足を運び考えてきたのでしょうか? 真摯に意見を受け止めてくれて
いるのでしょうか・・・
トップの ゴーサインの遅れがすでに出遅れた感に繋がるのです
待機児0だけが 子育て支援ではありません
これからもいっそう
幅広な意見進言をせねばと痛感

各自治体の
子育て支援の量を図るためニーズ調査が行われました 皆様の中でもアンケートに
お答えになった方はおられるでしょうか
・ニーズ調査で何がわかるか
・当事者参加で何が変わるか
・新制度から取り残された親子をどうしていくか議論されました
相模原市子ども・子育て会議座長の大妻女子大岡健氏からの発言は納得のいくものです
会議の独自の提言書 条例制定の独自の勉強会など お仕着せのいいんかいではなく
子育て支援への熱心な取り組みが感じられました
応援団の目標
・すべてのこどもたちが、家族の愛情に育まれ、また子ども同士の積極的なかかわりの中で
、そして 地域や社会の多くの大人の慈しみの中で心豊かに成長できる環境を保障すること
目標実現のためのアピール
・思い切った財源投入
・自治体の責任において、地域全体の子育て支援の実現を
・人生のスタート時期に手厚い支援を
・主体的な子育てができるよう、利用者支援の充実を
・働き方の抜本的な見直しを
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武蔵野母の会 総会

2014-05-23 02:39:02 | Weblog
5月22日 (木)


午前中は 建設委員会傍聴
・下水道使用料検討委員会の設置について
・吉祥寺駅前高度利用商業地域リニュアルまちづくり基礎調査について
・分譲マンション耐震化支援事業の創設について
・交通災害共済 小中学生の特別加入廃止について

 4点の行政報告がありました

午後から武蔵野母の会 総会へ

ひとの子もわが子も同じ愛の手で

非行防止対策 健全育成 交通安全 母親の立場から家庭防犯活動を推進し
犯罪のない安全で明るい社会の実現の促進を活動目的にした東京母の会の
かぶそしきです
会長のあいさつの中から 設立16年とのこと
設立にあたっては そういえばそのころ青少協の委員長、役員、経験者、
防犯関係者の方々が集い設立へ向けての話し合いがあったことが
思い出されました
私もその一人でしたが
平成10年 私は仕事を平成元年に辞め PTA活動を振り出しに
青少協、コミセン、地域社協・・・と地域活動をなぜか続けていたころでした
話し合いのメンバーは みなさん20年30年幅広く地域活動にかかわってこられた
方々でした
議員になってからは 活動へのお手伝いは日程が合わず できないことが多く
久しぶりの 総会出席です
皆さま お変わりなくとてもお元気そう
母の会だけでなく 地域活動をまだまだなさっているのには
敬意と感謝を!
もう16年経過したのですね
武蔵野の子ども 青少年が 地域に見守られ健やかに育つことを願いつつ
総会を終えました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バラが美しい

2014-05-21 06:59:51 | Weblog
5月21日 (水)


自宅玄関先の 野バラが満開
手入れはしないのに 自由に伸び広範囲に広がり
 可愛らしく咲いています
そのわきには 大株になったミントが
バラを眺め ミントティーでご満悦


市内には 玄関先の鉢植え 庭先 ベランダ 垣根と
手入れの行き届いた 大輪の素敵な薔薇が満開
作り手の 思いが伝わる 
素敵な薔薇を ありがとう

それにしても朝から本降りの雨 
花びらが 痛まないことを願うところです

通園通学 お仕事の皆様
雨にも負けず 今日もお出かけしましょう
私も 厚生委員会傍聴&市民活動のご相談で
8時半の電車で出かけます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保育園 新情報

2014-05-20 07:26:40 | Weblog
5月20日 (火)


16日の文教委員会での報告から

今後の待機児対策について

・まちの保育園吉祥寺 吉祥寺本町3丁目 井の頭小学校そば
        10月1日オープン予定 定員60名
        0歳児 6名、1歳児 12名、2歳児 12名
        3~5歳児 30名
・キッズガーデン武蔵野関前 関前3丁目4-11アビタシオン武蔵野1階
        6月1日オープン 
        0歳児9名 1歳児10名 2歳児12名 3~5歳児7名
        0歳1歳は満員 2~5歳は若干空きあります
・日生吉祥寺保育園 ひびき 吉祥寺本町2丁目10-5三慶ビル2階 駅近
        7月1日 オープン予定
        0歳児9名 1歳児15名 2歳児11名 3歳児5名 定員40名
・ニチイキッズ武蔵野やはた保育園  八幡町1丁目
        27年4月1日 オープン予定  定員80名 認可保育園
        0歳児6名 1歳児14名 2歳児15名 3~5歳児45名

育休終了の方 転園希望の方は要チェックですよ!
ここ数日NHKで 待機児問題を取り上げています
保育コンシェルジェ的な方の丁寧なアドバイスにより 自分では考えてみなかった
保育所へはいれた話がありました
ここしかないと こだわることもあるかもしれませんが
 子どもにとっての環境は多様な視点からも考えられますよ
 アドバイスはいただいて損はないですよ
私でよければ いつでもどうぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南京玉すだれ

2014-05-17 23:10:48 | Weblog
5月17日 (土) 


ひまわりママの総会へ出席 

昼には武蔵境ピクニックのセレモニーへ
駅 プレイス前はかなりのにぎあいでしたよ

夕方から 縁あって南京玉すだれの練習会へ行ってきました
さて さて さてと 威勢の良い掛け声
二人くらいは私よりお若そう
皆さま とてもお元気
海外支援 東北支援と 南京玉すだれをもって活動しておられます

大半の方は 元保育園園長や幼稚園園長なのにはびっくり
子どもたちのオーラをたくさんいただいてきたので
 いつまでもお元気なのでしょうか

そんな中で・・・褒め上手でのご指導 
東京タワー 万国旗 滝 魚 門・・なんとかさまになりました
帰り道 肩こり手首の疲れどっときました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武蔵野市これからの地域コミュニティ

2014-05-15 20:18:11 | Weblog
5月15日 (木)


総務委員会が開催 傍聴に行きました

行政報告の一部に
武蔵野市これからの地域コミュニティ検討委員会
中間提言がありました
全市的に町内会や自治会を組織することなく自主三原則の考え方を基に
コミュニティ協議会―コミセンを中心に地域に応じたコミュニティ活動を
進めてきた経緯があります
市民の意識調査の中から 地域とは 武蔵野市 三駅圏 が多い
コミュニティセンターの認識は51.3% 求める役割は災害時などいざというときに助け合える
市民が気軽に集いつながりを作るために活用できる場となっていました
課題として コミュニティ構想の下40年余の歴史はあるものの地域課題を解決する目的での
防災福祉・・などの分野ごと活動団体が行政の下に設立された 本来はコミュニティ協議会と
いう場を共有することがコミュニュティ構想の目的であったが理解されてはいなかった
地域の様々な課題について市民が議論していくような状態は達成できていない
これからの地域コミュニティのイメージは
誰もが自由に参加でき 地域で解決すべき課題について話し合うことができる
協議の場ー地域フォーラムを地域ごとに設け そこに地域コミュニティを構成する
コミュニティ協議会や多様な活動団体地域の個人さらに行政も対等の立場で参加することを
提案されています

皆さまはいかがお考えですか
中間提言に対してのご意見を募集しています 6月18日必着
意見交換会は 6月6日 19時~21時  商工会館4階市民会議室
       6月15日 14時~16時 武蔵野プレイス4階
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

育ばあ&育じい

2014-05-14 21:54:47 | Weblog
5月14日 (水)


中長期の日本経済の課題を検討する政府の
有識者会議が13日少子高齢化、人口減問題を
解消するための提言をまとめました
その中で 女性の就労支援 出産や子育てへの予算・税制面の倍増を
求めています
予算 支援あってのものですが 誰がどのように具現化した日々の支援につなげるのかと
思うところです
先日の 朝日新聞に村木厚子厚生労働事務官のことが掲載されていました
29歳で出産 産後6週間で復帰 育児休暇の法施行はなかったのです
地方勤務は2歳の娘と二人で赴任 長期海外出張では保育ママに1か月
預けたとか 
娘二人の保育には年300万以上かかったとも
官僚として子育てをしながら勤めてきた苦労が伝わってきました
そんな彼女が
引退後は 「育ばあ」になりたい
ここまで働けたのは娘の協力があってこそとのことだから

そう 私の子どもたちの保育園仲間 ちょっと早めに退職し育ばあに
なっている人も数人いたっけ

保育園にも育ばあ 育じいのお迎えが目立ちます
かたや 70歳まで労働人口範囲ともいわれだしました

多様な家族の在り方 子育て中どんな生活がよいのかめぐりながら
考えるところです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休も過ぎて

2014-05-13 04:31:31 | Weblog
5月13日 (火)


5月に入ったかと思う間もなく
連休も過ぎ 緑豊かな5月も半ばになりましたね

昨日は 議会運営委員会開催のため市役所へ

いつもながらのコースを自転車で
ここ数か月 気になるお宅の玄関先
空きスペースに車が駐車されていることが増えています
普段はひっそり 高齢者のお住いのようでした
介護が始まったのでしょうか
いつも同じ車 お身内の方なのでしょうか

市内では いつのまにか戸建ての古いお宅が様変わり
新築戸建て住宅が2~3軒へ 洒落た協同住宅へと
高齢化に伴い 街も変わっていくのが感じます

先だっても 築60年の家にお一人で住む83歳の女性
引き込みのガス管 下水道管 家屋の老朽化が目立ち
そこに住むことが不安になり大分思案した結果
ご家族は住み替えは最初は反対していたのですが
家を処分し URの住宅へ
子どもたちはそれぞれに家を持ちそこへは建て替えを
考えられなかったからです
こんなことが これからあちこちで見られるのでしょうか
高齢者の住まい 一考せざるをえませんね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加