Madame Miekoの、優遊自適

アンティークショップを、卒業し,次は何にチャレンジ❓の答えを、、、

”炎天下のジャガイモ掘り”potato digging under the blazing sun

2017-06-17 22:43:03 | 農業、ガーデニング

 」 

blogram投票ボタン

毎週土曜の朝は、援農ボランティア

今朝も5:00起き、朝食の準備を終え、熱い日差しの中、マイチャリ飛ばすこと30分

It takes 30 minutes  by my bicycle to go to the farm every saturday、for auxiliary farm volunteers

The farm owner had 4 large farms ,,,,

As soon as I arrived, I have to go to his far field by  my bicycle

The farm owner takes the initiative to potato digging in this morning too

he is  84 years old....

.Looks like my father who had been architect , before he died 

雨降らないこの時期の炎天下の農作業は、結構身体にこたえる

でも、84歳の農場主は、いつも率先して働かれる、、

その後ろ姿に、わが亡き父の姿をみる想いがして、、、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “You only live once.” 人生... | トップ | "waterproof waist pouch"... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL