Madame Miekoの、優遊自適

アンティークショップを、卒業し,次は何にチャレンジ❓の答えを、、、

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

”昨年より遅い茄子の定植”援農ボランティア

2017-04-29 22:39:43 | 農業、ガーデニング

  」 

blogram投票ボタン

家を出るときはまだ肌寒い、圃場に着くと炎天下

もう、筍掘って、出荷準備されてる圃場主

”ここの筍、柔らかくて、本当に美味しいのよ”と、お客さん

”玉ねぎ疎抜きして、店に出すの、

それから、茄子を植えて、ビニール張るの!”と、圃場主

”去年より1週間遅いね”と、農大時代から、きちっと、メモとる、H氏

”父親93歳で、免許更新しましたよと”と、H氏

”5月日、試験なんだよなあ、受からなかったら、運転できないよ~”と、

9月に83歳迎えられる圃場主

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”太極拳指導者”あるべき姿 | トップ | ”啓さんのパンin国分寺” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農業、ガーデニング」カテゴリの最新記事