五つ指ジョギング日記

裸足ランニングを中心に

武道などの足の使い方

2016-10-29 05:32:10 | フォアフットランニン...
当たり前のように武道や武術ではかかとでなくつま先に乗るように動くものだと思っていたら、宮本武蔵の「五輪の書」の水之巻 第五節 足使ひの事に

 足のはこびやうの事、つまさきを少しうけてきびすを強く踏むべし

とある。

つま先をあげてかかとで踏む。
宮本武蔵ほどの人が言うんだからそうなんだろう。

が、やっぱりつま先に重心を乗せるのが自然だと思う。
馬も猫も人間以外の動物ではつま先立ちが当たり前だし。

昔はクッション性のある靴はないから
フォアフット着地をしている人が多かっただろう。
そうだとするとその頃と今と前提が違ってくる。
つま先で歩く人たちに対してかかとを踏みなさい。と言うのと
べた足(?)で歩く人たちに対してかかとを踏みなさい。と言うのとは違う。

・・ということはないか..
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経過(随時更新) | トップ | 2016 10/29 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フォアフットランニン...」カテゴリの最新記事