在宅ワーカーの徒然日記

いろんな記念日に因んで自分の日々の日常などと歴史に関心があるので歴史の逸話などと在宅ワークで得た仕事のことなど。

8月6日は「広島原爆の日」

2017年08月05日 | 行事

今日は8月6日、広島に原爆の投下された日ですね。1945年8月6日8:15分、恐怖の核兵器「原子爆弾」が広島市の原爆ドームのある地点に投下され、一瞬のうちに「14万人」という人々の命が失われました。そして今なお「原爆の後遺症」に悩むたくさんの犠牲者(被爆者健康手帳を持つ人は今年3月末時点で16万4621人。平均年齢は81.41歳)が存在します。このような人類史上かってない大きな悲劇が再び起きないことを祈ります。

今年も、このような悲劇が再現しないことを祈る平和の式典「第72回原爆死没者慰霊式・平和祈念式」が平和記念公園で開かれます。犠牲者の遺族の方々、安倍晋三首相らが参列。また、日本人女性として初めて国連本部事務次長に就任した中満泉・軍縮担当上級代表も出席する。さらに、80カ国と欧州連合(EU)代表部の大使らが参列する予定です。米国からロバート・ラプソン駐日臨時代理大使が出席し、英仏露からも参列の連絡があった。中国は未回答。今年は新たにキルギスとジンバブエの2カ国が加わりました。

広島市の松井一実市長は平和宣言で、7月に国連で採択された核兵器禁止条約に言及し、「核保有国と非保有国との橋渡しに本気で取り組む」ことを政府に求めたいとしています。式典では、この1年間に亡くなった人や新たに死亡が確認された人5530人の名前が書き加えられ、30万8725人の原爆死没者名簿が原爆慰霊碑に納められます。

 

《第72回原爆死没者慰霊式・平和祈念式概要》
◎日時 8月6日 午前8時~8時45分
◎会場 平和記念公園(広島市中区中島町)
◎次第
1開式                 
 2原爆死没者名簿奉納  
 3式辞               
 4献花              
 5黙とう・平和の鐘    
 6平和宣言          
 7放鳩          
 8平和への誓い     
 9あいさつ          
 10ひろしま平和の歌(合唱)
 11閉式 

世界中から、「原爆の悲劇」に哀悼の意を共有する人々が集まってきますね。私も投下時刻8:15分には黙とうをいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017夏の甲子園初戦の対戦校... | トップ | 8月9日は「長崎原爆の日」 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL