在宅ワーカーの徒然日記

いろんな記念日に因んで自分の日々の日常などと歴史に関心があるので歴史の逸話などと在宅ワークで得た仕事のことなど。

8月9日は「長崎原爆の日」

2017年08月08日 | 行事

今日は8月9日、「長崎原爆の日」です。今年で72周年を迎えます。1945年8月9日午前11時2分、恐怖の原子爆弾が広島に続いて長崎にも落とされました。原子爆弾は長崎県松山市上空で炸裂しました。この原子爆弾による被害は、死亡73,884人、重軽傷者74,909人、罹災戸数18,409戸、(全焼11,574戸、全壊1,326戸、半壊5,509戸)。死亡者重軽傷者を合わせると約15万人が犠牲になった。これは当時の長崎市の人口の64%。、全焼失面積は、市街地の1/3にあたる6.7平方km。このような出来事が続くと人類の繁栄はありません。

今年も原爆の犠牲者を悼み平和への願いを込めて「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が行われます。今年で72周年です。今年もご遺族の方々をはじめとして、安倍総理大臣、中満泉・国連軍縮担当上級代表、58カ国の駐日大使らが参列します。式典に先立ち、この1年間に亡くなられた原爆犠牲者3551人の名前が書き加えられた合計17万5743人の原爆死没者名簿が納められます。投下時刻の午前11時2分には「黙とう」があります。私もテレビの前で黙とうします。

長崎市の田上市長は、今年7月に国連で採択された「核兵器禁止条約」の意義と今後の取り組みの重要性を、「平和宣言」で訴えます。

戦後生まれの人は子供のころからよくくちすさんできた、原爆への非難を込めた、「原爆許すまじ」という歌がありますね。最初の部分を知っている人は大勢いるでしょうが、最後まで知る人は少ないと思います。そこで「全歌詞」を調べてみました。歌声はこちらをクリックしてください。

《原爆許すまじ》 浅田石二作詞・木下航二作曲

ふるさとの街やかれ身よりの骨うめし焼土(やけつち)に
今は白い花咲く
 ああ許すまじ原爆を
三度(みたび)許すまじ原爆を
 われらの街に
 ふるさとの海荒れて
黒き雨喜びの日はなく
今は舟に人もなし
 ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
 われらの海に
 ふるさとの空重く
黒き雲今日も大地おおい
今は空に陽もささず
 ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
 われらの空に
 はらからのたえまなき
労働にきずきあぐ富と幸
 今はすべてついえ去らん
 ああ許すまじ原爆を
三度(みたび)許すまじ原爆を
世界の上に
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月6日は「広島原爆の日」 | トップ | 今日8月11日は「山の日」で祝... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL