在宅ワーカーの徒然日記

いろんな記念日に因んで自分の日々の日常などと歴史に関心があるので歴史の逸話などと在宅ワークで得た仕事のことなど。

「父の日」に父を偲ぶ

2017年06月18日 | 記念日

今は梅雨の真っただ中、じめじめした暑い日が続いています。しかし今年は「アジサイ」の当たり年で庭の表にも裏にもアジサイが何本も大きく花開いています、今が盛りといった感じです。

今日は6月の18日、6月の第3日曜日で「父の日」ですね。お父さんの日ごろの労苦に感謝する日です。

私の父は今から7年前に亡くなったので、祝いの言葉を述べる相手はいないが、在りし日の父をしのんでみたいと思う。父は着物関係の仕事をしていたのでその方面のことは色々知っていたのだろう。ある日、私に「甚平」を着せようとしたことがあった。私は「甚平」というのを知らなかった。今インターネットで調べてみると「男性あるいは子供の着る和装のホームウエアのひとつ」とある。こういうしゃれたものを私は着るような柄ではないので、さして喜ばなかった。これが逆で私が父に「甚平」をプレゼントしていたら、父はとても喜んだに違いない。そんな優れた子供ではなかったのが残念だ。

「甚平」は「父の日」のプレゼントとして今非常に人気があるという。「甚平」という名前も耳新しく聞こえますね。「父の日」のプレゼントとしてお勧めします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上野動物園でパンダの赤ちゃ... | トップ | 今日は夏至 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL