「みどりの防衛隊」ボランティア活動記

シニア世代の7名が、流山市の「大規模緑地を守ろう」と立ち上がり「みどりの防衛隊」を結成した。

昨日は、久々のボランティア活動日だった

2016-10-14 20:59:12 | 日記

昨日は、月に一度の市営日本庭園でのボランティア活動日だった。

8月は野外活動はお休みで、市役所のみどりの課との日本庭園整備と今後の運営

についてミーティングを行ったが、9月は第二週、第三週とも木曜日は雨で中止。

久し振りの活動に7人全員が集合して、いつも通りラジオ体操で身体をほぐし、

 

遊歩道の落ち葉を掃き集める者、枯れ竹を切り倒す者、アジサイの植え込みの

下草を刈る者、それぞれが午前中の作業に精を出す。

 

  

竹藪の中の大木の根元に「蟻地獄」の巣を見つけた。

蟻地獄の底に潜む幼虫が蛹になり、そしてウスバカゲロウになる。

昼食は、近くのスーパーで買ってきた450円の「のり弁」、肌寒い曇天となり、

午前中汗をかいて風邪を引かないようにと、早々に作業を始め、午後3時に

今日の作業が終了した。

落ち葉が多くなる季節を迎え、月に一度の掃き掃除では何ともしようがないが、

きれいになった遊歩道を眺めると、今日の汗も報われる。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市役所みどりの課とのミーテ... | トップ | 月に一度の日本庭園整備で汗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。