みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

2/6~7第3回・議員と市民の勉強会「予算の見方、市民派議員としての切り口」@ウィルあいち

2010-02-06 09:00:27 | 市民運動/市民自治/政治
朝起きたら雪が積もっていました。

今日から「M&T企画/議員と市民の勉強会」なので名古屋に出かけます。
連続講座の3回目、今年度最後の企画で、テーマ「予算の見方、市民派議員としての切り口」。

以下に《スケジュール・内容の詳細》をアップします。

2009年度「M&T企画/議員と市民の勉強会」
《議員の仕事・市民の仕事~まちをかえるのはあなた》
第3回テーマ「予算の見方、市民派議員としての切り口」

  日時:2月6日(土)13時~7日(日) 12時 会場:ウイルあいち

《スケジュール・内容の詳細》
【セッション1】 
1.12月議会の「一般質問」と「議案質疑」を「事後評価」する
 
●「事後評価」とはなにか/「事後評価」はなぜ必要か-レクチャー
●12月議会での「一般質問と議案質疑」の「事後評価」
あなたの一般質問・本会議質疑は何点?/獲得目標に届いたか

2.本会議質疑と一般質問をつかいこなすために
●過去5回の本会議でのアンケートより 
●テーマ「本会議での質疑・一般質問はなぜ必要なのか」
・問題提起 「なぜ本会議で質疑・一般質問ができないのか」 
・ディスカッション      

【セッション2】
3月の予算議会を前に/予算とはなにか/政策的な観点から~総論/予算の基本、予算審議の流れ/予算編成過程の情報の利用/予算関連の状況の理解と切り口

●3月の予算議会を前に/予算とはなにか/政策的な観点から~総論
●予算の基本と総論 
     
【セッション3】
予算議会に向けて「一般質問」を組み立てる/取り組みたい事業に関する論点や手法

●予算議会に向けて「一般質問」を組み立てる
全体のコメント・ディスカッション 

2月7日(日)
【セッション4】
情報公開を進めるために/住民監査請求の実際/現場で使える直接民主主義の手法

● あなたの自治体の情報公開度を高めるために
  予算編成過程の情報公開の自治体ごとの状況
   
● 住民監査請求の実際
● 現場で使える直接民主主義の手法 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13:00から15:00
【オプション講座】 テーマ「わたしが議員として抱える問題」

●当日の持ち物(文献などは必需。必ず各自事前に入手してお持ちください)● 
今年度の予算書、1,2回の資料をかならずお持ちください。
(A)『予算の見方・つくり方』(学陽書房)
(B)『地方自治小六法』程度の辞書
(C)『議員必携』(学陽書房)
(D)『市民派議員になるための本』(学陽書房)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次年度講座の予告
  【議会で仕事ができる議員になるためには勉強が必要】
●統一選の前年、4年に1度の「勝てる選挙・市民派議員になりたい人のための選挙講座」

 2010年5月、7月、8月、10月、11月と一泊二日の連続講座。最大20名限定
          (主催/略称:M&T企画/選挙講座) 寺町みどり&ともまさ 



最後まで読んでくださってありがとう
人気ブログランキングへ クリックを

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小沢氏不起訴 政治責任は免... | トップ | 2月06日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。