みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

映画「亀も空を飛ぶ」解説(上野千鶴子)とTVドラマ「火垂るの墓-ほたるのはか」

2005-11-03 09:20:19 | ジェンダー/上野千鶴子
一昨日夜、テレビで
終戦60年スペシャルドラマ
「火垂るの墓-ほたるのはか」(中京TV)
を見て、
幼い節子と清太兄妹を襲う過酷な運命に涙しました。
このドラマは、被害者としての「フツーの国民」だけでなく、
戦争そのものの持つ悪魔性、残虐性を切り口に、
見るものに、するどく問いかけます。
「善い戦争などどこにもない」と。

昨夜は、中日新聞夕刊(11/2付)で、
映画「亀も空を飛ぶ」の記事を読みました。
解説を書いているのは、上野千鶴子さん。 
「火垂るの墓」を見て泣きましたが、
「亀も空を飛ぶ」は、映画を見ていないのに、
上野さんの文章を読んだだけで泣きました。

TVで「火垂るの墓」を見た人は多かったと思うのですが、
中日新聞の夕刊を読んでいる人は少ないと思うので、
以下に全文を紹介させていただきます。



*******************
映画「亀も空を飛ぶ」 ~ イラクの苦い現実  
上野千鶴子(うえの・ちづこ)

 これはドキュメンタリーだろうか? と思うくらいに、子どもたちが生き生きとしている。それもそのはず、パフマン・ゴバティ監督は、クルディスタンの難民キャンプて出会ったしろうとの子どもたちを映画に起用した。そしてかれらと生活を共にして、そのなかからストリート・ハンティングをしたという。
 これはいったい現実だろうか? と思うくらいに、子どもたちをとりまく現実は苛酷(かこく)だ。出てくるのは両腕のない青年、片脚の赤ん坊、そして強かんされた少女。戦争できずついた異形の身体が、まず目を奪う。どうやって探し出したのだろうと思うまでもなく、ゴバティ監督によれば、難民キャンプで気がつくのは障害を持った子どもたちの多さだという。
  - - - - - - - - - -
 そのうえ、これはたちの悪い冗談ではないか? と思うくらいに、オトナの世界はグロテスクだ。子どもたちは身軽さを利用して地雷原に入りこみ、掘り出した地雷を国連に売る仲介業者の下請けをやっている。子どもたちが危険を冒して掘り出した地雷を、仲介業者は国連に高く売り付ける。というより、オトナの目から見れば、親のない孤児たちは地雷事故で犠牲になっても誰も嘆かない、使い捨ての手足のようなものだ。ここでは「コクレン」という記号は、まるで悪徳の武器商人のようにひびく。そのうえ、掘り出された地雷は、業者の手を経由して再加工されて再びかれらの足許(あしもと)に埋められることまで、子どもたちは知っている。
  - - - - - - - - - -
 舞台はフセイン政権下で、くりかえし侵略を受けたクルド人の難民キャンプ。時は米軍のイラク進攻前夜。役者は長い戦闘のなかで、親を失い、手や目や脚を失ったこどもたち・・・・こんな設定のもとで、いったいどんな物語が可能なのだろう? と思うわたしたちを、ゴバティ監督はいっきにスクリーンのなかへ引きこんでいく。子どもたちの運命から、わたしたちは目が離せなくなる。 難民キャンプの少年リーダーは、ただひとり衛星放送の技術に強いことで、サテライトと呼ばれる。その少年が、新しくキャンプに来た少女に、淡い恋心を抱く。少女はいつも赤ん坊を背負っていて、ニコリとも笑わない。その少女には、地雷で両腕を失った、さらに無口な兄がいる。やがて赤ん坊は、少女の弟ではなく、実はイラク兵に強かんされてできた子どもだということが明かされる。毒ガス戦争の後遺症なのか、赤ん坊はうまれつき目が見えない。
この暗い目をした少女は、赤ん坊を背負い、兄の世話をし、逃げ続ける生活に絶望している。少女は子どもを殺して自分も死のうとする。そして少年は、赤ん坊を命がけで助けようとする。
  - - - - - - - - - -
 サテライトはアメリカ通だ。フセインを倒すためにアメリカ軍が来ることを、キャンプの長老たちとともに待ち望む。ある日轟音(ごうおん)とともに、米軍のヘリコプターが「私たちはキミたちの友人だ」といビラを撒きにくる。映画は米軍のイラク進攻後につくられ、それを見ているわたしたちも、米軍がイラクでその後何をしているかを知っている。週末でサテライトが傷ついた脚をひきずりながら、やってくる米兵と目も合わせずにすれちがう。米軍もまた、「もうひとりの侵略者」にほかならなかった苦い現実を示唆して物語は終わる。
 「亀も空を飛ぶ」・・・・この暗喩(あんゆ)に満ちたタイトルでは、「亀」は少女とクルド人のメタファーだ。こんなにも重荷を背負った子どもたちは、どうすれば「空を飛べる」のか? ゴバティ監督はいたるところで題名の意味を聞かれる、という。そしてそれこそが、監督のねらいだ。たちどまって、考えてほしい、と。
 鮮烈な映像だ。試写室の中は、沈黙と重い感動の余韻が支配した。そして何より苦い思いは、この子どもたちを崖(がけ)からつきおとすことに荷担したのが、わたしたち日本国民であるという事実だ。
 これはほんとうに21世紀の映画なのだろうか?
 信じたくないが、これが世界の現実なのだ。

名古屋市11日まで。
クルド人のゴバティ監督が、イラク北部のクルディスタンの難民キャンプを舞台に製作した映画「亀も空を飛ぶ」は、名古屋・名駅西のシネマスコーレ(11日まで、電052・452・6036)、東京神保町の岩波ホール(25日まで、電03。3262・5252)などで上映中。

(2005.11.2 中日新聞夕刊より)
*******************

goo映画「亀も空を飛ぶ」の解説

暴力や戦争は、いつも子どもや、弱いものの身に降りかかる。
「亀も空を飛ぶ」は60年前の出来事ではなく、
いま現実に起きていることだ。
わたしになにができるのだろう。

『人気ブログランキング』に参加中。
みどりの一期一会! 
⇒♪♪人気ブログランキング♪♪

あなたがクリックしてくださると、
わたしのポイントになります。

クリック!わん!


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軽井沢の紅葉づくし/紅葉・... | トップ | ベビーリーフとハーブたち/... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメント&TBありがとうございました (ナカムラ ユエ)
2005-11-03 15:46:16
コメント&TBありがとうございました。



関東圏にいると中日新聞の記事はなかなか拝見できないので、とても嬉しいです。

上野千鶴子先生はお名前と簡単なご活動程度しか存じ上げておりませんが、とても興味を持っております(特に、最近の介護に関するものなど)。



まだ、映画はご覧になっていないとのことでしたが、ぜひ会場に足をお運びになり、劇中といま私たちがいる空気のギャップに戸惑ってみてください。



あらすじばかりの拙文でたいへん恐縮ですが、こちらからもTB送らせていただきます。



ほんとうにありがとうございました。
Unknown (candyman)
2005-11-03 15:46:35
貴重な情報ありがとうございます。

ますますこの映画を見たくなりました。

僕も鑑賞したらブログにでも書こうかな

なんて思っています。
ありがとうございます (rune)
2005-11-03 16:27:59
RYM Country Valleyのruneです。

私のBlogへTBとコメントありがとうございます。

新聞記事じっくり拝見させていただきました。

この登場した子供達は今あの土地でどうしているのでしょう。

あくまで現実に近いリアリティがあるだけに胸が痛みます。

圧倒されてどう表現したらよいか言葉さえみつからない状態でした。
TBありがとうございます。 (さぱつや)
2005-11-03 20:11:57
初めまして。

TBありがとうございました。

記事、読ませていただきました。

実際に目にすることは無いかもしれないですが・・・

「亀も空を飛ぶ」

とても、興味があります。



欺瞞と偽善に満ちた政治は本当にいやになりますが、それも結局は僕達が選んだ世界なのかもしれません。



少しでもよい明日が来ますように。

はじめまして (YOU)
2005-11-03 23:26:16
 TBありがとうございます。上野さんの紹介を読ませていただき、あらためて、ジンと来てしまいます。つれ合いといっしょに見たのですが、映画館を出て、30分ほどは口も聞けませんでした。

 火垂るの墓のエンディングで、イラク?パレスチナ?の子どもたちの写真が流されたとき、また映画を思い出してしまいました。
こんばんわ。 (なす)
2005-11-04 00:43:54
コメント&トラックバックありがとうございました。

僕は地元が名古屋なので、中日新聞の記事だということも、なんだかうれしくなりました。

記事の文を読みながら、そこまで深く感じ取れなかったことの理由を、しっかりと考えてみたいと、また思いました。

みどりさんが、この映画をご覧になったときには、また感想をぜひ教えてくださいね。
ぜひ見たい。 (みどり)
2005-11-04 07:23:31
★ナカムラユエさん

こちらこそTBしてくださってありがとう。

映画の説明、参考になりました。

上野さんの本、ぜひお読みになってください。わたしたちは上野本の読書会をして4年目。今年は『老いる準備 介護することされること』(学陽書房/2004)を読んでいます。



★candymanさん

わたしも見てないので、ぜったいどっかで探して見ます。見たい映画はだいたい見ていますので。

記事をアップしたらぜひTBしてくださいね。



★runeさん

コメント&相互TB、ありがとうございます。

とてもいい(考えさせられる)映画のようですね。記事を読ませていただいて、あなたの思いが伝わって来ました。



コメントありがとう。 (みどり)
2005-11-04 07:53:27
★さぱつやさん

記事を読んでくださってありがとう。この映画、ずっと気になっていたので、まだ見てないのに、上野さんの解説を見つけたので載せました。



>欺瞞と偽善に満ちた政治は本当にいやになりますが、それも結局は僕達が選んだ世界なのかもしれません。



自分たちで選んだのなら変えられると思っています。というより強く、変えたい、と。こんな世界をわたしは望んでいないから。



★YOUさん

映画を見た方にも読んでいただけてうれしいです。

(パレスチナやアフガンやイラクの)子どもたちが、その国に生まれたというだけで、どうしてこんな目に合わなければいけないのでしょう。

イラクは劣化ウラン弾の問題もありますよね。チェルノブイリの被災者の支援にかかわっていたことがあるので、気になります。

弱者へのあからさまな差別や暴力だけではなく、「静かな虐殺」がはじまっているような気がしてなりません。



★なすさん

コメントありがとう。

名古屋で11日までやってるので(日程はつまっているのですが)なんとか時間を作って見に行きたい、という思いが強くなりました。

見て来たら、きっと載せずにはいられない、と思います。







kame mo sorawo tobu (mcnj)
2005-11-04 11:24:36
midorisan, ohayougozaimasu.



ueno san no kaisetuwo yonde ,omowazu naite simaimasita.



iede chuunichi sinbun wo totte imasunode,



kaettara sagasitemimasu.



nagoya ha chikai desukara zehi mitaito omoimasu.
夕刊の記事 (さち)
2005-11-04 15:34:02
いつものように夕刊をぱっと広げたら、あ、上野さんだ!

で、今日は「映画の批評だ、面白そう」と

読み始めました。しだいに鉛のようなものが

五臓に溜まってゆき、読み終わった後しばらく口がきけませんでした。

「なんと言う現実!」

二日たっても少女と「弟」の表情が目の前にちらつきます。

映画を見る覚悟がまだできません。

映画 (るな)
2005-11-04 17:44:42
映画は大好きですが、

どうしても戦争映画は観ることができません。

火垂るの墓は、娘が幼いころ一緒に観ました。

今でもタイトルを見ただけで、涙がでます。あの時代の母親だったら胸が張り裂けて、私は生きていく自信がありません。



上野さんの紹介文を読んだだけで

わたしも泣きました。



この映画のことは、まったく知りませんでした。ご紹介ありがとうございました。











Unknown (みどり)
2005-11-04 19:56:06
★mcnjさん

もうすぐお帰りになるのですね。

映画を観たら、感想を聞かせてください。

外国にいると、井の中のかわずにならずに済むのでは、と思います。多様な人が生きられる社会がいいですね。



★さちさん

わたしもこの映画のことは知っていたのですが、観たいと思いながら決心がつきませんでした。でも、みに行こうと思います。

来週末に関西で講師依頼をうけてて、その次の週には原稿がありますけど・・・・。

こんばんは (あん)
2005-11-05 17:19:45
ガツンときました。Tb失礼します。遊びに来てね。
Unknown (Yoshi)
2005-11-05 19:54:38
みどりさん、はじめまして



Yoshiと申します。

てらまちさんのブログでお世話になっている者です。

(何か変な自己紹介ですが、軽~く流してください(笑))



11/3に投稿を見て、通り過ぎたのですが

気になっていて、戻って来ました。



>そして何より苦い思いは、この子どもたちを崖(がけ)から

>つきおとすことに荷担したのが、わたしたち日本>国民であるという事実だ。



ガツンと頭に落とされました。

こんなことの片棒を担いでしまったとは。

よい戦争なんてどこにでもないのですよね。



>わたしになにができるのだろう。

私に何ができるのだろう・・・

自分の子供には、しっかりと教えておこうと思います。

Unknown (みどり)
2005-11-06 07:22:41
★あんさん

TBありがとうございます。

わたしも見てきます。



★yoshiさん

こちらこそよろしく。

お名前はときどきお隣のコメントで拝見してます(笑)。

戻って、見に来て下さってありがとう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
亀も空を飛ぶ (パレード)
 岩波ホールに行くのは初めてだ。上映時間の数分前にJR水道橋駅を降り、雑踏を掻き分け進む。公称徒歩12分の道のりで息が切れる。  予告終了直後になんとか入場。暗がりで席を探す。どうやら空いているのは前方だけのようだ。  「亀も空を飛ぶ」。着席した直後、200
今、一番みたい映画です (cogito ergo sum)
前から色々なメディアで噂になっているからかもしれませんが、 \"亀も空を飛ぶ\"を是非とも見てみたいと思っています。 ところがバフマン・ゴバディという人、まったく知りません。 調べると、アッバス・キアロスタミの\"風が吹くまま\"や サミラ・マフマルバフの\"ブラック
亀も空を飛ぶ (RYM Counrty Valley)
岩波ホールで上映中の「亀も空を飛ぶ」がこちらの映画祭で上映されることになりました。岩波作品が500円で鑑賞できるとは嬉しいかぎりです。なんて不思議なタイトルかと思ったのですが、両腕がない少年ヘンゴウの泳ぐ姿、赤ちゃんを背負う少女アグリン、家財道具を背負っ.
亀も空を飛ぶ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 10月29日土曜日 鑑賞した劇場 : シネマスコーレ(12:40~)   信じられないほど疲れました。この疲れは長編のつまらない作品を観た時の疲れとは違います。呆然となり自分のおかれている状況が分からなくなりました。凄い作品を観てしまった…。.
亀も空を飛ぶ (家にいさせて)
やっと観ることができた。 思い立った日から随分と日が過ぎてしまったが。 先に観ていた夫からは「とにかく観てくればいいよ」とだけ。 彼がこの映画に対して、何も語らなかった意味がようやくわかる。 語らないのではなく、語ることができなかったのだ。 映画は、イラク北部
亀も空を飛ぶ(Turtles can fly) (SHOKO\'s Life in Japan)
ついに、この映画を見ることができた。 すべてイラクのクルディスタン地方で撮影された問題作「亀も空を飛ぶ」。 ニュース映像では知ることの出来ないイラクの悲痛な現状をこの映画が残酷なまでに映し出している。腕のない子、盲目の赤ん坊、片足のない子―ー出演した子ど
火垂るの墓 (うぞきあ の場)
放映から3日目に、とっといたHDDでいまごろ観る。 私が戦争物に弱いのは、 多分、幼少の頃から、戦時を生き抜いた多くの人から、 いろいろ体験を聞いていたからだと思う。 とか何とか言ってる私は、戦後22年後に生まれたわけだが、 今では、昔、日本がアメリカ(主
亀も空を飛ぶ・・ (あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ)
平和ぼけの頭にガツンと来ました。 荒廃した土地でがむしゃらに生きる子供達の姿に 戦争の悲劇と生きる喜びが浮かび上がってきます。 舞台は03年3月、アメリカによるイラク侵攻が間じかに迫った イラク北部クルディスタンの村。 戦争孤児で皆からサテライトと呼ばれる
「亀も空を飛ぶ」 (天にいたる波も一滴の露より成れリ)
あわただしい一日だった。 というよりも、私が欲張りなのだ。 根が貧乏性なので、いっぺんになんやかやと用事を済ませようとする。 せっかくわんこの散歩に行くのだから、郵便局に寄って帰りにあの家の花壇もみてこよう、とか、どうせ買い物に行かなければならないのだから
亀も空を飛ぶ:見慣れぬ故のわからなさ・やるせなさ (朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」)
★監督:バフマン・ゴバディ(2004年 イラン・イラク作品)京都シネマにて鑑賞。10ポイントたまったので無料で見ることができました。初めて見る中近東の映画です。でも客席が2割くらいしか埋まっていなくて寂しいというか悲しい。★あらすじ(livedoorム.
いま世界の片隅で「亀も空を飛ぶ」 (再出発日記)
「亀も空を飛ぶ」製作・監督・脚本バフコマン・ゴバディ2003年3月イラク・クルディスタン、トルコ国境の小さなクルド族の村の約一ヶ月の寸描。乾いた土地、凍った山、抜けるような青空、埃と雨の村、難民たちを抱えて村の人口は膨れていた。そこへ両親を殺されたクル...