みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

市民のために働く「無党派・市民派」候補者に投票してください!/無投票当選 なり手増やす改革急げ

2015-04-24 12:00:08 | 選挙関連
あさって4月26日投開票の市町議会議員選挙には、
市民派議員塾や選挙講座に参加された、
「む・しネット」(女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク))の仲間たちが、
立候補して、選挙にのぞんています。

候補者はそれぞれの自治体で、市民に政策やスタンスなどのメッセージをちょくせつ届ける演
説主体の市民型選挙を展開しています。

わたしは、候補者のwebサイトやフェイスブックに届く
選挙の様子を見ながら、少しでも当選の力になればと、せっせと拡散しています。

統一選は今回から、ネット選挙が解禁になったので、
わたしも、ブログで仲間たちへの投票を呼びかけます。

あさっての投票日には、ぜひ、
政党や組織と関係なく、
しがらみのない立場で、市民の利益のために働く
「無党派・市民派」候補者に投票してください!


お知り合いがいらっしゃったら、ぜひ拡散してください。

 
☆岐阜県山県市議補選・寺町さちえさん
 ○寺町さちえ - 山県がすきだから もっと暮らしやすいまちにしたい
  ○さちえの虹いろブログ
    山県市長選挙及び山県市議会議員補欠選挙 立候補届出者一覧
   山県市議会議員補欠選挙 選挙公報
    選挙公報(PDF:1.00 MB )

☆京都府宇治市議選・佐々木まゆみさん
 ○ブログ:佐々木まゆみのよりあいnet
   宇治市選挙公報(1)

☆愛知県長久手市議選・さとうゆみさん
 ○ブログ「長久手市議会議員さとうゆみブログ「きらめく未来づくり日記」
   長久手市議会議員一般選挙公報

☆北海道芽室町議選・まさむらきみこさん
  ○まさむらきみこのブログ「つぶやきをかたちに」
   芽室町議会議員選挙立候補者(届出順)

☆愛知県日進市議選・島村きよみさん
 ○ブログ「島村きよみの活動日記」
 ○島村きよみ|日進市議会議員
   日進市議会議員一般選挙の選挙公報(PDFファイル 1.5MB)
   日進市議会議員一般選挙立候補者一覧表(PDFファイル 135.3KB)

☆大阪府吹田市議選・いけぶち佐知子さん
 ○未来にまっすぐ(吹田市議会議員 いけぶち佐知子のブログ)
 ○しっかり市民派・ずっと無党派/吹田市議会議員いけぶち佐知子の公式サイト
   吹田市議会議員選挙 選挙公報(8ページ PDFファイル; 11816KB)
   吹田市議会議員選挙 候補者一覧(5ページ PDFファイル; 233KB)

☆福井県敦賀市議選:今大地はるみさん
 ○ブログ「はるみのちょっとTea-time」
   立候補届出状況(市議選)確定(PDF:173KB)
   選挙公報(市議選)1ページ(PDF:1,329KB)

☆長野県下諏訪町議選:青木とし子さん
   下諏訪町議会議員一般選挙公報(PDF : 2519キロバイト)
   下諏訪町議会議員一般選挙立候補者一覧表(PDF : 614キロバイト)

木津川市長には、くれはまゆみさんが立候補しています。

☆京都府木津川市長選:くれはまゆみさん
 ○ブログ「木津川市未来会議2」
 ○ようこそ くれはまゆみのHPへ
   ・木津川市長選挙公報 [498KB pdfファイル]
   ・木津川市長選挙立候補届出一覧 [99KB pdfファイル]
 


八重枝垂れ花桃

クラブアップル


応援クリック人気ブログランキングへ してね 
本文中の写真をクリックすると拡大します。

  社説:無投票当選 なり手増やす改革急げ
毎日新聞 2015年04月24日 

 もはや放置できぬレベルだ。地方選挙で候補者が定数を上回らず、無投票当選となるケースが目立っている。今回の統一地方選では、こうした傾向が一段と加速した。

住民の代表を投票で選ぶ機会が失われる事態が広がるようでは、自治の根幹に関わる。幅広い人材が参入できるよう、制度の見直しも含め手立てを講じるべきだ。

 投票すら実施されなくては「無風選挙」以前である。前半戦の41道府県議選で無投票当選が総定数の約2割を占めたのに続き、後半戦の政令市を除く市議選でも前回比2倍超の3.6%に達し、記録が残る1951年以降で過去最高を更新した。

 首長選挙も政令市を除く市長選で全体の約3割の27選挙が無投票だった。長崎、津市長選と県庁所在地の首長選が無投票に終わったのは、地方政治全般で新たな人材を引き入れる力が衰えているためだろう。

 人口減少が進む町村は「なり手」不足が一層、際立つ。町村議選は総定数の21.8%、町村長選は約4割の53選挙が無投票だった。群馬県上野村のように告示直前に村議の定数を減らして無投票を回避したケースもあるというのだから深刻だ。

 多くの人が出馬する機運を高めるためには、住民が行政に関心を持ち、首長や議会の活動が認知されることが大前提だ。同時に、幅広い人材の参画を可能にするための環境整備も大切である。

 たとえば候補者が供託金を納め、一定の得票がなければ没収される制度は町村議員を除く地方選挙にも適用される。政令市以外の市区長選挙で100万円、市区議選で30万円という水準は住民に身近な選挙への出馬を必要以上に妨げてはいないか。

 より幅広い人材に門戸を広げるような改革が必要だ。サラリーマンが出馬、当選した場合の休職や復帰の制度化などを経済界などの協力も得て推進すべきだ。

 地方議会の運営も決まった曜日の夕刻に本会議を開催するような工夫がいる。そうすれば議員活動が可能な人も増え、住民も議会を傍聴しやすくなる。とりわけ小規模町村では兼業での参画を前提とするような議会運営、形態の大胆な見直しも検討に値しよう。

 区割りにも課題がある。政令市以外の市区町村議選は選挙区がひとつの大選挙区制が原則で、人口が多い市の定数は数十人規模にふくらむ。有権者から候補者が見えにくいうえ、候補者は広域の選挙運動を強いられ、出馬しづらくなる。

 気になるのは、政党や国会議員がともすれば地方の選挙制度に無関心で、議論にも不熱心な傾向がみられることだ。選挙の空洞化を防ぐ努力を怠ってはならない。 


満開の菊桃






最後まで読んでくださってありがとう
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月23日(木)のつぶやき | トップ | 寺町さちえさんに投票してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。