みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

【抗議署名】つくばみらい市における平川和子さんの講演会直前中止に抗議し、改めて実施を求めます

2008-01-22 15:24:46 | ジェンダー/上野千鶴子
1月20日(日)につくばみらい市で開催予定の、
「ドメスティックバイオレンス(DV)」をテーマにした男女共同参画講演会が、
DV法に反対する少数の人々の暴力的な行動によって
中止に追い込まれた記事の、続報です。

速報!DV防止法の講演会が反対団体の抗議で中止に!/つくばみらい市
 
このような暴挙を見過ごすことはできないので、声をあげることにしました。

賛同していただける方は、以下の呼びかけ文をお読みになって、
賛同署名フォームから賛同署名をお願いします。
受付〆切:2008年1月28日(月)正午

Against GFB
 ジェンダー(フリー)バッシングに対抗し、ジェンダー平等な社会を実現するために!!

つくばみらい市における平川和子さんの講演会直前中止に抗議し、改めて実施を求めます  
2008年1月22日設置

 本年1月16日、茨城県つくばみらい市において、同月20日に開催が予定されていた男女共同参画講演会が突然中止されるという事件が起こりました。わたしたちは、この事態を深く憂慮し、以下の文書を作成いたしました。本日より、賛同署名を募り、つくばみらい市をお尋ねしてお渡ししたいと考えています。
 また、この講演会での講師を依頼されていた平川和子さんも、つくばみらい市宛に意見表明を送付されました。その文書も下につけますので、どうか、熟読いただき、ご賛同をお願いします(賛同署名フォームへは、下のリンクから入れます)。また、たくさんの方に、この活動についてお知らせくださるようお願いいたします。

 賛同署名フォームへ 

【抗議署名】
つくばみらい市における平川和子さんの講演会直前中止に抗議し、改めて実施を求めます
 
 
 1/20につくばみらい市主催で予定されていた平川和子さん(東京フェミニストセラピーセンター所長)の「ドメスティックバイオレンス(DV)」をテーマにした男女共同参画講演会(タイトル「自分さえガマンすればいいの?―DV被害実態の理解と支援の実際」)が、直前の1/16になって、市によって中止を決定されていたことが、毎日新聞ほか(注1)で報道されました。報道によれば、1/16にDV防止法に反対する民間団体が、市役所前で「数人が拡声器を使って抗議する騒ぎ」を起こしたため、市の担当者が「混乱を招く」(毎日新聞1/18)「市民に危険が及ぶ恐れがある」(産経新聞1/17)と中止を決定したものです。抗議した団体の代表(男性)は、「市長直訴の抗議により、中止が正式に決定された」、「少数が巨大な行政を圧倒・屈服させた」と発言されたと伝えられています(注2)

 講師予定者の平川さんが直ちに市長宛に送った抗議文によれば、市側の説明では「西村と名乗る男性と他に数名の女性が、役所内に拡声器を持って押しかけ、職員に対する誹謗中傷などを大声でまくしたて、講演会の中止を求めて詰めより、そのうえ講演会の当日には街宣活動を行うとの予告をしたため、講演会の参加者に危険が及ぶ恐れがあるとの判断のもと、やむなく中止した」とあります。平川さんはこれを「講演会主催者と私に対する暴力であり、参加市民に対する暴力」にほかならないと認識しており、私たちも彼女の認識に全面的に同意します。

  改正DV防止法(2007年制定本年1月11日施行)によれば主務大臣(内閣総理大臣、国家公安委員会、法務大臣及び厚生労働大臣)は都道府県又は市町村に対し、都道府県基本計画又は市町村基本計画の作成のために必要な助言その他の援助を行うように努めなければならない」(第2条の3、5項)とされています。改正前にすでに茨城県が策定したDV対策基本計画の関係文書によれば、「県民一人ひとりが「DVは許さない」といった認識を強く持っていただくことが、何よりも大切なことです。このため、県では、今後とも学校や家庭、地域、職場などにおいて、人権意識を高める教育や男女平等の理念に基づく教育を促進していきます」とあります。つくばみらい市が計画していた講演会は、まさに県が推進している「地域における人権意識を高める教育」そのものといえます。そのような事業が少数の暴力によって妨害されることを、見過ごすわけにはいきません。

  中止の報道に接してわたしたちは大きな衝撃を受け、あってはならないことが起きたとふかく憂慮しています。市の行事が少数の人々の暴力的な行動によってくつがえされたことそのものが問題であるだけでなく、DVという暴力に対する人権を守るための事業が、少数の人々の暴力によって実施不可能になるとすれば、DV被害者および支援者を暴力から守るべき責務を負う、自治体の姿勢に対する信頼もゆらがざるをえません。このような暴挙がまかりとおるなら、今後他の自治体においても、DV関連の事業がいちじるしい不安にさらされるだけでなく、講演や学習会等の啓発事業についても「混乱をおそれて」自主規制する自治体が続出しないともかぎりません。

 このような暴力に対して、市がとるべき態度は、きぜんとしてこれを退け、安全を確保したうえで、予定通り事業を実施すること以外にありません。市当局が、暴力に屈して出した今回の中止決定をすみやかに取り消し、あらためて日程を調整して、平川さんの講演会を実施することを、わたしたちは心から求めます。また平川さんおよび関係者の身辺の安全に配慮することをも要望いたします。

(注1)「DV防止法:反対団体の抗議で講演会中止 つくばみらい市」@毎日新聞(1/18) 
    「抗議受け市の講演会中止に DV被害支援めぐり」@MSN産経(1/17)
    「DV防止法講演会 団体抗議で中止に つくばみらい」@東京新聞茨城版(1/18)
(注2)

呼びかけ人(敬称略・50音順・08.01.21現在)
青山薫・赤石千衣子・麻鳥澄江・有村順子・石田邦子・市場恵子・伊田広行・伊藤公雄・稲邑恭子・井上輝子・上野千鶴子・小川真知子・戒能民江・木村涼子・熊田一雄・黒岩秩子・小島妙子・今大地はるみ・坂上香・早苗麻子・佐藤明子・さとうももよ・出納いずみ・鈴木隆文・鈴木ふみ・土橋博子・角田由紀子・寺町知正・寺町みどり・内藤和美・中原道子・中村彰・西野瑠美子・丹羽雅代・沼崎一郎・橋本育・長谷川京子・姫岡とし子・弘田しずえ・福沢恵子・フックス真理子・船橋邦子・細谷実・堀田哲一郎・皆川満寿美・三井富美代・米田佐代子


賛同署名フォームへ 
受付〆切:2008年1月28日(月)正午

12月の国立女性教育会館(ヌエック)の単独存続も、
全国の心ある市民の連帯で勝ち取ることができました。

この問題は、つくばみらい市だけでなく、
いつでもどこにでも起こりうることで、
全国の女性たちにとって他人事ではありません。

あなたから、お一人でも多くの方に今回の事件をお知らせいただき、
ぜひ賛同署名を呼びかけてください。


写真をクリックすると拡大。その右下のマークをクリックするとさらに拡大
最後まで読んでくださってありがとう
2008年も遊びに来てね 
 また明日ね
 


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4回『議員と市民の勉強会... | トップ | ドメスティックバイオレンス... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
DV法は家族破壊法 (支援の会)
2008-01-23 13:42:30
に対する抗議を受けます。 投稿者:DV防止(家族破壊)法犠牲家族支援の会 投稿日:2008/01/21(Mon) 21:22:27 No.56266 [返信]

会に対する抗議を受けます。
何でも書かせて下さい。
なにを言おうと、受け付けます。
実名を書ける人を歓迎します。
上野、平川さんも歓迎します。
                小菅

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
つくばみらい市 署名(続報) (くらげにっき)
署名運動を展開中。 againstGFBをご覧ください。
DVで殺されても「家族」像を壊しちゃいけないらしい (Gazing at the Celestial Blue)
(おことわり;このエントリは「みどりの一期一会」のここ数日のエントリを受けてあげています) つくば市の県立茎崎高校が、開催予定のド...
つくばみらい市事件で考える、「威嚇」と行政 (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2008.1.23.18:00ころ 【抗議署名】つくばみらい市における平川和子さ
暴力による暴力のための暴力を許してはいけない (なごなぐ雑記)
1月20日に予定されていた茨城県つくばみらい市におけるドメスティックバイオレンス
[社会]暴力批判論 (nagonaguの日記)
なごなぐ雑記に、次のエントリーをアップした。 暴力による暴力のための暴力を許してはいけない(2008.01.26 11:25) ドメスティックバイオレンスから当事者を救済(離婚という形で引き離すことは、加害者をも救済することにつながると私は思っている)すべく行なわれる...
[DV]べらぼうなトンデモ違憲立法の再改正DV防止法~1月11日スタート (人権・男女共同参画・性etc.)
2001年に出来て2004年に一度改正されたDV防止法が昨年再改正され、本年1月11日から施行された。再改正の際のパブリックコメントには小生も精魂込めて反対意見を多数の論点にわたって送ったが、再改正は阻止できなかった。 所詮、一般庶民が意見を出しても、それを受けて...
日本の社会はまだこんなものなのか (涼風庵徒然)
こんなことが起きてるのを知りました。 DV防止法:反対団体の抗議で講演会中止 つくばみらい市 http://mainichi.jp/select/today/news/20080118k0000e04008...
「足して二で割る」の愚 (エゾ狂人日記)
日本において一般の商業新聞は公正中立を旨とするところが多いせいか、鋭い政治的な対立を背景とした問題が起こった場合、会社としての是非の判断を放棄し双方の主張を紹介した上で、その判断は読者に丸投げすることが多々見られる。いや、朝日や毎日、東京などは左寄り...
暴力による講演会中止なんて (ミーナの気ままな日々)
最初にこのニュースを聞いたときに、非常にショックを受けました。講演会が、こんな暴力・脅しのために中止に追い込まれてしまうとは!!!こういうことが認められてしまうことは、将来の日本が、意見や声明を挙げることが非常に困難なことを意味します。署名するかしないか...
DV防止の講演中止 (たんぽぽのなみだ~運営日誌)
すでにあちこちで話題になっていますが、つくばみらい市で、 1月20日に予定されていた、東京フェミニスト セラピーセンター所長の平川和子氏による、DV問題の講演会 (「自分さえガマンすればいいの?―DV被害実態の理解と支援の実際」)が、 反対の圧力をかけられて、中...