みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

ヨツールか?ダッチウエストか?/アスカに薪ストーブを見に行きました。

2007-11-01 19:43:08 | 健康/くらし/薪ストーブetc
寒くなり、そろそろ薪ストーブが恋しくなりました。

12年間燃やし続けた「アンデス」は、中の天板が熱でゆがんで
 今年一冬もちそうもない・・・・
ということで、買い替えを前提に名古屋へ薪ストーブを見に行きました。

薪ストーブが静かなブーム(2007.2.9)

まずは岐阜地裁で住民訴訟を済ませました。
いつも法廷棟の入り口を入ろうとすると、よい香りがします。
みると、ヒイラギモクセイが咲いていました。


モクセイの仲間のなかでは、花が咲くのが一番遅く、
葉がヒイラギに似ているので「ヒイラギモクセイ」。

透き通るように真っ白な小花です。
  
香りは繊細で、香水のよう。

控訴理由への反論を昨日、名古屋高裁に提出。

名古屋城の前の大きな並木が、黄色く色づき始めていました。


  

  

名古屋駅近くの中村区にある暖炉ハウス アスカには、
たくさんの暖炉や薪ストーブが展示してあり、
見ているだけで楽しくなります。
ちょうど薪ストーブの入庫中でお忙しそうなので、
勝手にいろいろ見せてもらいました。

わが家の薪ストーブは、煙突の直径が20センチと最大なので、
それに合う大型の薪ストーブは限定されてきます。

20センチの煙突がそのまま合うということで、
赤のバーモントキャステイングスをすすめられたのですが、
とってもおしゃれだけど、黒を基調とする純日本家屋の居間には似合わないし、
ストーブの上が超高温になるとのことで、
いまの「アンデス」はさほど熱くならないので火事が心配。

バーモントキャステイングス(マジェステック社)


と言うことで、必然的に、18センチだけど調節できる、
ダッチウエスト(アメリカ)とヨツール(ノルウェー)の
どちらかで選ぶことに。

ダッチウエスト社 エンライト ラージ(FA249)

リーンバーンヒーター エンライト
 最新燃焼システムを採用、次世代ストーブ
リーンバーン燃焼
このストーブには、まったく新しい燃焼技術「リーンバーン燃焼」が採用されています。
リーンバーンとは、自動車などにも採用されている希薄燃焼のことで、
通常よりも少ない燃料で高い燃焼効率を得られるシステムです。
このリーンバーン燃焼によって、キャタリティックを使用することなく、
キャタリティック使用時と同様の燃焼効率とクリーンな排気を可能にしました。
また、薪の消費量もキャタリティック同様に少なく、
少ない薪で長時間燃焼をすることが可能です。
さらに、このストーブには自然対流システムも備えられており、
室内空気が自然な形でストーブに取り込まれ、ストーブ自身が発する輻射熱に加えて、
穏やかな暖かい対流空気をお部屋に送り出します。


ヨツールJotulF600 ブルーブラックエナメル

ヨツール F 600
ヨツール社の名前の由来には、2つの説があります。
ひとつは古いギリシャ語で「炎や火」を意味するもの。
そして、もうひとつは
”JOTULENE NORSK”という北欧神話の巨人からきています。
この”あたたかな巨人”にふさわしいヨツールの代表的な
製品が、品質、デザイン、安全性などのバランスがとれた
大型の Jotul F 600 です。世界の鋳物製薪ストーブの
クリーンバーン仕様として、最も大きなタイプに入ります。
この機種は、以前は”ファイヤーライト”の名前で
親しまれてきました。家族を危険な外敵から護るために赤々と
燃やし続けた大きな松明のように、どっしりとした存在感のある
風貌。現在の Jotul F 600 は正面の扉は両開き、右側面の扉から
薪を投入するスタイルで、大型の燃焼室からの熱を逃がさないように
ガラスは反射コーティングされています。
それは燃焼室内の温度を一定に保ち、
燃焼効率や暖房効率を上げるための力を発揮しています


はてさて、ヨツールか?ダッチウエストか?

結論は、一晩寝かせて考えてください、と言われました。


写真をクリックすると拡大。その右下のマークをクリックするとさらに拡大
最後まで読んでくださってありがとう
「一期一会」にクリックを 
 明日もまた見に来てね
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« めちゃ美味!深山石豆富/シ... | トップ | FLY WITH ME!飛行... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (樹香林)
2007-11-02 06:30:44
はじめまして。トラックバックありがとうございます。
薪ストーブは性能だけではなく、家具としてのデザイン、そして長く使うものですのでじっくり選びたいですね。
今後のレポートも楽しみにしています。
Unknown (クマゴロー)
2007-11-02 16:47:18
私の使っているヨツールに限らず、鋳物ストーヴにはすべてのパーツが別売りされているはずですが・・私はストーヴは一生もの、孫、子の代まで使うものと思っていて、すみません、貧乏性の古い考えで。
よいものを選びたい。 (みどり)
2007-11-03 00:31:01
樹香林さん
相互TB&コメント、ありがとうございます。
わが家は筑90年ほどの古い家で居間を30畳ほどに改築してからは、20数年、大型の薪ストーブのみなので、薪割りなど冬の準備がけっこう大変です。
わたしはぬくぬくとストーブの火の番・・・炎を見てるのが好きです。
家具としても雰囲気のよい飽きのこないもの+使い勝手のよい物を選びたいです。それに、環境に配慮したもの、ということも不可欠です。

Unknown (びびこ)
2007-11-05 13:35:04
トラックバックありがとうございます。

私も暖炉、検討中です。
環境と、薪の燃費を考え、ダッチウエストを
7年前に購入しましたが、
ダッチウエストは5年に一度はコンバスターの取替えが必要になります。
これが、25000円。
結構な出費ですよね~。

私も、今、買い替えを検討中なので、
是非詳しくレポしてくださると勉強になります♪

また教えてくださいね。
ヨツールのレポート (みどり)
2007-11-09 18:34:21
★びびこさん
身にきてくださって、ありがとうございます。

>私も暖炉、検討中です。
環境と、薪の燃費を考え、ダッチウエストを7年前に購入しましたが、
ダッチウエストは5年に一度はコンバスターの取替えが必要になります。
これが、25000円。

薪ストーブは、部品を交換したり、維持費はけっこうかかりますよね。
それに勝る楽しみもありますから、仕方ないかな。。

>私も、今、買い替えを検討中なので、
是非詳しくレポしてくださると勉強になります♪

ヨツールのレポートは、もう少しお待ちください。

Unknown (いなか)
2008-04-21 09:55:10
はじめまして、失礼します。
うちも今、薪ストーブの購入を検討しています。名古屋のアスカさんのことや薪ストーブの検索でこちらのブログにたどり着きました^^。勉強になります!
一つ教えていただきたいのですが、アスカさんではネットショップで購入するのと店頭に行って購入するのでは価格は違いますか??
アスカさんに色々と質問しているのですが、その答えだけ教えていただけなくて・・・
当方も岐阜県なのですが、名古屋までは3~4時間。
小さな子どもが3人(4ヶ月~5歳)までいますのでお店にはそう簡単にいけなくて(-_-;)不躾ではありますが、価格の違いがあるのか知りたいので、申し訳ありませんが教えてください!
どちらが安いのか、不明。 (みどり)
2008-04-24 23:54:15
いなかさん
わたしはネットで買い物をしたことがないので分かりません。
薪ストーブは、アスカさんに行って、扉をあけて炉の大きさを見たり、直接見て決めます。
数十万円の高い買い物ですし、いったん買うと買い替えの効かない実用品だし、見ないとネットでは分からないこともたくさんあります。
ヨツールF 600 は、事前の情報収集では候補に入っていなかったのですが、店頭で見て、ほれ込んで決めました。
店頭割り引き品もあるし、もちろん価格も交渉してきめます。
ネットと比較したことがないので、どちらが安いのかは不明。
アスカさんに気に入ったものがなければ、大阪に行くつもりでした。
そういう意味では、距離や家庭の事情ははあまり関係ないかな。
お返事にはなっていませんが・・・・。

薪ストーブ (baishi)
2011-01-17 01:56:26
はじめまして みどりさん

ヨツールに決まりましたか

我が家も今薪ストーブ検討中で
ヨツールにと思っていました
みなさんのレポート参考なります

あったまります。 (みどり)
2011-01-23 18:05:42
★baishiさん
ヨツールF 600 を入れて、4年目の冬になりますが、熱効率がよくて、あったまります。
順調に燃えてるときの、特徴的な「オーロラの炎」がきれいです。
大型クラスなので、薪割りがたいへんですが、それはつれあいの仕事で・・・(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
日曜日でしたが (樹のみ木のまま)
薪出荷作業と明日の薪配達準備、薪ストーブ見学で1日を過ごしました。 暖かく穏やか