夕暮菜日記

私的日記、教育、社会、音楽、等々について

ただの日記

2010年05月26日 04時33分15秒 | 日記
自分のブログを読んでいると、とてもそんな者が書いたとは思えないのだけど、
ここ数週間、私は鬱々だった。
なんとかこの鬱々を吹き飛ばそうと思い「時間のある火曜に単車に乗ろう」と思っていたのだけど、火曜になるたびに雨が降ったり、自分が晴れきらなかったりで、実行できずにいた。
で、昨日、やっと身体が動き、バイクに火を入れることができた。
東林間の自宅を出たのが08:30。
睡眠はもちろんとっていない。
とにかく海を見ようと思い、南下する。
方向音痴の私は、後で地図でおさらいしても、どこを通ったか分からないのだけど、江ノ島付近に着いた。
10:30頃。
前日の夜を最後に何も食べていなかった私は、食事をしたかった。
でも、ここまで来てデニーズはないだろ。
『生しらす丼』の幟を見て、バイクを止める。
店のオバちゃんは、「まだ船が着いてないから生シラスはないけど、それでよければ」と開店前の店に入れてくれた。
私はハマグリ定食を注文。
美味かった。
貝殻の汁も残らずすする。
1100円。

オバちゃんに「この後どうするの?」と聞かれる。
「ダラダラします」と答える。
「目的が無いんだ、羨ましい!」
その後、防風林のすき間にバイクを止め、砂浜に出た。
埼玉育ちの私には、海が珍しい。
素足になり、サーファーがほんの少しだけいる砂浜を散歩。
とりあえず、江ノ島の写真など撮ってみる。
冒頭の写真がそれ。
すると、砂に妙な穴を発見。
ゴカイか何かの巣穴か?

少し掘ってみたけど、何もいない。
でも、すぐにその正体はわかった。


海水が砂粒の間に浸入するとき、空気を追い出す。
空気は、最も通りやすい道に集って表面に出る。
そこが穴になるのだ。
最近、最小作用の原理からスネルの法則を中学数学で導けないものか、と考えていた私は、
「こんなところにも、最小作用の原理が!」などと考えてしまう。
なかなかダラダラできない。
波打ち際を往復している海藻のかたまりを、砂浜に引っ張り上てみる。

自分の足。

やっと少し飽きて来て、砂浜にひっくり返る。
2時間くらい、そうしていた。
少し眠ったかもしれない。
風が強くなってきたので、起き上がる。
頭が砂だらけだ。
砂浜に、風紋ができていた。

これは、波打ち際近く。
15mも陸側に移動すると、風紋の様子が変化する。

防風林直近にできている砂の斜面には、風紋がまったく見られない。
「数学はこの風紋を表現できるか?」などと想う。
再び空腹を感じたので、バイクのところまで戻る。
ハマヒルガオが咲いていた。(写真撮り忘れた!)
「よくもこんな浸透圧の高い所に咲く」
砂浜では、砂粒が痛いほど吹き付けていたのに、バイク付近は、風をほとんど感じない。
防風林の効果の高さに驚く。
バイクに再び火を入れ、食事のできる店を探すが、なかなか入ってみようという気になれない。
観光地は、なぜこうも女の子向けになるのだろう?
結局、朝、ハマグリ定食を食べた店に入る。
生シラス定食1300円を注文。

一緒にだされたポン酢で食べても良いが、何も付けずにそのまま口に入れた方が、口の中が「生シラス!!」になる。
今日二度目の来店だとは、店のオバちゃんには気づいてもらえなかった。
その後、相模川を超えたところからバイクで適当に北上。
「来る時、こんなに時間かかったかな?」と思っていると、なぜか淵野辺。
16号線を、南下して、自宅に到着。
15:30くらいだったかな。

バイクは、風にあたる。
走行中は、誰とも話せない。
開かれたまま、独りだ。
どのくらい鬱々から抜け出られたかは、わからないけど、サッパリはした。




【厳選】高級ハマグリじゅるるるっ~ととやると塩風味でとってもおいしいんです~本場 活ハマグリ(Mサイズ 約1kg入)
お酒
お酒

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄、アイヌ、台湾、 | トップ | それは誰のためか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL