夕暮菜日記

私的日記、教育、社会、音楽、等々について

死刑制度について、日本が非難された

2009年09月10日 23時12分17秒 | 社会
以下、アムネスティ・インターナショナルのHPより転載。

=======================================
精神障害を持つ死刑囚への死刑執行の停止を
日本政府が、精神障害を持つ死刑囚を処刑し続けることは、非人間的であり、終りにしなくてはならない。アムネスティ・インターナショナルは本日、日本において死刑判決を受けた精神障害者の処遇に関する新しい報告書を発表し、そのように述べた。
アムネスティは、新しい報告書「首に掛けられたロープ:日本における精神医療と死刑」の中で、日本において精神障害を持つ死刑囚に死刑が執行されていることは、日本が署名している、深刻な精神障害を持つ死刑囚を死刑から保護するよう義務づける国際基準に違反している、と強く批判した。
現在、日本では102人の死刑囚が、死刑が執行されるのかどうか、そして、いつ死刑が執行されるのか、その告知を待っている。法的手続きが終了した死刑囚は、死刑執行を待つ日々を強いられており、たった2、3時間前の事前通告で死刑が執行されうる刑罰に向き合っている。毎日毎日が彼らの最後の日になる可能性があり、そして、死刑執行令状を持った刑務官の到着が、数時間以内に行われる彼らの死刑執行を宣告することになる。何年も、時によっては何十年もこのような年月を生きる人びとがいるのである。
「長期間にわたって、受刑者を処刑の恐怖に日々さらされて生きる状況におくことは、残虐であり、非人道的かつ品位を傷つける行為である。日本において死刑囚に課される処遇は、彼らが死刑囚監房において、深刻な精神障害を発症する高い危険性にさらされていることを意味する」と、アムネスティの保健問題専門家で、この報告書の主執筆者であるジェームス・ウェルシュは述べた。
「死刑囚の処遇は、彼らが深刻な精神衛生上の問題を発症するのを防止するために、直ちに改善される必要がある」
日本の精神障害を抱える死刑囚の正確な人数は不明である。死刑制度と死刑囚の健康についての秘密主義と、独立した精神医療の専門家による調査の欠如が、死刑囚の精神状態を判定する方策として二次的な証言や記録に依拠するしかないという状況をもたらしている。日本政府は、死刑囚への面会を許可しない方針を取っており、アムネスティの死刑囚への面会要求を拒否している。
アムネスティは、死刑囚がお互いに会話をすることを許されておらず、厳格な隔離が強制されているとの情報を得た。死刑囚の家族や弁護士、その他の人びととの面会は、1回あたりたった5分程度に制限されている。トイレに行くことを除いて、死刑囚は、独房の中で動き回ることを許されておらず、座り続けていなければならない。死刑囚は、他の受刑者に比べて、新鮮な空気や光に触れる機会も少なく、彼らに課せられた厳格な規則に違反する可能性がある行為をしたという理由で、更なる処罰を受ける場合もある。
「こうした非人間的な環境は、死刑囚の不安と苦痛を増大させる。そして、多くの場合、死刑囚の精神的なバランスを失わせ、精神障害に追い込むことになる」とジェームス・ウェルシュは述べた。
アムネスティによる国際調査によれば、精神衛生上の問題に苦しんでいる人びとは、死刑に追い込まれる危険性が特に高いことが示されている。精神障害が、犯罪に関与してしまう一因となることもあり、効果的な法的弁護に関与する被告の能力を損ない、さらに、控訴を断念するという死刑囚の決断に重大な影響を与える可能性がある。
今回の報告書は、日本政府に対して、死刑廃止を念頭に置いて死刑の執行停止を行うよう求めている。また、日本政府に精神障害が関係しているかも知れないあらゆる事件を再調査し、精神障害を持つ死刑囚が死刑執行されないよう保証し、死刑囚の状況を改善するよう求めている。そうすれば、死刑囚が、精神衛生状態の悪化や深刻な精神障害の発症に苦しまずに済むのである。
アムネスティは、日本政府に対し、国際人権基準を遵守することによって、人権に対する確固たる責任を示すよう要求する。
アムネスティ発表国際ニュース
2009年9月10日
=======================================
アムネスティ・インターナショナル

この報告を報じるasahi.comの記事も転載しておく。

=======================================
「死刑が増加」と日本を非難 アムネスティが報告書
2009年9月10日22時54分
【ロンドン=土佐茂生】国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」は10日、「日本の死刑と精神医療」と題する報告書を発表し、日本はアジアで死刑執行数を増やしている2国のうちの一つ(もう1国はパキスタン)だと非難した。
具体例を挙げながら、公判時に責任能力の有無を問われた者や拘禁中に精神的な変調をきたした者、歩けなくなった高齢者らの死刑が執行されている点を問題視している。06年からの3年間で死刑執行された32人のうち17人が60歳以上で、77歳の執行は他に例がないという。こうした刑が執行された死刑囚の情報が十分に開示されていない点も批判。死刑囚の拘禁状態も劣悪で、事実上「社会に抹殺されている」とした。
その上で日本政府に対し、刑務所の状況を国際人権基準に合うよう改善する▽受刑者とその弁護士が、捜査、公判、上訴の期間において法医学的な検査を求める権利を与える、ことなどを勧告した。
アムネスティ・インターナショナル日本の寺中誠事務局長は「民主党政権は、死刑廃止に向けた議論を進めるよう期待する」と語った。
=======================================
asahi.com

次期連立政権には、『命を大切にする政治』と主張していた社民党が参加している。
日本を、死刑に関して少なくとも普通の国にするため、この政権を、大切に、批判的に育てていかなければならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第一次原告団の一人になった | トップ | コメントについて »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブーゲンビリア)
2009-09-11 10:14:10
おはようございます。

読ませていただきました。

国民新党の亀井さんも死刑廃止論者ですね。
たしか、元警察官僚だったかと・・・えん罪で死刑にしてしまったことでもあったんですかねえ~法務大臣でしたか??

日本はまだまだ野蛮な国ですね。恥ずかしいです。

わたしは水曜日、横浜地裁に傍聴に行って、初めて犯罪者を目の前で見ました。
海上自衛官で、別件では執行猶予、今問われているのは恐喝などですが、証拠を残さない巧妙な手口で部下の自衛官を自殺に追い込むので、死刑になることはなく、犯罪は繰り返されます。
どうやらサラ金、ヤミ金暴力団がらみ・・エアガンを艦内に持ち込み、正座させて50発打ったり・・

でも、海上自衛隊の中では、あたりまえなのだそうで、暴力も暴力とは思わず、ふつうだと・・なぐる、ける、恐喝、アダルトビデオを売りつける・・・書くのもイヤになりますが、それでも裁判に訴えられると、自分がしたことが外では犯罪なのだと言うことがわかってくるのか、声が小さく、裁判官に注意されていました。

長くなって失礼・・・


Unknown (哀哭芯)
2009-09-14 16:43:58
死刑になるようなことしなければいいのにね。

『命を大切にする政治』
まずは、死刑囚の命からですね。
コメントありがとうございます! (緑虫)
2009-09-15 12:18:32
ブーゲンビリアさん、毎度ありがとうございます。
私は、『人は変わることができる』と信じています。
司法制度を『人が変わるチャンスを提供する場』にしたいと思っています。
もちろん、実際に変わるかどうかは、本人の責任です。
でも、そのことをあきらめず、提供し続けたい、と思っております。

哀哭芯さん、
このコメントには、とても感謝できません。
このようなコメントが、よりによって哀哭芯さんから寄せられるとは、残念な限りです。
これについては、別エントリーを書こうと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
千葉景子・新法務大臣に期待。 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
  千葉景子・新法務大臣の法務大臣としての資質について、期待を込めてメモ。4つの報道記事を引用しておきます。微妙な視点の違いが各新聞...