緑川鷲羽 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

石原さとみの意外な“裏の顔”を関係者が暴露! 酔うとキワどい発言も…!?

2016年10月19日 15時55分43秒 | 日記


























石原さとみの意外な“裏の顔”を関係者が暴露! 酔うとキワどい発言も…!?




TOCANA
TOCANA


 10代女性の「なりたい顔ランキング」で1位に輝いたこともある女優の石原さとみ。女性だけでなく、男性からも「あの唇がたまらない」「一度でいいから抱いてみたい」と大人気だ。現在、日本テレビで放送中の主演ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール」では、活字メディアになくてはならない校閲部員役を熱演。初回放送では、そのぶっ飛んだ設定にマスコミ業界から「ありえない」という声しか上がっていないが、石原のプロモーションドラマと思って見ればその怒りも収まろう。

 一方で、テレビには映らない“裏の顔”もあるという。ドラマ関係者が明かす。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11213.html】

「実は彼女、芸能人仲間に対しては愛嬌があるのですが、ADや事務所スタッフなど自分より“下”と思っている人には素っ気ないんです。そりゃあ、どこかで力を抜かないとやっていられないとは思いますが、落差が激しすぎるんですよね」

 石原と言えば、創価高校出身の学会員タレントとして有名。学会内ではすでに“幹部待遇”のウワサもあるほどだそうだ。

「池田大作先生のお気に入りで、彼女もビジネスではなく、本気で信仰しているそうです。年に数回ある集会にも、学会仲間と顔を出しているとか」(事情通)。

 では、男関係はどうだろうか。過去、事務所マネジャーやイケメン俳優・佐藤健と浮名を流してきたが……。

「佐藤さんとは舞台『ロミオ&ジュリエット』の共演を機に、役柄同様の関係になったそうです。私生活も役柄に“引っ張られてしまう”のは彼女の特徴。同舞台の打ち上げでは、ひと目もはばからず、会場の片隅でイチャイチャしだして、その様子が一部週刊誌で報じられてしまいました」(スポーツ紙記者)

 のちに佐藤は、ある先輩俳優との食事会で石原について聞かれ、ひと言「今までで1番良かった」とだけ答えていたという。女性誌記者も「最初にウワサになった男性マネジャーとは、自宅でツイスターゲームに興じていたそうです。エロすぎますよね(笑)」と話す。

 そして酒グセは、お世辞にも良いとは言えない。仕事で海外に出かけた際、ついつい気が緩んでしまったのか、スタッフとの打ち上げであっと言う間に酔っ払ってしまったという。前出スポーツ紙記者が明かす。


© TOCANA 提供
「実は彼女、酔うと下ネタもバンバン言うキャラに変貌するんです。かなりキワどい発言も飛び交っていたそうです」

 これらの発言を聞いた男性は「この女、それなりに経験してるな」と直感したという。女優にとって男性遍歴はいわば“芸の肥やし”。大竹しのぶ然り、高畑淳子然り、大物になればなるほどケタ違いの武勇伝と気難しさを持っているものだ。石原が名実共にトップ女優になる日は近い――。

※画像は、「地味にスゴイ!校閲ガール/日本テレビ」より引用
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小室 KEIKO倒れ「涙をた... | トップ | 「真田丸」岡本健一 三谷が託... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む