緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

痛い自民党ネガティウ゛キャンペーンマニフェスト

2009年08月04日 08時26分59秒 | 日記
一方で「民主党のマニフェストには財源の裏付けがない」とネガティブキャンペーンを口にしながら一方で天下りを規制しないのではおかしい。自民党若手などはテレビ番組ではかっこいいことをいう。が、口先だけです。また日本経済的危機は企業が高齢化していることです。日本のベンチャー支援金は僅か5000億円…米国は2兆6000億円です。ベンチャー企業にしても日本の場合はだいたいが本社の「関連子会社」に過ぎません。不況だからこそチャンスです。好景気のときは大企業しか消費者は見ません。が、不況のときはベンチャー企業を見るものなんです。第二のソニーや第二のパナソニックが出てほしいですね。 世襲規制にしても減反見直しも紐付き予算も政治家役人の削減も厚労省二分割もなにもかも「先送り」です。天下りでは年に12兆円も無駄に遣われています。民主党は消費税を四年間上げないって言う。が、自民党は20兆円も削減出来るのか?と言う。私はできると思う。例えば天下りで12兆円削減できる。また民主党のマニ
フェストの「子ども手当て」などの財源は補正予算(ムダ使い9兆円埋蔵金5兆円税金見直し2兆円)だそうです。自民党は無駄遣いはない。20兆円どころか10兆円もない。という。が、それは官僚の「主張」を代弁しているだけである。政治家や役人も特殊法人も無駄遣いは大きく、例えば117億円で「国営漫画喫茶」や「不必要道路工事」など無駄遣いは多いです。コストパフォーマンスが重要でしょうか。世界経済はまだ回復とはいかない。回復は二番底を打ってW字回復するでしょうね。100兆円も使ったらそれは少しはよくなるけど二番底を覚悟してください。自民党の「無駄使い撲滅プロジェクトチーム(PT)」は本当に機能していたのでしょうか?なら117億円も使って「国営マンガ喫茶」などできる筈がない。
またこの少子高齢化社会で社会福祉制度が限界なのは誰しも知るところです。消費税増税して社会福祉制度資金運用するしかありません。
が、その前に徹底的に無駄使い撲滅してからです。
どこでもいい国は徹底して歳出削減して「無駄使い撲滅」してそれから増税した国です。
まだまだ公益法人や官僚役人政治家や紐付き予算や公共事業など「無駄使い」が多過ぎます。現在日本では100万円払うと35万円は無駄使いに遣われてしまいます。浪費を規制しないでは「無駄使い撲滅プロジェクトチーム」どころではありません。先進国で日本ほど浪費している国もありません。
日本には「レガシィコスト(負の遺産)」が多過ぎます。自民党若手はテレビ番組ではかっこいいことをいう。けど有言不実行です。また自民党は「旗(選挙の顔)」だけ換えても「中身」が同じでは意味がありません。だいたい世襲など先進国ではまずありません。ブッシュ親子と後は二百年前のアダム親子だけです。
テレビ番組ではかっこいいことをいう。が、有言不実行では意味がありません。まずは「無駄使い撲滅プロジェクトチーム」はかっこいいことをいう前に「行動」で示してほしい。期待している。また同一労働同一賃金は聞こえがいいが、社会主義ではありません。 頑張ったひとが多くのペイを貰うのが当たり前です。例えば私はプログラマでした。それが工場単純労働しかしてこなかったひとがプログラムなんか急に作れる訳ありません。
正社員は年功序列で年次給料をもらっています。非正社員は3分2です。派遣社員はやはり将来的に問題があります。正社員になれなかった非正規社員は280万人ですよ。派遣社員と正規社員の所得格差は倍です。
だけど同一労働同一賃金は馬鹿です。社会主義国ではありません。頑張ったひとがペイしないで社会は活性化しません。格差も貧困もあります。正社員だけが儲ける社会か社会主義のような企業か?製造業は派遣で食べています。
中国には製造業は勝てませんよ。だが、すべて平等でない社会主義でないシステムが必要ですね。「成長戦略」が必要ですね。
まあ「アメリカンドリーム」のような「ジャパンドリーム」が必要です。小室哲哉やホリエモンのような醜悪さは駄目です。が、所詮は金です。金儲けがうまくいけば幸せになります。かなり詰めた「成長戦略」が必要ですね。
また自民党のマニフェストが明らかになりました。
*幼児教育費用の3年間無償化
*奨学金制度の改革(返還しないでいい)
*70歳以上はつらつプラン
*年金来年で解決
*集団的自衛権見直し
*2017年までに道州制導入
*衆議院議員一割削減、10年後は国会議員三割削減
*消費税は考慮する
*10年後までに家庭所得を100万円増やす
などかなり曖昧ですね。どっちが財源の裏付けが分からないのでしょうか?またどっちがばらまきなのですか?どっちもどっちです。まあ、自民党はネガティブキャンペーンするだけやるけど民主党とどっちもどっちです。どっちもばらまきなのです。まあ、有権者はよく考えてください。誰に投票するとどうなるのか。政権が交代するとはどういうことなのか。「投票をした責任は最後まで」です。
麻生内閣の支持率は32・3%、民主党の支持率は38%です。流れは民主党に追い風が吹いています。どちらか一方を応援するかはわからないです。但し、選挙には行ってください。マニフェストをよく読みましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイケル・ジャクソン遺髪ヲ... | トップ | 裁判員制度ウィッキペディア... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事