緑には、東京しかない

千葉県の東京寄りに住んでいる私「緑」が大好きな東京の散策写真のブログを作ります!!!

5月の東京駅:新丸の内ビルディング7階展望台と東京駅 PART1

2016年06月14日 06時01分00秒 | 東京駅周辺


新丸の内ビルビィングの商業施設棟の7階展望台にやってきました。展望台内はテラス構造となっていて、丸の内駅前広場や周辺を見渡すことが可能となっています。




7階の展望テラスから南側を見下ろして撮影しました。新丸の内ビルディングの敷地南側には「行幸通り」が通っているのですが、行幸通りを見下ろすことは不可能でした。




行幸通りを挟んで、新丸の内ビルディングの敷地南側に建っている「丸の内ビルディング」の低層階部分を撮影しました。1999年に取り壊された旧丸ビルを模したデザインとなっています。




7階テラスから整備工事中の丸の内駅前広場と、丸の内駅舎周辺を見渡していきます。駅前広場の敷地南側の「交通広場(南部)」の全景を見渡して撮影しました。




丸の内駅前広場の敷地南側に建っている「JPタワー」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。低層階には商業施設「キッテ」や東京中央郵便局が入居しています。




JPタワーの高層オフィスビルの全景です。地上38階・地下4階建て、高さ200メートルの規模となっていて、三菱東京UFJ銀行のオフィスなどが高層階に入居しています。




丸の内駅前広場内の完成角に建っている、JR東京地下駅の地上換気棟の再整備工事現場を撮影しました。換気塔は工事用フェンスとシートに囲まれている状態です。




「交通広場(南部)」内で既に供用されているタクシープール部分をズームで撮影しました。2015年冬季中に先行共用されることになっていましたが、実際にそうなっていました。




丸の内駅舎の南口ドーム一帯を撮影しました。背後には、JR東京駅の八重洲南口一帯の高層オフィスビル群が林立しています。




八重洲南口に建っている「グラントウキョウサウスタワー」の高層オフィスビルです。三井不動産所有の高層ビルであり、丸の内側に多い三菱地所の高層オフィスビルとは随分雰囲気が違いますね。




7階テラス内ですが、人通りは全くありませんでした。




展望テラスから東側方向を向いて撮影しました。丸の内駅舎の背後には、八重洲北口一帯の高層オフィスビル群が広がっているのが見えます。




丸の内駅前広場の中央部に整備されることになる「都市の広場(仮称)」を撮影してみましたが、東側の半分くらいしか撮影することはできませんでした。




丸の内中央口と、皇室専用貴賓出入り口をズームで撮影しました。




八重洲口側に整備されている歩行者用デッキ「グランルーフ」のテフロン屋根も小さく写っているのが見えました。

この記事をはてなブックマークに追加

5月の東京駅:大名小路を通り抜けて行幸通り東端部へ

2016年06月14日 06時00分00秒 | 東京駅周辺


丸の内ビルでいんぐの敷地北側を通っている「行幸通り」の南側歩道を撮影しました。この歩道を西側へ向かうと、皇居前広場へ出ることができます。




東京駅丸の内駅前広場と皇居前広場を東西方向に結んでいる「行幸通り」の全景を撮影しました。平日の午後の時間帯だったので、人通りはほとんどありませんでした。




東京駅中央口交差点前から振り返って、丸の内駅前広場の敷地南側に建っている「JPタワー」の高層オフィスビルを撮影しました。すっかり、東京駅周辺のシンボル的存在となっています。




行幸通りの東端部から、丸の内駅前広場と丸の内駅舎を撮影しました。




東京駅中央口交差点のそばにも、4月18日からは有楽町方面からは右折できなくなるとの看板が設置されていました。




地上から駅前広場の整備工事現場内を眺めてみたいとしても、工事用フェンスが展開しているので不可能ですね。




行幸通りの東端部から、丸の内駅前広場の南側一帯を撮影しました。正面には、JPタワーの高層オフィスビルの低層階部分の白レンガ棟が写っています。




東京駅丸の内駅前広場の敷地西側を、南北方向に通っている「大名小路」の道路ですが、近年になって車の交通量が増えてきたと感じます。




丸の内駅前広場の敷地北側の「交通広場(北部)」の整備工事現場の全景を撮影しました。




丸の内駅前広場の敷地北側に建っている、丸の内オアゾの敷地内の「日本生命丸の内ビル」の全景を撮影しました。日本生命保険の東京本社機能が建物内に入っています。




東京駅中央口交差点の横断歩道を渡り、新丸の内ビルディングの敷地前にやってきました。新丸の内ビルディングの敷地前にも、新たな工事用プレハブ小屋が設置されていました。




新丸の内ビルでいんぐの正面玄関前から丸の内駅舎と丸の内駅前広場を撮影しました。




丸の内駅舎をズームで撮影しました。




北西側から東京駅中央口交差点の全景を撮影しました。




新丸の内ビルディングの敷地前からJPタワーの高層オフィスビルの全景を撮影しました。

この記事をはてなブックマークに追加

5月の東京駅:丸の内ビルディング7階展望台と駅前広場 PART2

2016年06月13日 06時01分00秒 | 東京駅周辺


丸の内駅前広場の中央部に整備されることになる、約6500平方メートルの広さの「都市の広場(仮称)」の整備工事現場を撮影しました。アスファルトが全て撤去されて、地面がむき出し状態となっています。




丸の内駅前広場の敷地北側の「交通広場(北部)」をズームで撮影しました。現在も整備工事が行われています。




丸の内駅舎と、線路群を挟んだ八重洲北口一帯に林立している高層オフィスビル群を撮影しました。




丸の内中央口と皇室専用貴賓出入り口をズームで撮影しました。ここからだと、丸の内中央口のそばで一体どんな工事が行われているのかよくわかります。




八重洲北口前に建っている「グラントウキョウノースタワー」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




展望デッキのすぐ目の前で行われている地上換気塔の解体工事現場をズームで撮影しました。




展望デッキを後にして、地上に戻ってきました。丸の内ビルディングの敷地前からJPタワーの高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。




丸の内ビルディングの敷地前からJPタワーの高層オフィスビルを見上げて撮影しました。




大名小路の歩道から、工事用フェンスに覆われている地上換気棟を撮影しました。この地上換気塔の高さが低くなれば、丸の内駅舎を見渡しやすくなりますね。




大名小路の歩道を北側へ向かって散策していきます。




しばらく北側へ向かって進むと、行幸通りの東端部に位置している「東京駅中央口交差点」前にやってきました。正面には新丸の内ビルディングの低層階部分が写っています。




東京駅中央口交差点前から、丸の内駅前広場の敷地北側に建っている丸の内オアゾ内の「日本生命丸の内ビル」の高層オフィスビルを見上げて撮影しました。




大名小路から行幸通りが分岐している東京駅中央口交差点の全景を撮影しました。ここからも丸の内駅前広場の全景を見渡すことができます。




東京駅中央口交差点前から丸の内駅舎を撮影しました。背後には、八重洲南口前のグラントウキョウノースタワーの高層オフィスビルがそびえ立っています。




丸の内中央口をズームで撮影しました。

この記事をはてなブックマークに追加

5月の東京駅:丸の内ビルディング5階展望台と駅前広場 PART1

2016年06月13日 06時00分00秒 | 東京駅周辺


丸の内駅前広場の南西角に建っている「丸の内ビルディング」の建物内にやってきました。低層階の5階フロアに設置されている展望デッキへ向かいます。




5階の展望デッキにやってきました。展望デッキからは、整備工事中の丸の内駅前広場や丸の内駅舎などを見渡すことができます。




丸の内駅前広場の敷地南側に建っている「JPタワー」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。商業施設「キッテ」や東京中央郵便局などが入っています。




東京中央郵便局の正面玄関の付近をズームで撮影しました。




丸の内駅前広場の敷地南側を通っている道路を撮影しました。




以前は、この道路部分は都営バスや東急バスの路線バス乗り場として活用されていました。2年ほど前から一般道路として使用されています。




丸の内駅前広場の南側部分に整備されることになる約6300平方メートルの広さの「交通広場(南部)」の全景を撮影しました。現在も整備工事が続けられています。




丸の内駅前広場の敷地内の南西角に建っているJR東京地下駅の地上換気塔です。換気塔の高さを低くする工事が行われているのでしょうか。




地上換気塔越しに、丸の内駅舎の南口ドームや南ウイング部建屋を撮影しました。JPタワーの高層ビルが作りだす影の中に入ってしまっていました。




南ウイング部建屋をズームで撮影しました。都営バスや東急バスの路線バス乗り場は、2年ほど前から南ウイング建屋の敷地前の歩道に移転しています。




丸の内南改札口などが入っている南ドームをズームで撮影しました。




5階展望デッキから、整備工事が続けられている丸の内駅前広場を見渡して撮影しました。駅前広場が全体的に完成するのは、2017年春の時期と言うことになっています。




「交通広場(南側)」の一角のタクシー乗り場ですが、2015年冬季の時点で先行的に開業しています。丸の内北口前のタクシー乗り場が現在は閉鎖されていて、全てこの南口のタクシー乗り場に集中しています。




真新しいタクシーロータリーをズームで撮影しました。タクシーロータリーの周辺は全て、工事用フェンスで囲まれている状態です。




丸の内南口前に設置してある地上換気棟です。2年ほど前に地上換気塔の再構築工事が行われていて、以前よりも高さの低いタイプの換気塔に置き換えられています。

この記事をはてなブックマークに追加

5月の東京駅:丸の内南口とJPタワー(商業施設キッテ) PART2

2016年06月12日 06時01分00秒 | 東京駅周辺


丸の内駅前広場の敷地南側を通っている道路を散策して丸の内ビルディング方向へ向かいます。正面には丸の内ビルディングの低層階部分が写っています。




丸の内駅前広場の南西角に建っているJR東京地下駅の地上換気棟ですが、工事用フェンスとシートに囲まれていて、何か工事が行われていました。




歩道から振り返って、JPタワーの高層オフィスビルを見上げて撮影しました。地上38階・地下4階建て、高さ200メートルと東京駅周辺では最も高い建物となっています。




丸の内駅前広場の南西角に位置している交差点前にやってきました。この交差点には名前がついていません。




交差点から南北方向には「大名小路」の大通りが通っています。有楽町地区と神田地区を南北方向に通っている道路で、丸の内駅前広場の脇を通過していきます。




交差点の南東角に建っているのは「三菱ビルディング」が建っています。三菱化学、三菱ガス化学、三菱樹脂の三菱系化学メーカー5社などが入っています。




丸の内ビルディングの敷地南側を通っている道路を撮影しました。この道路を西側へ向かうと、皇居前広場の緑地帯へ出ることができます。




色鮮やかな新緑の並木道となっていて、沿道には高級ブランドの店舗などが並んでいます。丸の内地区の再生の起爆剤としても期待されています。




丸の内駅前広場の敷地西側を南北方向に通っている「大名小路」の道路の全景を撮影しました。




三菱ビルディングの敷地前から丸の内駅舎方向を撮影しました。丸の内駅前広場の敷地南側を通っているこの道路も、最近は車の交通量が多くなってきました。




丸の内駅前広場の南西角の地上換気棟ですが、これが無くなってくれると、丸の内駅舎や駅前広場を見渡すことができるようになりますね。




JR東日本の公式ホームページ内を読んでみても、この地上換気塔が一体どうなるのかよくわかりません。駅前広場の完成予想図内では、この換気塔が書いてあったり無くなっていたりします。




私個人的には、あるよりは無い方がいいので、出来れば綺麗に撤去してほしいですね。




丸の内ビルディングの敷地前から、丸の内駅前広場の敷地南側を通っている道路の全景を撮影しました。奥には丸の内駅舎の南ウイング部建屋が建っているのが見えます。




東京駅南口交差点と、南ウイング部建屋付近をズームで撮影しました。




大名小路の歩道には「4月18日以降右折できません」との案内板が設置してありました。

この記事をはてなブックマークに追加