雨の日 晴れの日

ささやかな日常を 気ままに更新しています。

梅雨の夜の怪(解決編)

2017-07-14 17:19:07 | 日記
なんだかんだで(←思いっきり端折っている)また夜になって掛けた電話は思う相手には繋がらず 私はすっかり電話恐怖症とでもいった状況に。
ちゃんと繋がらない電話は 視野に入るのさえおぞましい。
ついにNTTにSOS発信。
故障担当のかたが来てくださり いろいろと確認。
「ぼくの携帯にかけても『現在使われておりません』になるので これはやはり電話機が原因でしょう」ということで今後どうするか?という話しに。
とにもかくにも このままにしておいては発信不可能。
着信ともかく どこに掛かるか分からない電話なんて・・・(笑)。

何十年も使った電話機。
もう お疲れさま お役御免 でもよかろう。
新しく電話機をつけるとして 今のままでは接続できない。
市販のものを簡単につけられるようにしてもらう。
「もしもまた他へかかったら また連絡します」と何度も念を押す。

電器屋に走り 掛け受け だけの単純なものを購入。
「接続すればすぐに使えます」の箱書き通り あっという間に作業終了。
なんだか拍子抜け。
こんどこそ本当に大丈夫か?
半ば捨てきれない疑念を抱きつつ実家へダイヤル(道具は変わったが中身はアナログ回線)。
「はい もしもし…」少し間延びした声は間違いなく家人のもの。
「あぁ~ちゃんと掛かった~」。
日頃それほど使うわけじゃないが やはり あるものが使えないというのは精神的にも不自由なものである。

かくして4日がかりで梅雨の夜の怪は解決。
もうあんな恐ろしい思いは二度としたくない 梅雨明け間近の7月半ばであった。
(一件落着で完全に脱力)

空は夏の青。
風が涼しくなってきた日暮れ前。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨の夜の怪 | トップ | 海の日 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む