絵本ひとりぼっち

手作り絵本歴38年・ひとりぼっちのひとりごと

七夕

2011-07-07 21:07:43 | イベント
mixiで知り合ったRさん・・・
3月11日の東日本大震災の後、素早く行動なさいました。

私たちが、何をすればよいのかわからないまま、アチコチの団体に少しずつ寄付金を送ったりするくらいで、もどかしい思いをしていたとき、被災地に直接出向かれて、必要なものを調べ、mixiでそれらの品物の提供を呼びかけられました。

タオル、マスク、歯ブラシ、靴下、シーツ、・・・家にある新品のものをまとめてお送りして、届けていただけて、実際にすぐに行動できる方のありがたさを痛感しました。 そして、末永く続けていかれるという計画性・実行力に頭が下がります。

Rさんはお仕事で花火を扱ってもおられますが、先月、すばらしい企画を教えていただきました。

 

★★★希望の光プロジェクト★★★(以下、コピペ)

七夕の夜は日本中みんな一緒に線香花火を楽しみましょう!
七夕の夜ぐらい線香花火で楽しんでもいいじゃないか!!
被災地で一斉に、そして全国で一斉に線香花火大会だ~!!
花火には鎮魂の意味合いもあります。
みんな繋がってる! 被災者の方も、被災者じゃない方も、
皆で復興に願いを込めて、そしてこの災害を忘れないためにも
七夕の夜はみんなで一斉に線香花火しましょう!!
http://kibounohikari.jimdo.com/
★★★ (以上) ★★★

被災地に送るための花火購入と、七夕に全国各地で線香花火をするための線香花火購入、どちらも少しずつ協力させていただき、七夕の日の午前中に届けていただきました。
 
私が発注したのは、昔からある線香花火。 
あいにくの雨でしたが、玄関の前で風を避けながら、一人で始めました。

着火すると軸のほうからも煙が出て、持っている手が火薬臭くなります。 火の玉を落とさないように、最後までかわいらしい火花が飛び散る様子を見ていると、幼い頃に戻ったような気持ちになります。

沖縄から北海道まで、5万人くらいの人が参加したそうで、線香花火の天の川が繋がった・・・。 気が遠くなりそうな復興までの日を想って、いつまでも忘れることなく支援を続けていこうという、みんなの祈りが天に通じますように。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« げんきです! | トップ | 7月の帰省 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祈り続けます。 (マギー)
2011-07-10 07:27:26
線香花火、風情があって好きです。
七夕の日、願いを込めて一人で線香花火をされる、みどりさん、素敵です!

震災の日に生まれた孫娘、もうすぐ4ヶ月になります。

支援の気持ち、忘れないでいようと思います。

マギーさん (Mido)
2011-07-11 21:36:55
お孫ちゃんのお誕生日、絶対忘れられませんね。 末永く、なんらかの形でお手伝いを続けていきたいと思います。

線香花火は、日本らしい特別な花火って気がしますね。
日本の線香花火 (ヒラノ)
2011-07-12 04:10:54
そうですね、日本は豪華な花火大会で世界でもトップクラスだと思いますが、「らしい」花火といえば、やはり線香花火・・・
小さくつつましく、でも意外と強く輝いて、粘り強く続く花火・・・終わりにポトンと落ちるあの火の雫も、とても可愛らしい。
線香花火で心をこめてつなぐ日本列島、すばらしい企画ですね。
ヒラノさん (Mido)
2011-07-12 20:23:46
ほんとにすばらしい企画でした。
8月にもイベントがあるそうなので、また募金してこようと思っています。

ボブさん撮影のアメリカン花火、拝見しましたよ! スマイル花火、かわいかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。